山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 2012年1月号


第1特集は「雪の南アルプスへ」。 夏は北アルプスとそれほど変わらない南アですが、冬は積雪量や風の強さで差が出てくると思います。 というわけで、冬山の入門者でも比較的とっつきやすい南アの一般ルートについての特集です。
印象的だったのは、やはり塩見岳の指に凍傷を負った時の記録です。 指の切断を余儀なくされた手の生々しい写真が掲載され、そういう状況に至った経緯も記されている。 冬はリスクが格段に高まる、という警鐘の意味もこめられた特集だと思います。

第2特集は「冬の山ごはん」。 レシピも紹介されていて、実用的な記事です。 体を温めるというテーマなので、ショウガを使用した料理が多く紹介されています。 個人的にあまりショウガが好きではないので、作らないと思いますが。。
冬山は夏山と比べていろいろな面で条件が悪くなりますが、常に冷凍庫の中にいるような状態なので、生肉やら携帯しても傷まず、料理のバリエーションが増えるのが数少ないメリットだと思います。

MOUNTAINEERING SEMINARでは、新しく『アルパインクライミング考』という連載コラムが始まります。文は横山勝丘氏、興味深そうなコラムになりそうです、期待です。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2012年1月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年12月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★☆☆☆
(特集は冬山入門という感じですが、岳人は連載がしっかりしているので読み応えあります)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2012年1月号


特集は「いま知っておきたい山の最新事情10」。 2011年の山事情・動向を10の切り口からテーマ別に見ていこうという特集。 第1のテーマ「放射能汚染」は、山行のモチベーションにも大きく関わってくるところだけに興味深い。 ただ、この記事から得られるものはほとんどなく、数値だけを示してそれで自己責任・判断のもと山へ行けというもの。 そもそも判断の根拠となる文科省の定めた基準数値が、あまり信頼出来ないのだからどうしようもないとは思う。 Q&Aの、水は安全かとか下山後にやるべきこと、みたいのは参考になる。
他、山を題材にした映画や小説の今を紹介した「山のエンタメ 読む山、観る山」や「山小屋トピックス」、「山道具 ギア&ウェア」などのトレンドを紹介したテーマは、いかにも山渓の得意分野という感じがする。

山の小物インプレッションは「おしるこ」。 自分も山でおしるこを食べるのが好きなので期待していたが、おしるこという名前のついた既製品のみのインプレでちょっと拍子抜けです。 10種類にも満たない製品を比較し、記事を書いているレビュアーの好みで評価するだけなら雑誌の記事にせずとも良い気がする。 例えば、いろいろな最中やどら焼きを使っておしるこにしてみて、それを評価するというところまで広げて欲しかったです。

今月号には、1月号恒例ふろく別冊「山の便利帳 2012」が付いています。 小屋の営業期間や水場の有無、テント場の張り数などが載っていてホントに便利帳です。 2,3年に1回は最新のものに更新しておくと、山行計画を立てる際に困らないと思います。 時期が微妙な時はこれだけに頼らず、電話やホームページで確認しないといけませんが。。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2012年1月号

定価 1,200円 (1,143円+税)
発行 2011年12月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★☆☆
(1200円と高いし本誌記事はイマイチですが、「山の便利帳」のためだけに買うのもアリです)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
スポンサーサイト

『岳人』 2011年7月号


第1特集は「2011テント縦走」。ルート紹介とテントのカタログなど、この季節の定番特集。ルートも人気のあるメジャーな一般ルートを歩いて紹介している。沢登り特集と合わせて、いよいよ夏山シーズンの到来を感じさせる記事だ。

第2特集は「食べるを楽しむ夏めし」。いくらあっても困らない、山で作れる食事のレシピ紹介です。実際はパーティ構成や好き嫌いによって、レシピ通りに作れないケースも多いと思います。こういうレシピ紹介はそのまま作るより、山料理の「ヒラメキ」に役立つと思う。いずれにせよ重宝します。あ、紹介されていたゼリー作りはぜひやってみたいです!

毎回、切り口の面白い[マウンテニアリング・セミナー]。今月号の「新説・独創的登山術」では、ヒッチハイクについて記載。自分も単独や二人パーティの時、何度かヒッチハイクをやったことがあります。また、親切にも車の方から止まってくれて乗せて下さったり。この記事は「技術指南」というほどではありませんが、何か参考になるかもしれないですし、なにより面白い記事なのでぜひ一読を。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2011年7月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年6月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★★☆☆
(特集にはイマイチ感がありますが、全体的に読み応えたっぷり!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2011年7月号


特集は「ひと味ちがうね!日本アルプス」。メジャーではない(と編集部が銘打った)北ア、南ア、中アの一般ルート紹介をしている特集。実際は、祖母谷から白馬など人気ルートじゃん、みたいなルートが紹介されてますが。
とは言え、確かに普段はあまり通らない「気になるルート」を集めています。この夏に狙ってる方や、まだどこへ行くか決まってない方はぜひ読んでみて下さい。

山道具を紹介する「ギアトレック」の連載が今月号から開始(「21世紀山道具」の看板を変えただけ!?)。今回のギアは軽量ストーブ。使用する燃料の量やお湯が沸くまでの時間など具体的な数字も出していて、これは参考になります。期待の連載です!
期待の連載と言えば、先月号から始まった全4回の「登山で活かす ウィルダネス・ファーストエイド」の第2回目も掲載。今回は「判定」について。

今月号には特別付録「山と溪谷特製レスキューシート」がついています。一度広げると同じ大きさには畳めなくなってしまう、アルミのあの薄いシートです。100均で買えるのと同じ、だと思う。というわけで、今月号の山渓は定価が100円増し。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2011年7月号

定価 1,100円 (1,048円+税)
発行 2011年6月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★☆☆
(レスキューシートいらないから、100円安くして欲しいかも。連載が充実!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
『岳人』8月号
2009年7月15日発売 定価800円

夏休み直前だからというわけでもないと思うが、冒険という行為、意義などを考察した特集。ツールの進化によって人間は極地へ足を踏み入れることが出来るようになった。もちろん加えて体力や技術、なにより挑戦する心が大切なのは言うまでもない。レジャー化されつつある登山にあっても、それは大切なことなのだろうと思う。

第2特集は、フリークライミングエリア、韓国の仁寿峰の特集。日本から韓国の山へ縦走しに行く人は、あまり多くない(というか、ほとんど聞かない)。やはり韓国と言ったら、クライミングかな。

「MOUNTAINEERING SEMINAR」の渡渉についての話も面白かった。渡渉はアプローチの際の小さな障害にすぎないと思われがちだけど、本当は危険が潜んでいるという話。筆者のこぼれ話も面白い。





『山と渓谷』8月号
2009年7月15日発売 定価880円

今月号は南アルプス特集。南アルプスの特徴は1つ1つの山が大きいということ。北アルプスの岩稜歩きとはまた違った魅力がある。
山好きな人と話をするとき、北アルプス派か南アルプス派か尋ねられることが結構ある。犬派か猫派か、みたいな感じで。そういう「仕分け」は個人的には好きではないので適当に答えるけど、要するにそれだけ、それぞれの魅力があるということなのだろう。

また、映画「点の記」公開に合わせて大々的に北アルプスの立山特集を組んできたものだから、バランスをとるという意味で南アルプスの特集を組んだのかも……。

あと、防水のデジタルカメラ特集。数年前にはオリンパスのμシリーズしかなかったけど、今は多くのメーカーから発売されている。広角レンズの防水コンパクトカメラまであって、山では重宝しそう。







関連記事
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。