山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ROCK & SNOW No.61

- ロックアンドスノー 2013秋号 -

ロクスノ2013年秋号(通巻第61号)が9月に発売されました。






この号には、2013年度のクライミングシューズのニューモデル試履レポートが掲載されています。
各社からリリースされたシューズ計20種類を、足の入れやすさ、ヒールフック、スメアリングなどの8項目についてそれぞれ、3名のテスターが採点しています。 志向やスタイルは人それぞれで、評価も採点者の主観に依存することになるのはやむを得ないところですが、今回も、採点だけではなく特徴などを丁寧詳細にコメントされているので、シューズ選びの際、参考の1つにできそうです。 我々一般の人間が20足のシューズを試履する機会なんてまずないと思うので、こういう記事はなるべく活用したいです。
ちなみに、今回のテスター3名のうち2人が 「イチオシ」 に選んだのは、スカルパのインスティンクVSでした。 今すごく売れてるシューズです。

シリーズ連載も読みどころが多いです。
千葉啓史さんの 「クライミングのためのPhysical Training」 は、筋肉の腱反射や伸張反射についての話で、クライミングとか抜きでも興味深い話です。 中根穂高さんの 「クライミング道場」 では、意外(?)と盲点のムーブ・マントリングについての話です。

山野井泰史さんと野田賢さんによる、ペルーのプスカントゥルパ東峰の南東壁ルート開拓の記録も読み応えのある記事です。


次号の発売日は、
2013年12月6日(金)



『ROCK & SNOW 2013秋号 No.61』

定価 1,400円 (1,333円+税)
発行 2013年9月5日 発売
出版社 山と渓谷社
URL http://www.yamakei.co.jp/products/2813906224.html






関連記事
スポンサーサイト

ROCK & SNOW No.56

- ロックアンドスノー 2012夏号 -

ロクスノ2012年夏号(通巻第56号)が6月6日に発売されました。






特集は「ベスト・クラックエリア inJapan」、北海道から九州まで全国のクラッククライミングのエリア34箇所を紹介、さらに小川山や瑞牆エリアをクローズアップしてルートを紹介している。 クラック好きな人というのはそればかりやるので余程面白いのだと思いますが、正直、自分は亀裂に挟み込んだ手が痛いという印象しかなかったりします・・・。 ともあれ、参考にできそうな実用的な特集です。

シリーズ連載・クライミング道場、今回のテーマは「パンプに強くなろう」です。 パンプしにくくなる肉体を作ろうというかなり魅力的なテーマで、5つの方法を紹介しています (1. 脱水、2. 筋膜を柔らかく、3. サプリメント、4. 加圧、そして 5. 腕冷法)。 それぞれの特徴や長所を記述すると同時に、時間や費用、思わぬ副作用などの問題があることも指摘する。 そうそううまい話があるわけないのですが、そんな中で記事を書いてる中根穂高さんイチオシなのが、5番目の「腕冷法」という方法です。
「腕冷法」は、腕を冷水とお湯に交互に浸けていくだけの簡単な方法だと中根さんは紹介する。 4,5分冷水に浸けたら今度はお湯に4,5分浸けるという具合に、これを4,5回交互に繰り返す (出来れば毎日)・・・それだけです。 用意するものも両腕を同時に肘まで浸けられるぐらいの大きさの器が2つだけ、これは100円ショップでも手に入ります。 これだけで腕がパンプしづらくなるのなら、すぐにでも試してみる価値はありそうです (自分は早速始めてみました、10日目ぐらいなので効果はまだわかりませんが、効いてる感じはします!)。

あと、今号は恒例の「クライミングシューズ2012」も掲載されています。 今シーズンのモデルの中から16のシューズを選び、それぞれに3人のレビュアーが感想、評価を述べて項目ごとに点数をつけています。



次号の発売日は、
2012年9月6日(木)



『ROCK & SNOW 2012春号 No.56』

定価 1,400円 (1,333円+税)
発行 2012年6月6日 発売
出版社 山と渓谷社
URL http://www.yamakei.co.jp/products/2812906219.html






関連記事

ROCK & SNOW No.55

- ロックアンドスノー 2012春号 -

ロクスノ2012年春号、通巻第55号が3月6日に発刊されました。






特集は「クライマーズインタビュー」、国内外のフリークライマーや本チャンのクライマー、計12人へのインタビュー記事。
今回取り上げられているクライマーに興味を持っている人はもちろん、クライマー個人には興味がないという人も、インタビュー内で語れるトップクライマーの目標設定やモチベーションの維持、メンタルの管理の方法などに着眼して読むだけでも様々なことを学びとれる内容です。

また、よく知るクライマーの意外な素顔も見られて面白い。 例えば、アレックス・オノルド。 彼は、自分を確保しないフリーソロというスタイルで難易度の高い壁に挑むので、どうしても無謀な人間と見られてしまうし、恐怖の感覚が麻痺していると多くの人に思われている (現に、以前日本のテレビで紹介された時は、その果敢的な側面が強調されていた)。 だが、彼はインタビューの中で 「僕は誰よりも危険なことが嫌いだ」 と大真面目に答えている。 さらに岩のコンディションや天候をみて判断し、絶対に無理のあるクライミングはしない冷静さを併せ持つことが伺える。
とにかく、いろいろな読み方のできる記事です。


特別企画は「女性用クライミングシューズテスト」。 9種類の女性用シューズのレビューが掲載されています。 クライミングシューズはあまり男女の区別なく履かれることが多いので、体重の軽い男性は女性用のが合っていたり、足の形の特徴によっては男性用シューズの方が合う女性もいると思う。 つまり女性用に設計されたシューズとは言っても、あくまで統計的な特徴の問題なので、男女用問わずそれぞれ個人に合ったものを選べばいいと思います。 選択肢が多いのは良いことだと思います。



次号の発売日は、
2012年6月6日(水)



『ROCK & SNOW 2012春号 No.55』

定価 1,400円 (1,333円+税)
発行 2012年3月6日 発売
出版社 山と渓谷社
URL http://www.yamakei.co.jp/products/detail.php?id=906218






関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。