山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 2011年7月号


第1特集は「2011テント縦走」。ルート紹介とテントのカタログなど、この季節の定番特集。ルートも人気のあるメジャーな一般ルートを歩いて紹介している。沢登り特集と合わせて、いよいよ夏山シーズンの到来を感じさせる記事だ。

第2特集は「食べるを楽しむ夏めし」。いくらあっても困らない、山で作れる食事のレシピ紹介です。実際はパーティ構成や好き嫌いによって、レシピ通りに作れないケースも多いと思います。こういうレシピ紹介はそのまま作るより、山料理の「ヒラメキ」に役立つと思う。いずれにせよ重宝します。あ、紹介されていたゼリー作りはぜひやってみたいです!

毎回、切り口の面白い[マウンテニアリング・セミナー]。今月号の「新説・独創的登山術」では、ヒッチハイクについて記載。自分も単独や二人パーティの時、何度かヒッチハイクをやったことがあります。また、親切にも車の方から止まってくれて乗せて下さったり。この記事は「技術指南」というほどではありませんが、何か参考になるかもしれないですし、なにより面白い記事なのでぜひ一読を。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2011年7月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年6月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★★☆☆
(特集にはイマイチ感がありますが、全体的に読み応えたっぷり!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2011年7月号


特集は「ひと味ちがうね!日本アルプス」。メジャーではない(と編集部が銘打った)北ア、南ア、中アの一般ルート紹介をしている特集。実際は、祖母谷から白馬など人気ルートじゃん、みたいなルートが紹介されてますが。
とは言え、確かに普段はあまり通らない「気になるルート」を集めています。この夏に狙ってる方や、まだどこへ行くか決まってない方はぜひ読んでみて下さい。

山道具を紹介する「ギアトレック」の連載が今月号から開始(「21世紀山道具」の看板を変えただけ!?)。今回のギアは軽量ストーブ。使用する燃料の量やお湯が沸くまでの時間など具体的な数字も出していて、これは参考になります。期待の連載です!
期待の連載と言えば、先月号から始まった全4回の「登山で活かす ウィルダネス・ファーストエイド」の第2回目も掲載。今回は「判定」について。

今月号には特別付録「山と溪谷特製レスキューシート」がついています。一度広げると同じ大きさには畳めなくなってしまう、アルミのあの薄いシートです。100均で買えるのと同じ、だと思う。というわけで、今月号の山渓は定価が100円増し。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2011年7月号

定価 1,100円 (1,048円+税)
発行 2011年6月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★☆☆
(レスキューシートいらないから、100円安くして欲しいかも。連載が充実!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。