山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 3月号


第1特集は「雪山技術読本」。内容は、計画編→装備編→行動編、そして山行編と、実際の山行を想定した編集となっている。毎回言えることだが、自分たちのやり方と同じ方法だったら安心出来るし、もし違う方法だったら参考に出来るのが良い。
また、簡単ではあるが雪崩(文・JANの出川あずさ氏)、ビバーグ・引き上げ・搬出を含むセルフレスキューの方法、冬山の気象についても触れている。この辺は、それぞれ詳しく書かれている本を買うべきだと思うけど、これから勉強したいという人にとっては、最初の取っ掛かりとなると思う。
実際に雪山に入る人は、絶対に机上講習と実技訓練を受けるべきです。この特集の最後に講習会を紹介しているけど高いし付け刃的なので、どこかの山岳会に入会することが望ましいと思われます。

第2特集は「山道具メンテナンス」。洗いづらい、またはどこまで洗うべきか判断の難しいテント、靴、シュラフやダウンジャケットの手入れ方法を特に丁寧に紹介している。また、ピッケル、ロープ、アイゼン、ポールについても、メンテナンスポイントや注意点、保管方法について言及している。

その他、山道具のアンダーウェア特集や、厳冬期の黒部横断のレポ、マウンテニアリング・セミナーのアイゼンの研ぎ方や雪山テントでの裏技(?)紹介など、読みどころ満載です。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 3月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年2月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★★★☆
(ゆっくり読んでたら1ヶ月かかってしまいそうなほど、内容充実です!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 3月号


特集は「おいしい山ごはん」。こういう特集は結構需要があると思うし、実際に役立ちます。料理のレシピ全般に言えることですが、紹介された料理そのものを作らなくても、インスピレーションが与えられて、新しい応用料理を作るキッカケになる気がします。
料理当番になったときのために、この特集を読んで新しくレパートリーを加えてみてはいかがでしょう。
でも単独のときは、ついアルファ米+フリーズドライやパスタが中心になってしまいます……よね。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 3月号

定価 1,000円 (952円+税)
発行 2011年2月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★☆☆☆
(料理特集はこういう保存しておきたい記事ですが、それ以外が面白くありませんでした残念!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
スポンサーサイト
今回は、滑ったあとに毎回やるメンテナンスについて。

場合によっては全くやらなかったり(ファブリーズをシュッとやるだけとか)、逆に、ベアリングのシールドをはずして洗浄もしますが、ここでは2時間ほど河原を走ったくらいを想定。



【簡易メンテナンス編】
■ タイミング
滑ったら毎回、なるべくその日のうちに

■ 道具
・ L字六角レンチ(付属のもので十分、スターツールなどあるとラク)
・ 雑巾とか布きれ
・ 綿棒

■ 所要時間
30分(乾燥させる時間は除く)

■ 手順
1、インナー・シューズを外す、インソールも取り出す
2、ウィールの軸を外す
3、本体やフレームを拭く
4、ベアリングは着けたままでウィール清掃
5、インナー・シューズとインソールを洗い、乾す
6、プロテクトギアの洗浄
7、ウィールをローテーションさせ、パーツを元に戻す


これで終り。 楽チンです!



【手順補足】
4、ベアリングは着けたままでウィール清掃
100508_02.jpg

・ 水をしぼった布で、付着した泥や埃を拭き取ります。
・ ベアリングは綿棒で、外に向かって放射線状に拭く。
(汚れがとれたところでウィールを回転させてチェックして、ひっかかっている感じや回転が鈍かったらベアリングも外し、シールドをとって洗浄をする)

5、インナー・シューズとインソールを洗い、乾す
インナー・シューズとインソールを洗い、乾す

・ 汗をあまりかいていない時は、中を拭くだけのこともあります。
・ 汗を吸っているようなら、バケツや洗面器に水を張って、中性洗剤を使って押し洗いなどします。
(洗ったあとは新聞紙2、3枚を丸めて、インナー・シューズに突っ込み水を吸わせれば、乾くのも速くなります)
・ インソールは水拭きしたり、汚れているときは中性洗剤つけて洗って、すすいで乾します。

7、ウィールをローテーションさせ、パーツを元に戻す
・ ウィールのローテーションは毎回やった方がいいかもしれません。 持ちが全然違うので。
(自分の場合は今は、ローテーションというより、一度バラバラにしてから、ウィールの状態を見てどこに設定していくか決めていきます。
最初は技術書にある通り、右の1番前と左の後ろから2番目を入れ替えたり、と型通りにやっていましたが、自分の癖がある程度わかってきたので、均等に減らすように配置できるようになってきました。
自分の癖を知るという意味でも、小まめにウィールを洗ってチェックするのはいいことだと思います)

・ インナー・シューズは丸洗いすると、1日で乾かないこともあります。



すぐに履くと思ってそのまま放置していたら、実際に履くのが1ヶ月や2ヶ月後になってしまい、ベアリングが回らなくなってしまったという人もいます。

毎回、最低限のメンテナンスをやっておけば安心です。


関連記事
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。