山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

RozenMaiden newanime tale5

Anime-TALE 5 / 天使の黒い羽根

見れば分かるでしょ、水銀燈よ


ローゼンメイデン第5話です。

水銀燈が登場し、まかなかったジュンの周囲も騒がしくなって来ました。
ただし、それは本当に手に入れたものではなくあくまで一時的なものである、とも仄めかされます。


今回の内容


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

<あらすじ>

図らずもまかなかった世界へやってきた水銀燈は、運悪く真紅と鉢合わせてしまう。 例によってケンカを始める2人だが、nのフィールドへ通じる扉も既に閉じられ、行く宛もない水銀燈は、同じく取り残された真紅との共同生活を余儀なくされる。 真紅たちの話し声をよそに、水銀燈は屋根の上で一人、マスターのめぐを想うのだった。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


今回、まかなかったジュンは2件の異世界からの来訪を受けます。

1件目は水銀燈です。 まかなかった世界への出現は、水銀燈本人も真紅も予想外だったようです。
2件目は「新・少女のつくり方」という本です。 真紅は警戒していますが、ジュンは興味津津です。 この本は水銀燈の登場とは全く関係なく、第3者的な存在みたいです。



水銀燈



  雪華綺晶にさらわれためぐを追って、病室の鏡からnのフィールドへ飛び込む


これが、原作旧シリーズで描かれた水銀燈の最後の姿です。


その次に水銀燈が姿を現すのが、まかなかった世界のジュンの部屋、今回の話です。

水銀燈はnのフィールド内にある 「ガラクタ置き場」 の扉を片っ端から開けて探しものをしていたところ、この世界の、しかも真紅もいる部屋へ 「偶然」 来てしまったということです。

さらに、その一瞬だけ開いた 「イレギュラーなウサギの穴」 はその後すぐに塞がれて、ただの鏡に戻ってしまい、水銀燈はnのフィールドへ戻ることが出来なくなってしまいました。


風呂場の鏡
一時的にnのフィールドに繋がった風呂場の鏡


ともあれ、とりあえず水銀燈もまかなかったジュンの家に住むことになりました。 真紅と一緒に。
なので、めぐ探しの旅は一時おあずけです。


柿崎めぐ

めぐが水銀燈のマスターです。

めぐは先天性の難病を患っていて、生まれた時から長くは生きられないだろうと宣告されています。
外へも出られず、ずっと入院生活を送っているようです。


難病や障がいのある子どもを持つ家族に多大な負担がかかることはめぐも知っていますし、そのことで出て行ってしまった母親を恨む気持ちは特にないようです。

その分、全てが父親にのしかかっていることも承知していますが、感謝や申し訳なさ、自分の存在の否定、さみしさといった気持ちが複雑に入り乱れて、忙しい合間を縫って時々お見舞いに来てくれる父親をいざ目の前にすると、自分でも予期していないような言動がふと出てしまうようにも見えます。

10代半ばの少女が抱えこむにはあまりにも過酷で複雑で膨大な感情ですし、それを然るべき場所へ導くような水路をまだ自分の中に確立できていません。


そんな時に、めぐは水銀燈と出会います。


水銀燈とめぐ

生まれた時から既に自分に組み込まれていたこと (難病、あるいはアリスゲーム) を自分だけの問題と受け止めてしまい、しかもそれらを適切に処理するためのシステムや手段を持ちあわせておらず、そのうち抱えきれなくなって自分の中から (かなり歪んた形として) 溢れさせてしまうあたりは、水銀燈とめぐの共通点かもしれません。

水銀燈はめぐの処理しきれなかった問題を引き受けつつ (マスターの心はドールに流れ込む)、めぐの歌によって自分も癒されていきます。


  
契約

夕日に赤く染まる病室で、2人は正式に契約を結びます。

水銀燈とめぐの契約 thumbnail


原作を読んだ時はなんとなく冬の夜のイメージを持ちましたが、夕焼けの中の契約もドラマチックでした。

その契約を結んだ直後、雪華綺晶がめぐを連れ去ります。
もう少し余韻が欲しかったのですが、ある意味、雪華綺晶の無粋さも出ていてかえって良かったのかもしれません。

めぐは精神体を持っていかれて、現実世界の肉体は 「眠り」 続けることになります。


ともかくも、水銀燈のめぐを巡る長い旅がここに始まります。
その途中でまかなかった世界へ辿り着き、今回の水銀燈登場となったわけです。


からたちの花

めぐが歌っている歌は 「からたちの花」 です。

北原白秋の作詞、山田耕筰の作曲の唱歌で、You Tubeでもいろいろな方が歌う 「からたちの花」 が聴けます。

水銀燈は、この 「からたちの花」 を歌うめぐの傍にいると癒しの効果が得られるようです。

良い歌なので歌自体にも力がありそうですが、何よりも、この歌を歌っている時のめぐの穏やかな心が水銀燈に流れ込み、それで良い影響を与えているみたいに見えます。



『新・少女のつくり方』


ジュンの元に、新たに 「少女のつくり方」 が届きます。
その名も、『新・少女のつくり方』。

「新・少女のつくり方」
今回届いた 『新・少女のつくり方』 と 「元祖『少女のつくり方』」


値段も同じですし、パッケージのデザインもそっくりです。
真紅は、雪華綺晶の罠の可能性もあるから開けてはいけないと釘を刺します。

今のところ、まいたジュンが送ったものか否かは不明です。 というのも、現在は携帯電話でまいたジュンと連絡を取り合えないので。

今回は第1号だけ届きました。



『てのひらの人形』 第4話


絵本『てのひらの人形』


絵本第4話目です。

港の食堂で叔父さんはビールを飲んで、
私におみやげをくれた。
「ありがとう」と言って、
私はすぐに包み紙をやぶいて、
箱も開けてしまった。

箱の中には、
木でできたきれいなお人形がいたの。


おみやげは、やはり (なんとなく予想はしていましたが) 人形でした。
ただ、いわゆる 「お人形さん」 ではなくて、民芸品みたいな人形です。

てのひらの人形の人形
おみやげの人形

この人形は、あまり夜中に動き出しそうな感じがしません。


『てのひらの人形』 の絵本

ジュンがアルバイト先の書店で見つけます。
児童書コーナーと思しき場所に置いてありました。

本屋で見つけた絵本「てのひらの人形」
書店にあった『てのひらの人形』、例の船乗りの叔父さんの話です


普通に市販されている本なのか、それとも 『少女のつくり方』 みたいな特別な本なのかは分かりません。
ジュンは、ただ 「人形」 というワードに惹かれて手にとってみたようです。



次回予告


第6話 「下弦の月まで」
放送日 : 2013年8月8日 (TBS)

http://www.tbs.co.jp/anime/rozen/story/index-j.html#story06



< アニメ TALE 5 「天使の黒い羽根」 >

・放映日: 2013年8月1日(TBS)
・登場人物: 桜田ジュン、店長、斉藤さん、水銀燈、真紅、雪華綺晶、柿崎めぐ
・原作範囲: 『ローゼンメイデン』 TALE4、 『Rozen Maiden』 PHASE23, 28, 29,33,35,37,43(回想シーン)



[ ブログ内関連ページ ]
2013年の「ローゼンメイデン」新アニメ 7月よりTBS系列にて


関連記事
RozenMaiden newanime tale4

Anime-TALE 4 / ティーポット

どうやらしばらく、ここにいるしかないようね


ローゼンメイデン第4話です。

いよいよ真紅が動き出し、作品の雰囲気も少し変わったように感じられました。 デフォルメされた絵がたくさん出て来ましたし、明るめの音楽が多かった気もします。


今回の内容


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

<あらすじ>

ジュンは、nのフィールドで真紅となった人形を現実の世界へ持ち帰る。 携帯電話を通じてやってきたホーリエがローザミスティカを投入し、ジュンが改めてぜんまいを巻く。 ここに真紅が (仮の器ではあるにせよ) 蘇る。 ジュンは真紅の仮のマスターとなる。 その一連の出来事は、すべて雪華綺晶の知るところであった。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


毎回、丁寧に原作がなぞられています。
原作ファンとしては、「あのシーンが飛ばされた」 とか 「あのセリフがない」 といったふうにヤキモキしなくていいのが嬉しいです。



まかなかった世界の(仮)真紅


ジュンは、nのフィールドで真紅となった人形をまかなかった世界に持ち帰ってきます。

まいたジュンが携帯電話を通じて人工精霊ホーリエを送り、真紅 (となった人形) にローザミスティカを投下します。
ちなみにホーリエが持ってきたローザミスティカは、真紅本体から取り出してきた本物です。

本物の真紅は ―― アニメ第1話でも少し描かれていたのですが ―― 雪華綺晶に搦め捕られてしまいました。
真紅は隙をみてローザミスティカだけを抜き取らせ、一旦、雪華綺晶の力の及んでいない世界へ逃れ、捲土重来の機会を窺っているというわけです。

ここで一瞬でも雪華綺晶の目を欺けたのは、真紅のボディ内にあるもう1つのローザミスティカの元持ち主・雛苺の活躍があったおかげだったりします。


仮下僕

まかない世界の真紅はボディが仮の器だということもありますが、多分そういうことではなく、大学生のジュンはゼンマイを巻いただけで 「薔薇の契約 (指輪に口づけ)」 を結んでいないので、仮の下僕なのだと思います。


真紅のマイカップ

真紅のマイカップ

真紅のマイカップもまかない世界に届いてました。
「少女のつくり方」 の何号かの付録として送らせたのかもしれません。


留守番をする真紅 (まいた世界・まかなかった世界)

今回アニメオリジナル表現で、ジュンが出かけた後に部屋を探索する真紅が描かれますが、すごく良かったです。

というのも、居心地の悪い 「仮暮らし」 してる感じが出ていたと思うので。

まいた世界で、やはり真紅が一人で留守番するシーンがあるのですが 《 原作 TALE 30 》、そこでは真紅が 「リラックス乙女」 を解禁してダラリとくつろぎます。 そのだらしない姿が 「本当の居場所にいる」 感じを醸し出していて、今回の 「仮の居場所にいる」 感じと対比しているように思えました。

TALE30 リラックス乙女解禁
まいた世界で一人でいる時の真紅


原作を知っているとそのようなことが感じ取れるのですが、読んでいないくても、このシーンは真紅がかわいらしく表現されていたので楽しめたと思います。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今回、真紅の心情が読み取れるような表情の変化もたくさんありました。

ジュンが当然のようにアルバイトへ出かけていくことに対する驚きや、ジュンが洋服デザインについて語っている時の心配そうな表情 (真紅はジュンが引きこもる原因となった事件を知っている)、それに、その洋服の話を素直にすごいと受け入れてくれる人間がジュンのそばにいたことの安心感など、やはり真紅がまかなかったジュンのことも気にかけていることが伝わってきました。


バッグの中の真紅
バッグの中で心配そうにジュンの話を聴く真紅


真紅は、まかなかった世界のジュンが自分の手で扉を開け、「外の世界」 に自分の少しずつ自分の居場所を確保しつつあることを感じたのかもしれません。 「仮」 の下僕にとどめたのは、こちらのジュンはなるべく巻き込みたくないという真紅の優しさなのかもしれません。



まかなかった世界


ジュンが 「まきません」 を選択した時、ローゼンメイデンが世界に存在する可能性はなくなりました。
これがまかなかった世界です。

「まかなかった世界」 は新しく創造された世界などではなく、1つの可能性が消えたというだけで、元々の世界と何ら変わりがありません。

ローゼンメイデン ネット検索結果
まかなかった世界とまいた世界、それぞれの「ローゼンメイデン」のヒット数


検索結果をみると、「まいた世界」 には都市伝説レベルという程度ですが、ローゼンメイデンを知っている人も少なからずいるようです。


                 ◆       ◆       ◆

ローゼンメイデンたちは 「まきます」 を選ばれた時に初めて 「その世界にいてもいいよ」 ということになって、世界と紐付けられるものなのかもしれません。

つまり、真紅が自分たちローゼンメイデンを 「招かれざる客」 と表現していますが、それに則って言うと 「まきます」 は 「まねきます」 ということ、とも解釈できそうです。


まかなかった世界の出入口

今回真紅も言っていましたが、現在まかなかった世界で確認されている 「安定的なnのフィールドへの出入口」 は、ジュンの携帯電話の画面だけです。

数インチというサイズなので人工精霊みたいに小さいものなら出入りできますが、人形や人間の大きさではそこを通り抜けることができません。

それは強い力を持つ雪華綺晶といえども例外ではなく、なので当面は雪華綺晶も直接的には手を出して来られないと考えて良さそうです。



大学生ジュンの部屋


原作ではユニットバスだったので鏡は1つだけでしたが、アニメ版では洗面所と風呂場の2箇所に鏡があります。

今回の話の中では、洗面所の鏡が波打ち、風呂場の鏡にも雪華綺晶のイバラが映っていました。
両方がnのフィールドに繋がりそうな雰囲気があります。

2枚の鏡
2枚の鏡


特にまかなかった世界ではnのフィールドへの出入口となる鏡は貴重なので、2枚とも繋がるとなると、出入口のレア度がかなり下がりそうです。



「今回は私へのおみやげがあるんだって」


絵本


レギュラー化している謎の絵本、第3話目です。

前に帰ってきたとき、
伯父さんは私の家に来た。
そのときのおみやげは、
外国の高いお酒。

父さんは大喜びだったけど、
子供にはつまらない。
でもね、
今回は私へのおみやげがあるんだって。


「私へのおみやげ」 が何であるのか気になります。
もしかしたら、ローゼンメイデン本編に繋がるようなものかもしれません。

あと、ちょっと気になったのは、第2話では 「叔父さん」 だったのが今回は 「伯父さん」 になっていたことです。
同一人物の話をしていると思うので、単なる誤字だとは思いますが。



次回予告


第5話 「天使の黒い羽根」
放送日 : 2013年8月1日 (TBS)

http://www.tbs.co.jp/anime/rozen/story/index-j.html#story05

いよいよ水銀燈の登場です!



< アニメ TALE 4 「ティーポット」 >

・放映日: 2013年7月25日(TBS)
・登場人物: 桜田ジュン、店長、斉藤さん、真紅、雪華綺晶
・原作範囲: 『ローゼンメイデン』 TALE3



[ ブログ内関連ページ ]
2013年の「ローゼンメイデン」新アニメ 7月よりTBS系列にて


関連記事
RozenMaiden newanime tale3

Anime-TALE 3 / 真紅の目覚め

最後は・・・防御せよ


ローゼンメイデン第3話です。

「静」 と 「動」 を意識したような演出は、きれいな音楽と映像によって一層効果が高められているみたいに感じます。 アニメ映像と紙に描かれる漫画とでは、同じものを描いても、随分と違った印象を与えるものなのだなと改めて思いました。


今回の内容


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

<あらすじ>

メールを送って来ているのは本物の過去の自分だ、ジュンは確信する。 自分のあずかり知らぬところで、なにか(尋常ではない)面倒事に巻き込まれてしまったのだ。 事態の把握も儘ならぬままに夢からnのフィールドへ連れ込まれたジュンであったが、大量のフェイクの中から隠された本物のパーツを見つけ出す。 ジュンの手によって真紅は呼び起こされる。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


今回はジュンの作った人形に真紅が宿るところで終わりますが、これは原作のTALE2の終わり方と同じです。 今のところ、アニメ2話で原作の2話に対応しています。

回想も丁寧に描かれています。
原作旧シリーズで描かれた大事なシーンは、これからもこのような回想という形で挿入されていくのだと予想されます。



『少女のつくり方』 休刊


前回第2話の最後で『少女のつくり方』 休刊のお知らせが届きましたが、今回はその続きからです。


休刊のお知らせ
ジュンに届いた 「休刊のお知らせ」 の内容


この 「お知らせ」 から読み取れることがいくつかあります。

  • 人形製作は第7ドール (雪華綺晶) によって妨害された、つまり人形の完成は彼女にとってあまり好ましいことではない
  • ここからは配送ではなくセルフサービスになること
  • nのフィールドに行けばパーツを回収できるかもしれないこと、その際、(配送を妨害してくるくらいだから)何らかの危害を加えてくるおそれもあること、そもそもnのフィールドとは何か



nのフィールド



とりあえず、nのフィールドとは 「その他の世界」 「不思議な空間」みたいな認識でいいかもしれません。


真紅のnのフィールド説明
真紅が最初にnのフィールドについて説明するシーン 『RozenMaiden』 Phase4 より


真紅を含めて、ほとんどの作中の登場人物もnのフィールドについて詳しくは知りません。
例外はラプラスの魔で、彼(?)は大抵のことは知っています。

nのフィールドへは今回のように夢の中からや、あとは鏡を通り抜けて行くことができます。


nのフィールドに置かれた大量のフェイクパーツ


nのフィールド自体が仮説的で曖昧な領域なので、そこに含まれるモノもまた理性的な定義を与えられることはないようです。

nのフィールド内には法則が存在しません。 虚実が分かち難く混在し、自分の 「現実」 は自分で定義していくことになります。 主観だけが意味を持ち、おそらくは客観という概念が存在しない世界です。

物理的な器を与えられなかったアストラル体の雪華綺晶が存在していられるのは、そういう輪郭を持たない世界なのです。


そういう場所なので、「生粋のnフィールドっ子」 である雪華綺晶がフェイクのパーツを大量に作り出すことなど造作もないのだと思います。

フェイクの山
人形作りを妨害するために用意されたフェイクパーツの山


ジュンも、強い意志で本物パーツを求めたので、わりと早く本物のパーツを探し出せました。



真紅


ジュンの作った人形に、真紅が宿ります。

ジュンの作り上げた人形が最初から真紅だったわけではなく、ジュンという人間が真紅を想いながら作った器としての人形を、真紅の意志が自分のいるべき場所だと認識したので 「真紅」 となりました。


なので、人形が 「真紅」 になった時、姿形も真紅になりました。
髪の毛が生えたり、皮膚が柔らかくなったり。


 「仮の器でいい、材質の問題じゃなく、誰が作るかなんだ」

と、今回の中学生のジュンもメールで言っていましたが、そういうわけです。



「甲板には小さなサルがいた」


絵本


謎の絵本、第2話目です。

甲板には小さなサルがいた。
マストにつながれて、
ぴょんぴょん跳ねている。
長い航海のあいだ、
みんなが可愛がるペットなんだって。

でもこのサル、私はちょっと怖い。
キーッて歯をむくんだ。




次回予告


第4話「ティーポット」
放送日 : 2013年7月25日 (TBS)




< アニメ TALE 3 「真紅の目覚め」 >

・放映日: 2013年7月18日(TBS)
・登場人物: 桜田ジュン、店長、斉藤さん、真紅
・原作範囲: 『ローゼンメイデン』 TALE2、 『Rozen Maiden』 PHASE27 (回想シーン)



[ ブログ内関連ページ ]
2013年の「ローゼンメイデン」新アニメ 7月よりTBS系列にて


関連記事