山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 2012年8月号


特集は「ひとり山歩き 大人の山岳部」。 単独での縦走やハイクに関する記事です。 山岳ガイド笹倉孝昭さんは山行前にやっておく作業として、地形図の準備や概念図作成、ルートのアップダウン表作成を挙げる。 山岳部や山岳会に入っている人ならお馴染みの作業で、初心者の頃には山行前に必ずやらされたと思うし、この辺はパーティ山行だろうと単独行だろうとやることは同じだ。 ただ、他に頼る者のない単独行では特にこのへんを徹底して、改めてPlan・Do・Checkを見直そうという戒めなのだと思う。
この特集では何人かの単独行時の装備紹介もしている。 独自の工夫や身近な道具の意外な使い方なども紹介されたりして、参考になることが多い内容です。 あと、単独行だとやはり食事は地味目になりがちな傾向だとか。

第2特集は、「私の好きな山の花」。 4人の方が山の花について思いを語る。 ちなみに、自分が北アルプスでパトロールの仕事などやってる時に、登山者から受けた質問で一番多かったのが小屋までかかる時間、次点が花の名前を教えてくれというものでした(見えている山の名前を聞かれることより多かった)。

連載「山道具を試す」は、クライミングヘルメットの紹介です。 2012年は一般ルートを縦走する登山者もヘルメット装着する人が増えた、と筆者は言う。 その要因として、1、ヘルメット装着の呼びかけが功を奏した、2、ヘルメットの軽量化しデザインも良くなった、ことを挙げている。 記事にはない私見ですが、東日本大震災の影響でヘルメットを購入して、せっかくだから山に持って行こうということになった人も結構いるのでは、と思います。 いずれにせよ、一般ルートでもヘルメットを携行する人が増えたのは良い傾向な気がします。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2012年8月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2012年7月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★☆☆☆
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2012年8月号


特集は「日本の名急登100」。 谷川岳西黒尾根、烏帽子岳ブナ立尾根、そして甲斐駒黒戸尾根といった「急登」と呼ばれるコースの特集。 丁寧なコース紹介は良いのですが、山渓編集部の(悪い)癖が出ていて、「名急登ランキング」や「いま、急登を登る意義とは」というテーマの対談を載せて、焦点のはっきりしない記事となってしまっている (急登をランキング付けしたり、急登を登る意義や定義を考える必要なんてないのでは?と思うのですが・・・)。 とはいえ、対談は岩崎元郎さんと重廣恒夫さんという偉大なお二方によるもので、議題はともかく、おっしゃることは興味深い内容になっています。

連載記事「ギアトレック」、今回のお題は「夏山テント泊に選んだ軽量ダウン寝袋」です。 3シーズン用というよりも夏山専用の、軽量のダウンシュラフ5製品をピックアップして比較・検証している。 3000メートル峰では晩夏から秋口でも使用はちょっと厳しそうだが、そのぶん重さも500~750gに抑えれれていて「シュラフカバーだけでは寒いけど1000gのダウンシュラフでは暑くて寝苦しい」という非常に限定された環境下で使う寝袋選びに役立ちそうな記事です。 今回のベストバイとして、ウェスタンマウンテニアリングの「Summer Light」を挙げている。
この連載「ギアトレック」は検証が丁寧ですし公平で、信頼できる記事だと思います。 話題になりにくい小物や隙間的な装備を取り上げてくれるのも嬉しい。 ただ、今回に関して言えば、さすがにニッチすぎる気がする。 山を続ければ寝袋は数種類買うことになるけれど、夏専用というのは(買うにしても)一番最後に買うもので、持っていなくても何の不都合もないものだろう。 価格も、2万5千円から9万円といい値段する。
でも逆に言えば、あまり比較検証記事に取り上げられることもなく口コミ情報なども少ない装備なので、購入を考えてる人には、この記事は貴重な情報となるはずです。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2012年8月号

定価 1,000円 (952円+税)
発行 2012年7月14日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★☆☆☆
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
スポンサーサイト
『岳人』12月号
2009年11月14日発売 定価800円

岳人12月号と言えば、毎年恒例の山スキー特集。乗鞍、十勝連峰、白山、妙高、白馬乗鞍エリアから、それぞれ数ルートが紹介されている。そのほか、そんなにメジャーではない、いわゆる裏山的なコースも紹介している。
東京に住んでると、裏山スキーって憧れますよね……。とにかく、山スキー特集は参考になるし、読んでも楽しい。この特集のためだけに買う人も少なくない、というのも納得。

今月号は「気象講座」、「備忘録」、「MOUNTAINEERING SEMINARのロープの結び方」、3つのコーナー・連載が最終回。勉強になるコーナーで、いろいろ学ばせていただきました。執筆・編集していた方々、お疲れさまでした。






『山と渓谷』12月号
2009年11月14日発売 定価1000円

特集は、雪山リスクマネジメント。冬山入門という内容だ。ルートの取り方や冬山ならではのリスクを紹介している。とくに低体温症・凍傷の兆候に関する記事は初心者でなくとも読んでおきたい。
しかし、当然ながら、これを読んで行けそうな気持ちになっても、未経験者は安易に冬山に入らない方がいいと思う。本当に冬山を始めるのであれば、どこかの山岳会の雪上訓練に参加したほうが近道です。アイゼン歩行や滑落停止などは、本で読むより実地で手ほどきを受けたほうが早いし確実。

21世紀山道具の連載は毎回面白い。6回目の今回はスリーピング・ギア。シュラフやマットについて動向や技術を紹介している。興味があったら、読んでみてください。

今月号は付録で、小さめの壁かけカレンダーがつく。フォトコンテストで入賞した公募作品の写真を載せている。これのせいで今月は定価1000円? ちょっと高すぎ。



関連記事
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。