山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
特に暑かった2010年の夏ですが、里にも秋の気配が漂い始めた気がします。
というわけで在庫処分の季節、いろいろな山の店でバーゲンが開催されています!



秀山荘(池袋) 「おんぼろ市」

http://shop.syuzanso.com/

微妙なものに混ざって、ガチの掘り出し物が出るおんぼろ市。
今回は、BDのカモスポットとMHWのグローブなどがお買い得で購入しました。

あと、MHWのMAESTROという日本に上陸しなかった(日本では売れないと判断された?)イロモノなザックも購入。フレームがゴツくてメカニカル(Exodusシステムという機構)で、とにかく独特な志向と思想で設計された感じです。このMAESTROは、いずれレビューを書いてみたいと思います。

100905_01.jpg
MAESTROは、マウンテンハードウェアらしい意欲的(?)な商品

100905_02.jpg
BDのカモスポットが1,980円! 箱なしアウトレットとは言えお買い得!!




カラファテ 「第40回リアルチープマーケット」

http://www.calafate.co.jp/

テレマークブーツやウロコ板、クライミングシューズなど他ではあまり値引きされないものも出ていました。

スカルパのT1などは、サイズが合えば欲しかったです。
人気のBCバック、オスプレーのスイッチも各サイズ出ていました。

100905_03.jpg
リアルプチマーケットも20周年!



関連記事
スポンサーサイト
ici club
要はテナントビル(?)


ici club

セレクトブランドプラザ「ici club」が2009年9月19日、神田にオープンした。プロデュースはICI石井スポーツ。買い物ついでに行ってみたので、レポート&感想です。

所在地は靖国通りに面していて、Victoriaなどと同じ並び。神保町や御茶ノ水駅が最寄駅となる。
わかりやすい場所のハズだけれど、ともすれば店舗を見逃してしまう。というのは店前には何も並べず、小さな文字で看板を出しているだけなので、気が付きにくいのだ。多分高級感を出したいのだろうが、この街の勢いの前では存在が消されてしまってる気がする。


謳い文句の“セレクトブランドプラザ”とは、要はビルにいくつかのアウトドアブランドをテナントさせているもの。「THE NORTH FACE」や「Columbia」などの他、「epic」や「b.c.map」などICIの展開する店も入っている。
1つのフロアはあまり広くなく、商品はウェアやバッグが中心。テナントしてるブランドは、ファッション志向で展開しているようだ。少なくとも、山道具の店という雰囲気ではない。


 ===========================
  【ici club フロア】
  B1F 「b.c.map」
  1F・2F 「THE NORTH FACE」
  3F 「MAMMUT」 「MOUNTAIN EQUIPMENT」
  4F 「MILLET」 「phenix」
  5F 「Columbia」「epic」
  6F 「EARTH PLAZA」
 ===========================


ところで、違うフロアへは外階段かエレベータを使うことになるが、これがとてもわかりにくい。階段を上り下りして、フロアごとにガラスの扉を開けて入るのだが、中に入るまで店内の様子がわからない。またエレベータ内にはフロアの案内がなく、ちょっと不親切すぎる気がした(追記、現在では案内が付いています)。


と、どうでもよさそうなテナントビルにみえるけど、地下の「b.c.map」と最上階の「EARTH PLAZA」はかなり使えます。
「EARTH PLAZA」は催しが開かれるスペースで、その後、1年に3,4回ほど足を運ぶことになりました。「b.c.map」は、特にテレマークの板やブーツなどの品揃えがよく、都内でもカラファテに次ぐんじゃないかな、という気がします。ここだけは、前を通る度にチェックしてますし、年末のバーゲンの時には、かなり安くブーツが出ていました。


■ ICI 石井スポーツ

新大久保にあった大きな店舗を畳んで原宿の駅前に店を出したり、ICIの経営方針の転換はさみしいものがありますが、やむを得ないのかもしれません。それに、神田登山本店はきっちり残してくれていますし。

ただ、こういうアウトドアファッションの市場拡大の背景には、無責任とも言えるイメージ宣伝があり、それが近年の山での遭難事故の増加にも寄与している気もします。
ICIもその流れの一端を担い、また恩恵を受けている以上は、店独自で、出来る範囲内での対策をとって欲しいとも思うのです。




<ici club>
 営業時間 11:00 - 20:00(毎週水曜日定休日)
 所在地 東京都千代田区神田小川町3-6
 http://www.ici-club.jp/

ici club外観


関連記事
090910_01.jpg
表参道から明治通りを渋谷方面に向かうと、通り沿いに店舗がある

MOUNTAIN HARDWEAR
本日9月10日、マウンテンハードウェア(MHW)の専門店が原宿にオープンしました。
最寄駅は東京メトロの明治神宮前駅。フラッグシップストアとしては日本初。

このMHW、後発ということもありアウトドアブランドとしては[ノースフェース]や[ミレー]ほどの知名度はありませんが、高機能の割にお手頃価格とあって、クライマーやテレマーカの間ではかなり人気のあるブランドです (自分スノーピも、スキーのシェルや手袋はこのMHW使っています)。
つまりややマニアックな感じがあり、それがまた良かったりしたのですが、このたび原宿のど真ん中に店舗を出すことになり、嬉しいやらさみしいやら……。

         * * * * * * * *

今日は初日で、webでクーポンを印刷してもっていくとトートバッグをプレゼントしてくれるということで、混んでるだろうなと思いながらも、偵察に行ってきました。
到着は開店20分過ぎ。店内は平日とあって意外と人が少ない。山やってなさそうな人も結構いる。

1階・2階の2フロア合わせて計156平方メートルとのこと。あまり広く感じません。階段は螺旋状になっていて、壁に人工のホールドなどがオブジェとしてくっついていました。
1階にTシャツや薄手のアウターなどがあり、2階にザックやテント、ハードシェルなどが置いてある。テントは一張のみが広げてあった。
店員さんは親切で、感じのいい対応をしてくれました。
でも今回は、何も買わずにプレゼントのトートバッグだけもらって帰りました。(だって、カラファテのリアルプチマートだとかなり安く買えるしぃ~)

090910_04.jpg
プレゼントでもらったトート


原宿には、ノースフェースやマムートのストアもあるけど、そこもスルー。ICIにだけ寄って、b.c.mapでテレマークの板など眺めてから帰途につきましたとさ。

         * * * * * * * *

マウンテンハードウェアも最近のモデルは定価も高くなってきたし、こういう店はバーゲンやらないし、あまり来る機会はないかな。でも、山の道具屋では普通にこのブランド買うと思う。やっぱりマウンテンハードウェア好きだし








 <Mountain Hardwear>

 住所 渋谷区神宮前6-18-11
 TEL 03-5778-4505
 最寄駅 東京メトロ 明治神宮前駅より徒歩7分
 営業時間 11:00~20:00
 http://www.mountainhardwear.jp/


関連記事
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。