山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
7月19日、「ローゼンメイデン」 の小説版 『ローゼンメイデン ツヴィリンゲ』 が発売されました。


ローゼンメイデン ツヴィリンゲ


「ツヴィリンゲ([独] Zwillinge)」 は 「双子」 の意味だそうです。
このタイトルと表紙の絵からも分かる通り、翠星石と蒼星石を主人公とした書き下ろし小説です。 執筆は久麻當郎さん。




ローゼンメイデン ツヴィリンゲ



結菱一葉は昔の夢を見る。
自分から半身と1つの可能性を同時に奪った光景が、再び目の前で繰り広げられる。

夢は強い力を持つようだった。
痛みを過去のものとして見えない場所に隠すことを許さない。
怠ることなく手入れされている鋏の刃のように、
時間が経っても錆びることなく、鋭く心の樹に新しい傷を刻みこむ。

結菱一葉は夢に搦め捕られて身動きできなくなる。
どこへも行けない・・・。



内容


翠星石と蒼星石、それにそのマスターたちの話です。

「夢の悪用」 を企てる結菱一葉に対して、翠星石と蒼星石の意見は相違し、やがて2人は袂を分かつことになる。 これは Rozen Maiden 本編で描かれる通りなのですが、原作で描ききれなかったその辺りの細部を補足しつつ、独自のエピソードも加えて展開してきます。

もう一つ、小説版オリジナルとして翠星石と蒼星石の過去も描かれます。


スピンオフもそうですが、こういう原作のある作品からの派生ストーリーというのは、書ける範囲が相当限定されると思います。 なにしろ自由に使えるスペースは、今まで原作で描かれていなくてこれからも描かれないであろう範囲だけ、なのですから。 そういう縛りの中で 「きゅうくつさ」 を全く感じさせず、自然に描かれるているところがまず素晴らしいです。

それでいながら、与えられた領域を最大限に利用して、登場人物たちは可能な限り自由にダイナミックに動きます (体操の床競技選手たちが、ラインオーバーしないギリギリまで最大限に床を使って、華麗な演技を繰り広げるみたいに)。

使用できる領域を正確に見極めていて、かつ登場人物たちもよく把握していないとこうはいかないはずです。 執筆された久麻さんという方は、ローゼンメイデンを相当読まれている方なのだと思います。


この小説を読んだあとにもう一度、本家コミックスを読み返してみると、小説で書かれていることが原因になって本家で事件が起こってるみたいな、そいういう逆転現象的な感覚に陥ります。 つまり、それだけうまく書かれた話なのだと思います。


目次


  序章 n=0 序
  1章 n=1 覚醒
  2章 n=2 開花
  3章 n=3 意志
  4章 n=4 策略
  5章 n=5 戦闘
  番外編 n=√2 呪い人形


本編は n=1 から n=5 まで。
n=0は序章で6行の詩、n=√2はおまけ的な番外編です。


2つの舞台

主に2つの時代が舞台となります。

1,メイン舞台となるのは現代の日本で、結菱一葉がぜんまいを巻き、蒼星石と契約するところから始まる。

2,もう1つの舞台として、中世か近世頃のヨーロッパが描かれる。 翠星石と蒼星石の昔のマスターたちの話だ。 回想という形ではあるけれど、n=2 では丸々、n=3 でも半分くらいのページが費やされている。



舞台1・現代日本 / 薔薇屋敷の結菱氏

翠星石と蒼星石、結菱氏の話です。
本編であまり描かれなかった結菱氏について多く語られます。


ローゼンメイデンの登場人物、特にマスターたちは個性の強い人間が多いのですが、結菱氏に関してはかなり印象が薄い気がします (旧アニメ版の蒼星石マスター(柴崎元治)の印象が強いせいもあるかもしれませんが)。 復讐するために蒼星石を利用するつもりだったのに逆に救われて、蒼星石が斃れた後は温厚な紳士に戻り、やがて雪華綺晶に精神を連れ去られてしまって退場・・・だけみたいな。

結菱一葉
蒼星石のマスター・結菱一葉


そのように本家で描写が少ない人物なので、原作設定に抵触しない範囲内で書かかなくてはいけない小説版にはうってつけの人物なのかもしれません。 ただし、この小説版ではそれだけには留まらず、本家の結菱像にも積極的に干渉し、原作では描ききれなかったところも補足します。

例えば、冒頭部分では夢に苦しめられる結菱氏が描かれます。 この描写によって、原作本編での彼の行動を知っている読者は 「苦しめられているが故に結菱氏は夢の力を知っていて、だからこそ、夢の庭師の力を使って復讐することを考えた」 と結びつけることができると思います。

また小説版では、結菱氏と翠星石の関係は思っていたほど険悪ではなく、翠星石も結菱氏が抱える悲しみを理解はしていた、という風に描かれます。 原作では、蒼星石を失った後は翠星石が結菱氏の元にしばしば足を運び一緒にお茶をする場面が描かれますが、その原作での描写にも一層の説得力が与えられた気がします。


最終章 n=5 では、Rozen Maiden本編に繋がっていきます。
自然な形で小説オリジナルの脚色も加わっていて、翠星石の 「ちょい腹黒人形」 ぷりも遺憾なく発揮されていて見どころです。


舞台2・昔のヨーロッパ / 若き皇帝とガラス職人

回想という形で、翠星石と蒼星石の昔のマスターの話も描かれます。

ヨーロッパのとある帝国の皇帝ルドルフと簒奪を企てる皇弟マティアス、それにガラス職人を目指すレオシュの話です。

この時代では蒼星石は皇帝ルドルフと、翠星石はレオシュとそれぞれ薔薇の契約を結んでいます。

ルドルフはヨーロッパの広域を支配する帝国の若き皇帝で、政治よりは芸術に興味があるみたいです。 ルドルフには弟がいて、その弟は兄に取って代わろうと野心を抱いています。

翠星石が契約を結んでいるガラス職人レオシュは、腕の良い職人だけどちょっと頼りなさげです (どこかジュンに似ている気がします)。

モデル

ルドルフとマティアスは実在の人物をモデルにしたみたいです。
ルドルフ2世(Rudolf II.,1552 - 1612年)とマティアス(Matthias, 1557 - 1619年)で、wikipediaによるとルドルフ2世は文化人で多くの芸術家や学者、錬金術師を援助したそうです。

もちろんローゼンメイデンのドールが作られた時代は不明です。 あくまで名前や設定を借りてモデルにしただけで、小説で描かれるのは当人たちではありません。


兄弟・双子

両方の時代の蒼星石のマスターに共通しているのは 「兄弟・双子」 です。
兄弟・双子が 「対」 として描かれ、「もう一人の自分」 との同一化や入れ替わりがモチーフになっています。

皇帝ルドルフは、弟マティアスに簒奪されるという形で入れ替わりが行われます。
結菱一葉は本編にも描かれている通り、双子の弟・二葉に成り代わり、事故死した弟に代わって生き続けます。


  「マティアスはマスターに追いつこうと必死になっている。いや、取って代わりたいようだ」
  「そんな……兄弟なのに……」
  「でも、僕らドールズも姉妹なのにいつか争う運命にある」


                    (『ローゼンメイデン ツヴィリンゲ』 p.55 より)


            *       *       *

翠星石と蒼星石は一対の双子ドールですが、似た者同士というよりは、目の色が象徴するように鏡合わせのように反転している存在です。

この双子のローザミスティカは姉妹たちの中で唯一、相手との互換性があります。
ローザミスティカはローゼンメイデンのドールたちにとって最も大切なもので、ともすれば自分の存在意義やアイデンティティさえ決定づけるものです。 そのローザミスティカが交換可能であることは、自分の存在が相方のスペア (もちろんその逆も然り) で半身に過ぎず、あらかじめ代わりの用意されている不完全な存在であることを意味する、と当人たちが受け取ってしまうのも無理からぬ話なのかもしれません。 岡目にはやや乱暴な考え方のように見えますが、当人たちにとっては深刻な問題のはずです。

小説の中で、翠星石が妹の蒼星石と服を交換して入れ替わるというシーンが描かれますが、なかなか感慨深いです。

翠星石はその事実を (少なくとも表面上は) 平然と受け入れていますし、それどころか、双子の妹に何かあった時には自分のローゼミスティカを役立てられるので喜ばしく思っているようにも見えます。
蒼星石もそういう翠星石が好きなのだと思いますが、一方で双子の姉とは違う存在であろうとして、自分が双子の 「片割れ」 であることを必死に否定します。 意識して否定すればするほど、ますますその念に呑み込まれていき、気がついた時には身動きが取れないほどがんじがらめにされていました。

蒼星石は自分の世界の破壊を望んでいて、そんな時に結菱氏に出会ったのだと思います。 結菱氏と契約した時には既に蒼星石は 「死」 を覚悟していた、そんな気がします。


蒼星石が 「影との戦い」 を一身に引き受けてくれたおかげで、同じ双子であるにも関わらず、翠星石はそういう苦悩とはある程度無縁でいられたのかもしれません。




書籍について



ローゼンメイデン ツヴィリンゲとコミックス9巻
ツヴィリンゲとコミックス9巻


紙質や大きさは、ヤングジャンプコミックス 「ローゼンメイデン」 と同じです。
並べても違和感ありません。

本を開くと、カラーのイラストが織り込まれています。
イラストは、オールカラーで電子化する時に使われる手法でデジタル彩色されているみたいです。


130722_05.jpg


あと、おまけでしおりがついています。

しおり
しおりは表と裏で2コマの漫画みたいで、コミカルな仕様です





関連リンク








 [ ローゼンメイデン ツヴィリンゲ (JUMP j BOOKS) ]

 定 価 :840円([本体 800円] + 税)
 発売日 :2013年7月19日
 著 者 :久麻 當郎 / 原作・表紙イラスト :PEACH-PIT
 発行所 :株式会社 集英社

ローゼンメイデン ツヴィリンゲ (Amazon)


関連記事
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。