山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『岳人』12月号
2009年11月14日発売 定価800円

岳人12月号と言えば、毎年恒例の山スキー特集。乗鞍、十勝連峰、白山、妙高、白馬乗鞍エリアから、それぞれ数ルートが紹介されている。そのほか、そんなにメジャーではない、いわゆる裏山的なコースも紹介している。
東京に住んでると、裏山スキーって憧れますよね……。とにかく、山スキー特集は参考になるし、読んでも楽しい。この特集のためだけに買う人も少なくない、というのも納得。

今月号は「気象講座」、「備忘録」、「MOUNTAINEERING SEMINARのロープの結び方」、3つのコーナー・連載が最終回。勉強になるコーナーで、いろいろ学ばせていただきました。執筆・編集していた方々、お疲れさまでした。






『山と渓谷』12月号
2009年11月14日発売 定価1000円

特集は、雪山リスクマネジメント。冬山入門という内容だ。ルートの取り方や冬山ならではのリスクを紹介している。とくに低体温症・凍傷の兆候に関する記事は初心者でなくとも読んでおきたい。
しかし、当然ながら、これを読んで行けそうな気持ちになっても、未経験者は安易に冬山に入らない方がいいと思う。本当に冬山を始めるのであれば、どこかの山岳会の雪上訓練に参加したほうが近道です。アイゼン歩行や滑落停止などは、本で読むより実地で手ほどきを受けたほうが早いし確実。

21世紀山道具の連載は毎回面白い。6回目の今回はスリーピング・ギア。シュラフやマットについて動向や技術を紹介している。興味があったら、読んでみてください。

今月号は付録で、小さめの壁かけカレンダーがつく。フォトコンテストで入賞した公募作品の写真を載せている。これのせいで今月は定価1000円? ちょっと高すぎ。



関連記事
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。