山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

SKI journal 2013年7月号


『スキージャーナル』 は整地での競技滑走技術に重点を置いているスキー誌というイメージが強く、BCメインでしかもテレマーカーの自分はあまり読む機会がないのですが、この号はスキーオフトレの一環としてボルダリングをやろうみたいな面白そうな記事を載せていたので購入してみました。


               *       *       *


(Amazon)


               *       *       *


「クライミングでうまくなる!」 は今号単発の記事ではなく新連載で、その第1回目がこの2013年7月号に掲載されたわけです。

とはいえ第1回目の今回は、実際にクライミングをやっている人が読んでも得られるものは少ない (あるいは全くない) 記事です。 7ページのうち5ページを使って、クライミングとは何かとか靴の選び方みたいな未経験者向けの説明をしています。 つまり、クライミング経験者を想定してない記事になっています。

残りの2ページでクライミングとスキーの共通点、なぜオフトレに成り得るかを説明しています。 ここでは理由として、1.体幹が鍛えられる、2.重心移動の感覚強化、3.目線とコース攻略の意識が高まる、の3点を挙げていますが、正直、それくらいならクライミングである必然性はあまりない気はします。
今回の連載で講師を務めるデモンストレーターのご両人も、普段はオフトレとしてではなくクライミングを普通に楽しんでいるはずですが、スキー誌としての 「縛り」 故に、なんとかスキーとクライミングとの接点を見つけようと腐心されている感じが伝わってきます。

ただ、クライミングである必要がかならずしもないというだけで、クライミングであっても当然構いませんし、特に2の 「重心移動」 は重要な接点かもしれません。 今回は書かれていませんが、そこには、足裏を一面としてではなくいくつかの領域に分けて意識することや、体軸と斜面(壁)と鉛直方向へかかる重力の関係を考える必要のあることも含まれると思いますし、だとすれば、それはクライミングとスキーの持つ顕著な共通性であり、オフトレとして紹介する意味も出てくるかもしれません。
第1回目なので簡単な触りでしたが、これから掘り下げられていくとしたら楽しみな連載です。


また自分の経験上、何か新しいことを始めるのはこういうひょんなことが多い気がするので、これをキッカケにオフトレのつもりでクライミングを始めるスキー屋さんとか出てくるとすれば、これは記事としてはとても有意義な気がします。




『SKI journal 2013年7月号』

定価 880円
発行 2013年6月10日 発売
出版社 スキージャーナル
URL http://www.skijournal.co.jp/search/detail.php?ID=2902






関連記事
スポンサーサイト
月刊スキージャーナルではオフシーズンの号で時々オフトレ方法を紹介していて、インラインスケートも頻繁に登場。最新の8月号でも、インラインスケートでのトレーニング方法を載せています。

スキーのオフトレとしてインラインは定着してきたと言われる。
実際、自分スノーピもオフトレ目的でインラインスケートを始めたし、オフトレとして効果があるのは間違いないと思う。
具体的に、インラインスケートで加重・抜重を繰り返したり、体軸のポジション、足裏の使い方、それと個人的には足幅の確認も出来るから、オフトレとして効果があると考えています。テレマークスキーでもアルペンでも、滑走はその基本動作の上で行うから、ここではスタイルは関係ないですね。

オフトレと言ってもあまりダウンヒルを意識しないで、距離を滑った方がいい、それがインラインを続けてきて思ったことです。スキーと同じで滑った距離の分だけ上手くなります。インラインの特性が分かってくるし。
河川敷などのロングコースをひたすらインラインスケートで走って、ポジションを確認したり、アウトエッジからインエッジへの切り替えを意識したり、片足でいろいろやってみり。
そのあとでオフトレの記事で紹介されているようなポジション取りなどを練習してみると、効果がまるで違ってくると思います、それはもう実感できる程に。

ただ、定番と言われている程には、実際にやっている人を見かけない……気がする。。
実際にスノーピも数十人の人たちと交流があるし、自分たちの活動をインターネット上で紹介しているグループも少なからず知っています。インラインスケートの活動をしている人はそれなりにいると思われる。
だけど、スキー人口と比べるとあまりに少なすぎます。専門誌だってないし。

もうちょっとインラインスケートって普及してもいい気がしますね。

SKI JOURNAL (スキー ジャーナル) 2009年 08月号 [雑誌]
関連記事
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。