山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 2012年8月号


特集は「ひとり山歩き 大人の山岳部」。 単独での縦走やハイクに関する記事です。 山岳ガイド笹倉孝昭さんは山行前にやっておく作業として、地形図の準備や概念図作成、ルートのアップダウン表作成を挙げる。 山岳部や山岳会に入っている人ならお馴染みの作業で、初心者の頃には山行前に必ずやらされたと思うし、この辺はパーティ山行だろうと単独行だろうとやることは同じだ。 ただ、他に頼る者のない単独行では特にこのへんを徹底して、改めてPlan・Do・Checkを見直そうという戒めなのだと思う。
この特集では何人かの単独行時の装備紹介もしている。 独自の工夫や身近な道具の意外な使い方なども紹介されたりして、参考になることが多い内容です。 あと、単独行だとやはり食事は地味目になりがちな傾向だとか。

第2特集は、「私の好きな山の花」。 4人の方が山の花について思いを語る。 ちなみに、自分が北アルプスでパトロールの仕事などやってる時に、登山者から受けた質問で一番多かったのが小屋までかかる時間、次点が花の名前を教えてくれというものでした(見えている山の名前を聞かれることより多かった)。

連載「山道具を試す」は、クライミングヘルメットの紹介です。 2012年は一般ルートを縦走する登山者もヘルメット装着する人が増えた、と筆者は言う。 その要因として、1、ヘルメット装着の呼びかけが功を奏した、2、ヘルメットの軽量化しデザインも良くなった、ことを挙げている。 記事にはない私見ですが、東日本大震災の影響でヘルメットを購入して、せっかくだから山に持って行こうということになった人も結構いるのでは、と思います。 いずれにせよ、一般ルートでもヘルメットを携行する人が増えたのは良い傾向な気がします。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2012年8月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2012年7月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★☆☆☆
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2012年8月号


特集は「日本の名急登100」。 谷川岳西黒尾根、烏帽子岳ブナ立尾根、そして甲斐駒黒戸尾根といった「急登」と呼ばれるコースの特集。 丁寧なコース紹介は良いのですが、山渓編集部の(悪い)癖が出ていて、「名急登ランキング」や「いま、急登を登る意義とは」というテーマの対談を載せて、焦点のはっきりしない記事となってしまっている (急登をランキング付けしたり、急登を登る意義や定義を考える必要なんてないのでは?と思うのですが・・・)。 とはいえ、対談は岩崎元郎さんと重廣恒夫さんという偉大なお二方によるもので、議題はともかく、おっしゃることは興味深い内容になっています。

連載記事「ギアトレック」、今回のお題は「夏山テント泊に選んだ軽量ダウン寝袋」です。 3シーズン用というよりも夏山専用の、軽量のダウンシュラフ5製品をピックアップして比較・検証している。 3000メートル峰では晩夏から秋口でも使用はちょっと厳しそうだが、そのぶん重さも500~750gに抑えれれていて「シュラフカバーだけでは寒いけど1000gのダウンシュラフでは暑くて寝苦しい」という非常に限定された環境下で使う寝袋選びに役立ちそうな記事です。 今回のベストバイとして、ウェスタンマウンテニアリングの「Summer Light」を挙げている。
この連載「ギアトレック」は検証が丁寧ですし公平で、信頼できる記事だと思います。 話題になりにくい小物や隙間的な装備を取り上げてくれるのも嬉しい。 ただ、今回に関して言えば、さすがにニッチすぎる気がする。 山を続ければ寝袋は数種類買うことになるけれど、夏専用というのは(買うにしても)一番最後に買うもので、持っていなくても何の不都合もないものだろう。 価格も、2万5千円から9万円といい値段する。
でも逆に言えば、あまり比較検証記事に取り上げられることもなく口コミ情報なども少ない装備なので、購入を考えてる人には、この記事は貴重な情報となるはずです。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2012年8月号

定価 1,000円 (952円+税)
発行 2012年7月14日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★☆☆☆
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
スポンサーサイト

『岳人』 2011年8月号


第1特集は「盛夏 水辺の道へ」。あくまで水辺の道ということだが、沢歩きや滝登りも含まれていて、沢登り入門(?)と捉えても良さそうな特集。沢登りの装備、基礎的な技術などを紹介していて、またルート紹介では遡行図ではなく滝などを強調表示した地形図を載せている。

猪熊隆之氏の連載「だれにでもわかる高層天気図入門」。20回目の今回は、高層天気図で読む台風の進路というもの。折しもあれ、大型の台風6号が日本列島に近付いている。一週間ほど前からかなり正確に進路と暴風域などを予測していて、気象予報の技術はすごいなーと思ったりもしたけど、いずれにせよ地上天気図だけでは到底この予測は出来ない。
スーパーコンピュータを使う専門機関と同じレベルとは言わないまでも、高層天気図を活用すれば、発生した台風の進む方角を把握でき、行動計画の変更や調整ができる。
今まで台風の予測についていろいろな本で見てきたけど、今回の講座がシンプルだし的確で、一番分かりやすい気がしました。

尚、次号岳人の発売は15日ではなく8月12日(金)予定とのこと。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2011年8月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年7月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★☆☆☆
(山の絵が好きな人は、今回の「描かれた山と自然」は必読です!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2011年8月号


特集は「悦楽! テント泊山行大計画」。今月号の付録のDVDと連動した企画です。実際にテント泊装備でルートを歩き、レポートやコースタイムを載せるいつものパターン。
DVDの内容は、メインがテントの張り方やペグの打ち方・撤収方法を紹介したもの。未経験者向けらしいが、キャンプを一度でもやったことある人なら分かるようなことに、くどくど40分も費やしている(滑りまくりの漫才みたいで面白くはある)。あとは、自社が出しているDVDの宣伝と、モンベルのブーツの広告動画が入っている。ただ、高橋庄太郎氏のテント泊術だけは面白かったです(でも、収録時間5分しかない・・・残念)。
本誌にはテントの製品カタログも載っています。

先月から始まった山道具を紹介する「ギアトレック」、その第2回目のギアは30~35L程度の「清涼」ザック。ザック本来の機能(重量や背負いやすさなど)に加えて、ベンチレーションの性能も調査の対象にしている。
容量や機能を限定して、目的を明確にしたことで調査方法も具体的になり、結果として記事として完成度の高い物となっている。実際に背負って歩き、項目をチェックしている分、自分で店で手にとってみてるより参考になる。これは良い連載です。

山渓も次号は8月12日発売予定。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2011年8月号

定価 1,100円 (1,048円+税)
発行 2011年7月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★☆☆☆☆
(全体的につまらない号です、これで1100円は高すぎる。)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事

『岳人』 2011年7月号


第1特集は「2011テント縦走」。ルート紹介とテントのカタログなど、この季節の定番特集。ルートも人気のあるメジャーな一般ルートを歩いて紹介している。沢登り特集と合わせて、いよいよ夏山シーズンの到来を感じさせる記事だ。

第2特集は「食べるを楽しむ夏めし」。いくらあっても困らない、山で作れる食事のレシピ紹介です。実際はパーティ構成や好き嫌いによって、レシピ通りに作れないケースも多いと思います。こういうレシピ紹介はそのまま作るより、山料理の「ヒラメキ」に役立つと思う。いずれにせよ重宝します。あ、紹介されていたゼリー作りはぜひやってみたいです!

毎回、切り口の面白い[マウンテニアリング・セミナー]。今月号の「新説・独創的登山術」では、ヒッチハイクについて記載。自分も単独や二人パーティの時、何度かヒッチハイクをやったことがあります。また、親切にも車の方から止まってくれて乗せて下さったり。この記事は「技術指南」というほどではありませんが、何か参考になるかもしれないですし、なにより面白い記事なのでぜひ一読を。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2011年7月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年6月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★★☆☆
(特集にはイマイチ感がありますが、全体的に読み応えたっぷり!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2011年7月号


特集は「ひと味ちがうね!日本アルプス」。メジャーではない(と編集部が銘打った)北ア、南ア、中アの一般ルート紹介をしている特集。実際は、祖母谷から白馬など人気ルートじゃん、みたいなルートが紹介されてますが。
とは言え、確かに普段はあまり通らない「気になるルート」を集めています。この夏に狙ってる方や、まだどこへ行くか決まってない方はぜひ読んでみて下さい。

山道具を紹介する「ギアトレック」の連載が今月号から開始(「21世紀山道具」の看板を変えただけ!?)。今回のギアは軽量ストーブ。使用する燃料の量やお湯が沸くまでの時間など具体的な数字も出していて、これは参考になります。期待の連載です!
期待の連載と言えば、先月号から始まった全4回の「登山で活かす ウィルダネス・ファーストエイド」の第2回目も掲載。今回は「判定」について。

今月号には特別付録「山と溪谷特製レスキューシート」がついています。一度広げると同じ大きさには畳めなくなってしまう、アルミのあの薄いシートです。100均で買えるのと同じ、だと思う。というわけで、今月号の山渓は定価が100円増し。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2011年7月号

定価 1,100円 (1,048円+税)
発行 2011年6月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★☆☆
(レスキューシートいらないから、100円安くして欲しいかも。連載が充実!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。