山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
開幕まで一週間を切っている冬季オリンピック。
その舞台となるバンクーバーが雪不足だとか。


なんか、アメリカやカナダで大雪というニュース見たよね……
と思うけど、それはアメリカ大陸の東部の話のようです。

バンクーバーの位置するのは西部


日本でも今季は数度に渡る強い寒波襲来で、近年稀にみる大雪。そして、ワシントンなどでアメリカ北東部でも大雪。

しかし、その間に位置するアメリカ大陸の西部は、蛇行する寒気の通り道から丁度外れてしまったようです。寒気はバンクーバーを避けるように流れて行ってしまう……ボールが高くバウンドして、頭上を通り過ぎていくみたいに。


日本では大雪で悲鳴と(テレマーカーが)奇声を上げ、カナダでは雪不足で悲鳴を上げる。

バンクーバーのコース設営スタッフさんは、大変だと思うけど雪作りがんばってください。



オリンピックで一度くらい、ドカ雪で圧雪が間に合わず、不整地の深雪の中で行うスラローム競技を見てみたいですね。
というか、テレマークスキーやアイスクライミングを正式種目に加えて欲しいです。




昨日、新雪を期待して佐久のスキー場行ってきましたが全然降っていませんでした。もうちょい北に足を伸ばすべきだった……残念っ!

浅間山
浅間山の冠雪、春にバッカンツアーで来よう


関連記事
スポンサーサイト
100203の高層天気図

図は、2月3日の850hPa天気図です。

年末年始以来、それ以上に強い寒波が入ってきています。
今回は北日本を直撃のようです。

今週末は、特に東北や北海道のスキー場が良い状態になりそう。


■ 高層天気図の必要性

このような雪情報が出るとき、必ず上空の寒気という言葉を耳にします。上空の温度や気圧配置、風向きなどの情報を知るための天気図が高層天気図です。
また、天気予報も1日や2日ならともかく、1週間のスパンで移り変わりを知りたいとなると、どうしても高層天気図は外せなくなってきます。

大気の顔色を伺いながら遊んでいる山屋さんや海屋さんだけでなく、こんな便利な高層天気図、街でも日常的に触れる機会がもっとあってもいい気はします。


■ 高層天気図の入手手段

高層天気図を載せている新聞は『赤旗新聞』だけで、昔は、とってない人は図書館でコピーなどするしかなかったようです。
幸い、現在はインターネット上のいくつかのサイトで、高層天気図を得ることが出きます。


高層天気図が見られる代表的なサイトをご紹介します。


HBC(北海道放送)専門天気図
http://www.hbc.co.jp/pro-weather/

定番サイトです。ぜひ、お気に入りに加えてください。


Unisys Weather
http://weather.unisys.com/gfsx/

East Asiaを見ると、日本を含め周辺地域の上空の様子がわかります。
色分けしてあって、上空の気温を見るときはとてもわかりやすいです。



■ 高層天気図の読み方

高層天気図は、見慣れている地上天気図と少し違います。
最初は取っつきにくいので、本など参考にしてみてください。


高層天気図の利用法―実地に即した高層天気図の見方
大塚 龍蔵
クライム
売り上げランキング: 64664

--------------------

その他、『岳人』で現在連載中の「だれにでもわかる高層天気図入門」(講師・猪熊隆之)は、かなりわかりやすいです。単行本化が待たれます。


■ 一般的な気象の知識

天気は、勉強してみると面白いものです。ちょっとした知識があれば、ニュース番組のおまけコーナー扱いみたいになっている天気予報も、興味深いものに変わります。

気象予報士の勉強をしてみるのもオススメです。
そのまま試験に合格できるかもしれないし、試験を受けるつもりがなくても、体系的に気象を学ぶことが出来ます……なんというか、システマティックで効率的です。


気象の勉強を始めるのなら、まずこの2冊!
特に「お天気の科学」はゼロからスタートするのには、うってつけだと思います。


お天気の科学―気象災害から身を守るために
小倉 義光
森北出版
売り上げランキング: 95292


一般気象学
一般気象学
posted with amazlet at 10.02.04
小倉 義光
東京大学出版会
売り上げランキング: 56504






関連記事
09-10の年末年始、ダメそうですね。。
北ア計画している人は、中止したほうがいいみたいです。

南アや八ツ辺りも風が強そう。

091230_01.jpg
気象庁HP 地上天気図48時間予想図より


★━━…‥・ ★━…‥・ ★━…‥・

◆ 元旦は、初日の出の前に部分月食が見られるとか。
なにやらお得な感じがするけれど、月食って日食や流星群などの他の天体ショーに比べるとちょっと地味……な感じ。
だって、肉眼で見ててもよくわからないしィ。

でも楽しみにしている人もいると思うので、観られるといいですね!


<東京>
食の最大 : 4時22分
初日の出 : 6時51分




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。