山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
冬のオリンピックは、個人的に、テレビ中継されるスポーツイベントの中で一番好きなものです。


オリンピック種目では、自分がテレマーカーなのでノルディック系、特にクロスカントリーが好きですが、アルペンのダウンヒルやスラロームも好きです。

テレマークもアルペンも、前傾姿勢や面の返し、角付けなど理論的・技術的には共通した部分が多く、テレマークスキーのテクニカルドリルにもアルペンは取り入れられています。逆に、アルペンスキーヤーも回しこむ技術習得を目的に、テレマークをやるそうです。


今、コブ滑走にハマってるからモーグルも見たいし、あと新種目のスキークロスも楽しみです。
インラインスケート滑走の参考のため、スピードスケートもビシバシ見たい。

冬のオリンピックは、本当にいろいろ見所が多いですね!



日程がよくわからない方は、Yahoo!などご覧になってください (自分もわからない)。
では期間中、夜更かしなどにお気をつけて!!

バンクーバーオリンピック日程など
http://vancouver.yahoo.co.jp/




テレマークスキーのクラシックレースなどは、オリンピックの正式種目に加えると面白いと思います。見ていて楽しいです。
クラシックレースは、ダウンヒル、ジャンプ、登行などを1つのコースでスキー板の履き替えなしに行う、テレマークのオールラウンドっぷりを存分に発揮した、本当の意味での複合競技です。







関連記事
スポンサーサイト
テレマークでモーグルのコースでエアまで決められたらカッコいいけど、コブ(bump)もまともに滑れない……。
ということで今シーズンの目標は、テレマークでコブをサクサク滑れるようになることです。

でも、テレマークでコブを滑るのは、なんというか足が忙しすぎる。そして難しい。


とりあえず、上手い人たちの滑りを観てイメージをするのは大切なので、YouTubeで見つけたテレマークでコブを滑っている動画を紹介してみます。

追記(2011.2.7)
また2010年11月に発売されたソウルスライド201の付録DVDには、フジケンさんがテレマークでバンプを滑る映像が収録されています。迫力あります!
→ 『SOUL SLIDE 第6号 - ソウルスライド 2011 -』感想・レビュー




コブを滑る練習してる風景を撮影した動画。
切り替え時に伸び上がっているので、見ていて滑りをイメージさせてくれる動画です。






これまた、きれいでなめらかにコブを滑っています。
ベンディング・ターンで切り替えています。
このイメージだよね!






ちょっと番外編。
どこかの国のちょっと面白いおじさんがコブを滑っています。






最後は、まほろば倶楽部を主催されている石木田さんの映像。
この方の滑りは、なんというか美しい。
最初はクロカンで、途中でテレに履き替えて、コブも滑っています。
コブ以外にもショートターンのカービング映像などもあり、観る価値は十分にある動画です。







こういうのを観てしまうと、週末が待ち遠しくなりますね!!


関連記事
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。