山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

SKI journal 2013年7月号


『スキージャーナル』 は整地での競技滑走技術に重点を置いているスキー誌というイメージが強く、BCメインでしかもテレマーカーの自分はあまり読む機会がないのですが、この号はスキーオフトレの一環としてボルダリングをやろうみたいな面白そうな記事を載せていたので購入してみました。


               *       *       *


(Amazon)


               *       *       *


「クライミングでうまくなる!」 は今号単発の記事ではなく新連載で、その第1回目がこの2013年7月号に掲載されたわけです。

とはいえ第1回目の今回は、実際にクライミングをやっている人が読んでも得られるものは少ない (あるいは全くない) 記事です。 7ページのうち5ページを使って、クライミングとは何かとか靴の選び方みたいな未経験者向けの説明をしています。 つまり、クライミング経験者を想定してない記事になっています。

残りの2ページでクライミングとスキーの共通点、なぜオフトレに成り得るかを説明しています。 ここでは理由として、1.体幹が鍛えられる、2.重心移動の感覚強化、3.目線とコース攻略の意識が高まる、の3点を挙げていますが、正直、それくらいならクライミングである必然性はあまりない気はします。
今回の連載で講師を務めるデモンストレーターのご両人も、普段はオフトレとしてではなくクライミングを普通に楽しんでいるはずですが、スキー誌としての 「縛り」 故に、なんとかスキーとクライミングとの接点を見つけようと腐心されている感じが伝わってきます。

ただ、クライミングである必要がかならずしもないというだけで、クライミングであっても当然構いませんし、特に2の 「重心移動」 は重要な接点かもしれません。 今回は書かれていませんが、そこには、足裏を一面としてではなくいくつかの領域に分けて意識することや、体軸と斜面(壁)と鉛直方向へかかる重力の関係を考える必要のあることも含まれると思いますし、だとすれば、それはクライミングとスキーの持つ顕著な共通性であり、オフトレとして紹介する意味も出てくるかもしれません。
第1回目なので簡単な触りでしたが、これから掘り下げられていくとしたら楽しみな連載です。


また自分の経験上、何か新しいことを始めるのはこういうひょんなことが多い気がするので、これをキッカケにオフトレのつもりでクライミングを始めるスキー屋さんとか出てくるとすれば、これは記事としてはとても有意義な気がします。




『SKI journal 2013年7月号』

定価 880円
発行 2013年6月10日 発売
出版社 スキージャーナル
URL http://www.skijournal.co.jp/search/detail.php?ID=2902






関連記事
スポンサーサイト

ROCK & SNOW No.58

- ロックアンドスノー 2012冬号 -

ロクスノ2012年冬号(通巻第58号)が12月6日に発売されました。






第1特集は「日本のボルダー 名課題」。北海道から九州までのエリアから、地元クライマーに推薦してもらったという165の課題を掲載。

第2特集は「山岳滑降の現在形2012」、自分的にはこの号の本命記事です。2人のビッグマウンテン・ライダー、ザビエル・デ・ラ・ル(Xavier De Le Rue - ボード、フランス)とアンドレアス・フランソン(Andreas Fransson - アルペンスキー、スウェーデン)のエクストリームへ挑戦する姿勢やモチベーション維持方法、コンディションの整え方などを紹介している。特にフランソンの記事は、2011年のデナリ南壁を初滑走した時の様子を克明に紹介していて興味深い。
その他にも日本のトップライダーたちがボード、アルペンスキー、テレマークの山岳滑走道具紹介もしている。ただ、アルペンの軽量化、テレマークの太板化という傾向は相変わらずで、これに関しては特に目新しい情報はない。



◆ 本誌とは関係ないが、ザビエル・デ・ラ・ルの最新ドキュメンタリー作品『WHITE NOISE』が公開されてたのでご紹介です。山ボーダーでなくても楽しめる20分映像。

"White Noise - full movie - Japanese subtitles" from TimeLine Films on Vimeo.


◆ こちらは、アンドレアス・フランソンのデナリ南壁初滑走に挑んだ際の映像。

First ski descent on Denali south face by Andreas Fransson from Bjarne Salén on Vimeo.






シリーズ連載・プロがすすめるスタンダード技術は「衝撃力(インパクトフォース)を理解しよう」という内容。墜落した際にクライマーとビレイヤーにかかる衝撃力は、ロープなどに係数、落下係数、ダイナミック係数があると説明し、このうちクライマーとビレイヤーが実際にコントロールできるのは落下係数とダイナミック係数の2つだという。結論を言うと衝撃を和らげるには、ロープは新しいものを使うこと、それと確実に適切な間隔でプロテクションをセットしていくという当たり前に思えるような結びになっているが、重要な割にあまり触れる機会のない内容だと思うので、ぜひ目を通してみてください。

同じくシリーズ連載、ジャックさんが書いているクライミング道場は「クライマーの羽・肩甲骨ではばたこう」というもの。肩甲骨の使い方を視覚的で直感的に書いた説明したもので、とてもイメージしやすいです。初~中級者向けの内容で多くの人が参考にできますし、その他、たとえばクライミングの指導に当たっている立場の人も教え方の参考にできるかと思います。


次号の発売日は、
2013年3月6日(水)



『ROCK & SNOW 2012冬号 No.58』

定価 1,400円 (1,333円+税)
発行 2012年12月6日 発売
出版社 山と渓谷社
URL http://www.yamakei.co.jp/products/2812906221.html






関連記事

ローラースケートパラダイス2号


12月20日、夏に創刊されたフリーペーパー『ROLLER SKATES PARADAISE』の第2号が発行されました。
インラインスケート・ローラースケートの情報を扱っているフリーペーパーで、日本では貴重な紙媒体のローラースポーツ情報誌です。

前号同様、16ページのオールカラー。
今回は、インラインスケートのアグレッシブ系大会の特集を組んでいます。




目次

[インタビュー] 古堅勇氏 …03
[特集] 2010 JASPA -Japan Aggressive Skating Public Association- …04-06
[特集] BEAST 2010 ALL JAPAN ILS STREET CONTEST …07
[特集] TOKYO BLADING JAM [雨天中止] …08
[レポート] 各地で開催されたインラインスケートの大会 …09
[トピックス] アジア競技大会他、世界のローラースポーツ大会 …10
[トピックス] ROLLER&DISCO X'mas Party! …11
[特集] ひで爺が語る インラインスケート「あんな事、こんな事」 …12-13
[プレゼント・お知らせ] …14-15


ROLLER SKATES PARADAISE 各ページ




日本で、こんなに多くのインラインスケートの大会が開催されていることは知りませんでした。
スラロームやスピードの大会は実際に参加もしたことあるのですが、アグレッシブの大会も結構多いのですね。

他にもフィギュアやホッケー、ダンスもありますし、こういう大会をきっかけにローラースポーツの人口が増えてくれれば嬉しいです。


インライン、絶対に面白いです!



次号は、2011年春頃に発行予定

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵

フリーペーパー:
『ROLLER SKATES PARADAISE』 VOLUME002 冬号


『ROLLER SKATES PARADAISE』 VOLUME002

価格 0円
体裁 A4サイズ・表紙を合わせて16ページ
発行元 (株)ウェーブワークス
発行部数 5000部
発行日 2010年12月20日

スポーツ店やスケート施設などで配布中
http://www.rollerskates-paradise.net/

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


《前号》
→ 『ROLLER SKATES PARADAISE』 VOL.001 創刊号

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。