山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 2012年1月号


第1特集は「雪の南アルプスへ」。 夏は北アルプスとそれほど変わらない南アですが、冬は積雪量や風の強さで差が出てくると思います。 というわけで、冬山の入門者でも比較的とっつきやすい南アの一般ルートについての特集です。
印象的だったのは、やはり塩見岳の指に凍傷を負った時の記録です。 指の切断を余儀なくされた手の生々しい写真が掲載され、そういう状況に至った経緯も記されている。 冬はリスクが格段に高まる、という警鐘の意味もこめられた特集だと思います。

第2特集は「冬の山ごはん」。 レシピも紹介されていて、実用的な記事です。 体を温めるというテーマなので、ショウガを使用した料理が多く紹介されています。 個人的にあまりショウガが好きではないので、作らないと思いますが。。
冬山は夏山と比べていろいろな面で条件が悪くなりますが、常に冷凍庫の中にいるような状態なので、生肉やら携帯しても傷まず、料理のバリエーションが増えるのが数少ないメリットだと思います。

MOUNTAINEERING SEMINARでは、新しく『アルパインクライミング考』という連載コラムが始まります。文は横山勝丘氏、興味深そうなコラムになりそうです、期待です。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2012年1月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年12月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★☆☆☆
(特集は冬山入門という感じですが、岳人は連載がしっかりしているので読み応えあります)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2012年1月号


特集は「いま知っておきたい山の最新事情10」。 2011年の山事情・動向を10の切り口からテーマ別に見ていこうという特集。 第1のテーマ「放射能汚染」は、山行のモチベーションにも大きく関わってくるところだけに興味深い。 ただ、この記事から得られるものはほとんどなく、数値だけを示してそれで自己責任・判断のもと山へ行けというもの。 そもそも判断の根拠となる文科省の定めた基準数値が、あまり信頼出来ないのだからどうしようもないとは思う。 Q&Aの、水は安全かとか下山後にやるべきこと、みたいのは参考になる。
他、山を題材にした映画や小説の今を紹介した「山のエンタメ 読む山、観る山」や「山小屋トピックス」、「山道具 ギア&ウェア」などのトレンドを紹介したテーマは、いかにも山渓の得意分野という感じがする。

山の小物インプレッションは「おしるこ」。 自分も山でおしるこを食べるのが好きなので期待していたが、おしるこという名前のついた既製品のみのインプレでちょっと拍子抜けです。 10種類にも満たない製品を比較し、記事を書いているレビュアーの好みで評価するだけなら雑誌の記事にせずとも良い気がする。 例えば、いろいろな最中やどら焼きを使っておしるこにしてみて、それを評価するというところまで広げて欲しかったです。

今月号には、1月号恒例ふろく別冊「山の便利帳 2012」が付いています。 小屋の営業期間や水場の有無、テント場の張り数などが載っていてホントに便利帳です。 2,3年に1回は最新のものに更新しておくと、山行計画を立てる際に困らないと思います。 時期が微妙な時はこれだけに頼らず、電話やホームページで確認しないといけませんが。。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2012年1月号

定価 1,200円 (1,143円+税)
発行 2011年12月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★☆☆
(1200円と高いし本誌記事はイマイチですが、「山の便利帳」のためだけに買うのもアリです)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
スポンサーサイト

『岳人』 1月号


第1特集は「冬の槍・穂高」。横尾尾根や涸沢岳西尾根など、冬の一般ルートの記録、データを掲載。装備や気象にも触れ、冬山初級者向けのアドバイス記事という印象。

第2特集は「冬の山ごはん」。鍋料理やご飯もののレシピも載っている。しかし、かなーり贅沢なメニューばかり。普段の山行ではなく、集中登山とかちょっと特別な時に食事当番など割り当てられた際、役立ちそうなメニューだ。とりあえず、家で試しに作ってみたいものばかり(普通に美味しそう!)。

マウンテニアリング・セミナー、澤田実さんの新説・独創的登山術は前号に続き「ホワイトアウトナビゲーション」。今回はその第2弾として、障害物に阻まれ直進出来ない場合のテクニックを披露している。また、山の法律学は「登山道の管理」をとりあげ、登山道の管理責任について言及する。登山道と一般道との法律が定める安全性の範囲の違いがあり、また登山道と言っても登山形態によって整備の仕方に違いが生じるのは当然である、と言う。登山道管理の課題と提言をまとめていて、興味深い記事です。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 1月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2010年12月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★★★☆
(レシピは永久保存もの、連載記事もためになって面白いです。ぜひこの号は買って下さい)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 1月号


今月は、1月号恒例の別冊「山の便利帳 2011」が付録としてつきます。ほぼ全ての山小屋の連絡先や営業期間や宿泊料金、幕数などが載っている優れもので、これ目的で買う人も少なくないはず。もっとも、毎年は買う必要ないと思いますが。

特集は「登山白書2011」。登山ブームとその実態、みたいなことを分析していて、登山者の高齢化と危機意識の希薄さを指摘している。レジャー感覚と関連して、単語ばかりが先行している観のある“山ガール”にも言及。また、ザックやレインウェアなどの道具別に人気メーカーなども紹介している。
……と、いかにも「山渓チック」な特集です。

他、冬の北・南・中央アのルート紹介や、マムートの広告メイキングの記事など。また、連載特集21世紀山道具は、ソフトシェルを取り上げている(よく岳人の山道具紹介記事と被るが、今回も岳人のハードシェル特集と微妙に被っている)。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 1月号

定価 1,200円 (1,143円+税)
発行 2010年12月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★☆☆
(「山の便利帳」だけでも買う価値はあるかな、でもやっぱり定価が高い)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。