山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ボロボロのソール
ソールが加水分解で脆くなってしまった


1年ぶりにGrandkingのトレッキングシューズを使うことになり、マンションの地下にあるトランクルームに取りに行くと、ソールがなにやらボロボロに。

加水分解だ。ちょっと力を入れたり鋭利なもので刺激を与えると、消しゴムみたいに崩れそう……。
症状的には軽いほうで、日帰りハイク程度なら難なくこなせそうだが、1ヶ月以上山小屋で使うとなると問題あり。5,60kgの歩荷中やシビアな岩場通過中にソールが崩れたり剥がれたらシャレにならない……。

剥がれそうなソール
ソールがペロリと剥がれそう


トランクルーム全体が湿っぽくなっていて、置いてあった除湿剤は水が溜りまくっていた。
急いで、スキーブーツや冬用の重登山靴など高価なものをまず避難させる。こちらは幸い、問題なさそうだ。


そういうわけで、除湿剤を買いまくってきました。
あと新しいトレッキングシューズも(SCARPAの「トラベル GTX」が50%オフの11,500円でした!)。


いずれにせよ、みなさんも道具の管理には気をつけてください!!


100714_03.jpg
新しいソールは、やはり気持ちがいいです


関連記事
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。