山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
8月16日に発売された 『KERA! (ケラ) 10月号』 に、PEACH-PIT先生ALI PROJECTの宝野アリカさん の対談が掲載されました。 全3ページ。


                 ◆       ◆       ◆


『KERA! (ケラ) 10月号』 PEACH-PITとALI PROJECT対談


対談の他に、ローゼンメイデンの簡単な作品紹介や登場人物紹介もあります。
それらも含めて記事は全3ページです。


                 ◆       ◆       ◆


内容


PEACH-PIT先生と宝野アリカさんがそれぞれ作品の取り組み方、両者の接点、お互い相手の作品へ寄せる愛着や敬意などを語ります。

『KERA! (ケラ)』 はファッション雑誌なので、宝野さんの衣装やローゼンメイデン作中のドール達のドレスの話がメインになるだろうと予想していましたが、それらも含めて幅広い内容になっています。

対談には、3つの小見出しが付けられています。

  • about ALI PROJECT
  • about ローゼンメイデン
  • about Works


about ALI PROJECT


新アニメのOP主題歌 「私の薔薇を喰みなさい」 の話から始まり、シングルに一緒に収められている 「Fräulein Rose」 と 「乙女の贖い」 の話にも及びます。 「乙女の贖い」 は水銀燈のめぐへの気持ちを想像して綴った詞、と宝野さん。

また、PEACH-PITのえばら先生と千道先生、お二方ともローゼンメイデン以前からALI PROJECTのファンだったことや、逆に、ローゼンメイデンの主題歌を担当することになった宝野さんの歓びなども語られます。

作品のコンセプト的に相性が良いとされるこの両者ですが、それだけではなく、お互いの作品に対するリスペクトがあるからこそ、これだけの 「世界の融合」 が実現したのだと思います。


about ローゼンメイデン


ローゼンメイデンという作品誕生のキッカケや登場人物の名前の由来などから始まり、ヤングジャンプへ移った時のことにも話が及びます。

「まかなかった世界」 は最初から考えていたことではなく、ヤングジャンプで連載を始めるに当たり作られた設定とのことです。 それは読んでいておおよそ感じられましたが、原作者ご本人が明言されたのは、これが初めてではないかと思います。

PEACH-PIT先生は、最初はストーリーに必要な登場人物を作り配置されるそうですが、話が進むにつれて今度は、登場人物たちがストーリーを決めていくという逆転現象が起こると言います。

キャラクターたちが自由に動き始めると、こっちじゃないっていうのがだんだん見えてくるんです。


ローゼンメイデンの物語は、このように作者が心の中から沸きあがってくる声に耳を傾けながら描くからこそ、読者の心の中にある何かとも結びついていくのだと思います。


about Works


2つのユニット・PEACH-PITとALI PROJECTが、作品にどのように取り組んでいくかという話です。 ここでは特に、仕事をする上でユニット (チーム) であることの意義や強みなどが語られます。

PEACH-PIT先生が 「2人で支え合っている」 と言ったのに対し、宝野さんは 「(作曲担当の片倉さんとの) 戦い」 と発言します。
一言でユニットと言っても、良い作品を生み出すために、またチームとして安定するためにも、いろいろな形態があるのだなと思いました。 面白いです。


最後の、好きなドールは誰?という質問では、雪華綺晶が (意外と?) 人気者でした。



読み終えて


この対談は 「情報」 としては特に目新しいものはないのですが (他のインタビューや対談でも語られていることばかり)、両者の対談は興味深く、PEACH-PIT先生とALI PROJECTが好きな方は読んで損はないと思います。

(小さな声で) ページ数が少ないので立ち読みで済ますのもアリ……かも。


それはそれとして、ちょっと残念だった点もあります。
内容とは関係ないところで、なのですが。


誤字


これ、誤字がひどいです。

誤字脱字に関しては自分も人様のこと言えませんし、そもそも普段はそんなに気にもしないのですが、これはかなりひどい部類だと思います。


大きな見出しのところで 『ローゼンメ「ー」デン』 と書いたり、ALI PROJECTの曲名を間違えたり、登場人物の漢字が違っていたりします (PEACH-PIT先生が 「名前を考えるのは大変でした」 みたいな話をしている正にその箇所で、名前の表記を間違えるのですから結構ひどい話です)。


KERA!の誤字
水銀「橙」は記事中、全てこれで統一されてしまっている……間違えやすいのは分かるのですが……


ローゼンメイデンもALI PROJECTの曲も、漢字表記が独特で使い慣れない固有名詞が多いので仕方ないのかもしれませんが、こういうことはしっかりして欲しいかも。 あと 『週「間」ヤングジャンプ』 は、さすがにまずいのでは・・・?

と思いました。


『KERA! 10月号』


ゴスロリ系のファッション誌です。

個人的に何かの参考になるとか、そういうことはないのですが、色使いがきれいでパラパラと見ているだけでも楽しい雑誌です!


『KERA! 10月号』






 [ KERA! (ケラ) 2013年 10月号 ]

 定 価 :490円
 発売日 :2013年8月16日
 出版社 :インデックス・コミュニケーションズ

KERA! (ケラ) 2013年 10月号 (Amazon)


関連記事
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。