山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今回は、山エサ定番の日清チキンラーメンについて。

もし統計をとれば、4、5日のテント泊山行をする際、そのうち1食か2食はインスタントラーメンにしているという結果が出るはずだ(多分)。単独行の人は特に。

インスタントラーメンは簡単に調理できて、時間や水や燃料を節約できることはもちろん、アルファ米、パスタと並んで貴重な山での炭水化物補給源だ。山の食事というのはつまるところ、この三大炭水化物源をいかにおかずと組み合わせ、ローテーションさせていくかという点に尽きる……とは断言出来ないが、それに近いものがある。





【 チキンラーメンは砕いて、ジップ袋に詰める 】


数あるインスタントラーメンの中でも、なぜチキンラメーンがいいかというと、麺自体に味がついてるからです。そこが肝。

スープが別ではないので、何袋かを一気に粉砕して、1つの大きめのジップ袋にまとめるということが出来ます。
そうすることで、その時の気分に応じて適量をそのジップ袋から出し、量を調整しながら調理できます。余らせて無駄にすることも、食べ足りないということも減ると思います。


チキンラーメンinジップロック
チキンラーメンは砕いてジップロックに入れられるので、とても便利!


ラーメンを砕いて持っていくと、以下のようなメリットとデメリットがあります。


■ 長所
 ・パッキングの際、嵩張らない。袋ごと持っていくのに比べると、3分の1程度の嵩になるはず。また、流動的で隙間にも詰めやすくなる。
 ・食べたい量だけを食べられる。量が調整できるので間食にもなる。
 ・茹でる時間が減り、燃料と水の節約にもなる。
 ・大きなコッヘルが必要ない。
 ・味噌汁やスープと組み合わせて、味のバリエーションを楽しめる。
 ・行動食やおやつとして、そのままつまんで食べられる(ちょっとカラいけど)。

■ 短所
 ・砕いてあるので箸では食べづらい、武器はスプーンを。



【 レビュー 】


・カロリーは375kcal(1袋85gあたり)。麺を油で揚げてあるのでカロリーは高く、炭水化物や脂肪の含有量も満足。
・上記のように砕いてジップ袋に入れて行くことで、携帯性は抜群に上がる。すでに粉々なので、移動中も気にしなくても済む。
・開封してジップ袋に移し替えても、山行期間中は余裕で持つ。ただ、油で揚げたもの(麺)は酸化するので、こればかりは賞味期限を守ったほうが良いと思う。
・安いし、どこでも買えるのがすばらしい。

【 独断評価 】


カロリー★★★★★
美味しさ★★☆☆☆
たべやすさ★★★☆☆
携帯性★★★★☆
入手しやすさ★★★★★
値段(安さ)★★★★★

これは、優良ヤマエサです!



【 栄養成分表 】

1食(85g)当たり
エネルギー375kcal
たん白質8.3g
脂質13.7g
炭水化物54.7g
ナトリウム2g
ビタミンB10.66mg
ビタミンB20.77mg
カルシウム312mg

日清食品・製品情報サイト



【 まとめ 】

カロリーが高く、食事、非常食、おやつ、または行動食にもなるので、装備に加えても損はないものだと思います。粉々にして持って行けば、荷物にもなりませんし。

チキンラーメンマン
(オリジナル)新マスコットキャラ・チキンラーメンマン






関連記事
スポンサーサイト
20090925_01.jpg
計画中の山行に持っていく食料の一部、ザックに収まるのか不安。。

現在、16泊の縦走を計画中です。単独のオールテント泊を予定で、途中下山しての補給やデポはなし。そうすると、朝夕の食事の回数は単純計算で32食になる。
強行して日数を短縮できるかもしれないけど、荷物の重さや季節を考えると停滞やアクシデントで日数が伸びることを想定するべきで、そうすると40食分は必要になってくるかな……。
これは重量も食材費も馬鹿にならないです。

ということで、長期山行の食事について考えてみます。
もちろん、1週間以内の山行計画の参考にもなると思います。


【 炭水化物 】
メインとなるのは、アルファ米とパスタ。これにフリーズドライのおかずやスープを組み合わせる。水やガス、重量、それから時間のことを考えるとこれが一番効率がいい気がするので。アルファ米は尾西の一食ずつジップがついているものが水を入れればご飯になり便利だが、2食1つになった湯煎のものなども持っていくと、軽量化につながる。
生米も持っていくけど、結構重いし、炊飯時のガスの消費量や水の使用量を考えると主力には出来ない。水の豊富な幕営地で使うくらいかな。
インスタントラーメンは重宝するが、そのままだと嵩ばるのが難。砕いてジップロックにまとめて、食べる量をそのつど取り出して調理するというのが良いと思う。チキンラーメンだとスープいらないし。
20090925_02.jpg
尾西の<アルファ米白米> と 日高食品の<ワンクイックライス白めし>


【 脂肪 】
脂肪は3大栄養素の一つだし、熱やパワーを生み出す重要なもの。
しかし、スーパーにはカロリーオフの商品が並ぶ。食事だけではとても足りないので、羊羹やビスケットなどをコマメに食べ摂取するしかない。
それでも、必要カロリーをとれないということだ。


【 登山のカロリー消費計算 】
『登山の運動生理学百科』(山本正嘉・著 / 東京新聞出版局)によると、登山時のカロリー消費量は以下のようになっている。

 空身時 : 1時間・体重1kgあたりにつき6kcal
 20kgの荷物を背負っているとき : 1時間・体重1kgあたりにつき9kcal


例)体重60kgの人が20kgのザックを背負い8時間行動した場合、
 60kg * 8時間 * 9kcal = 4320kcal
消費するということになる。

■ これが40kgの荷物になると、5760kcalが必要量ということになる。

体に貯蔵された脂肪があるので、全てを摂る必要はないが、それでも2分の1から3分の1のカロリー摂取は必要、と山本氏は言う。長期になれば貯蓄されている脂肪を使ってしまうから尚更だろう。


【 総括 】
山行が10日を越えると、食事も味云々よりカロリーと重量のパフォーマンスが重要になってくると思う。季節が秋から冬になろうとしている今の季節であれば尚のこと。パーティであれば荷物分担も出来るし、メニューもレパートリを増やせそうだが、単独ではこの点、選択肢がほとんどない。

要するに、単独テント泊は山と孤独を楽しむもので、食事は2の次になってしまわざるを得ない、というのが結論です!






アルファ米を安価で購入 (楽天市場)
あんしんの殿堂防災館
山渓オンラインショップ楽天市場店
関連記事
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。