山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今回は、山エサ定番の日清チキンラーメンについて。

もし統計をとれば、4、5日のテント泊山行をする際、そのうち1食か2食はインスタントラーメンにしているという結果が出るはずだ(多分)。単独行の人は特に。

インスタントラーメンは簡単に調理できて、時間や水や燃料を節約できることはもちろん、アルファ米、パスタと並んで貴重な山での炭水化物補給源だ。山の食事というのはつまるところ、この三大炭水化物源をいかにおかずと組み合わせ、ローテーションさせていくかという点に尽きる……とは断言出来ないが、それに近いものがある。





【 チキンラーメンは砕いて、ジップ袋に詰める 】


数あるインスタントラーメンの中でも、なぜチキンラメーンがいいかというと、麺自体に味がついてるからです。そこが肝。

スープが別ではないので、何袋かを一気に粉砕して、1つの大きめのジップ袋にまとめるということが出来ます。
そうすることで、その時の気分に応じて適量をそのジップ袋から出し、量を調整しながら調理できます。余らせて無駄にすることも、食べ足りないということも減ると思います。


チキンラーメンinジップロック
チキンラーメンは砕いてジップロックに入れられるので、とても便利!


ラーメンを砕いて持っていくと、以下のようなメリットとデメリットがあります。


■ 長所
 ・パッキングの際、嵩張らない。袋ごと持っていくのに比べると、3分の1程度の嵩になるはず。また、流動的で隙間にも詰めやすくなる。
 ・食べたい量だけを食べられる。量が調整できるので間食にもなる。
 ・茹でる時間が減り、燃料と水の節約にもなる。
 ・大きなコッヘルが必要ない。
 ・味噌汁やスープと組み合わせて、味のバリエーションを楽しめる。
 ・行動食やおやつとして、そのままつまんで食べられる(ちょっとカラいけど)。

■ 短所
 ・砕いてあるので箸では食べづらい、武器はスプーンを。



【 レビュー 】


・カロリーは375kcal(1袋85gあたり)。麺を油で揚げてあるのでカロリーは高く、炭水化物や脂肪の含有量も満足。
・上記のように砕いてジップ袋に入れて行くことで、携帯性は抜群に上がる。すでに粉々なので、移動中も気にしなくても済む。
・開封してジップ袋に移し替えても、山行期間中は余裕で持つ。ただ、油で揚げたもの(麺)は酸化するので、こればかりは賞味期限を守ったほうが良いと思う。
・安いし、どこでも買えるのがすばらしい。

【 独断評価 】


カロリー★★★★★
美味しさ★★☆☆☆
たべやすさ★★★☆☆
携帯性★★★★☆
入手しやすさ★★★★★
値段(安さ)★★★★★

これは、優良ヤマエサです!



【 栄養成分表 】

1食(85g)当たり
エネルギー375kcal
たん白質8.3g
脂質13.7g
炭水化物54.7g
ナトリウム2g
ビタミンB10.66mg
ビタミンB20.77mg
カルシウム312mg

日清食品・製品情報サイト



【 まとめ 】

カロリーが高く、食事、非常食、おやつ、または行動食にもなるので、装備に加えても損はないものだと思います。粉々にして持って行けば、荷物にもなりませんし。

チキンラーメンマン
(オリジナル)新マスコットキャラ・チキンラーメンマン






関連記事
スポンサーサイト
091106_05.jpg
美味しくて高機能な戸高ビスケット

登山家の戸高雅史氏が行動食として携行していたというビスケット。考案したのは戸高氏の奥さん。栄養価とカロリーは申し分ないはずだ。

今回は、これを作ってみました。

レシピはこちらのブログに紹介されていたので、そのまま使わせていただきました。オリジナルに少し改良を加えているということです (この改良版のほうがおいしそう!)。
http://snboon.exblog.jp/646641/


作り方は簡単。
バターや卵、小麦粉でクッキーの生地を作り、そこに木の実やドライフルーツの入ったグラノーラを入れる。自分の好みでレーズンやくるみ、アーモンド等も適当に混ぜ込む。
あとはオーブンで20分ちょっと焼くだけ。トータル1時間ほどで完成する。



【 レビュー 】
・カロリーは約400kcal(100gあたり)。良い感じに高カロリー。8cm*8cmくらいのかけらで60kcalくらいとれる。
・味は美味しい、普通に。というか本当に普通に上手く焼けた手作りクッキーの味で、それ以外の何者でもない味。山では好き嫌いが変わったりするけど、これはおそらく山でも美味しく食べられると思う。
・携帯性も悪くない。適当な大きさに切るなり砕くなりして、ジップ袋に入れればどこへでも持っていける。ただし、パッキングに気をつけないと間違いなく粉々になる。
・日持ちは、冬山なら1週間や10日くらいは問題ないと思う。夏は……どうだろう。
・材料費は1,000円ちょっと
・山行の前は準備することが多い。そんな中でクッキー作りなんてさすがにやってられない。余裕のあるときに作っておくベシ。

091106_06.jpg
ジップ式の袋に入れて冷凍庫で保存しておけば、そのままどこへでも持っていける


【 独断評価 】
カロリー★★★★★
美味しさ★★★★★
たべやすさ★★★★★
携帯性★★★☆☆
入手しやすさ★★☆☆☆
値段(安さ)★★★★☆

ちょっと甘めの評価になりました! (クッキーだけに)。



【 材料 】
無塩バター100g756 kcal
砂糖100g380 kcal
2個160 kcal
薄力粉120g420 kcal
グラノーラ80g320 kcal
レーズン33g111 kcal
ベーキングパウダー少々 
合計2147 kcal



【 作り方 】
091106_02.jpg


1.バターと砂糖をクリーム状に練り、卵をくわえる。
2.薄力粉、ベーキングパウダーをふるい混ぜる。
3.グラノーラ、くるみ、レーズンをさくっと混ぜる。
4.平たくまとめ、オーブンシートを敷いた鉄板にならべる。
5.170度のオーブンで23分ほど焼く。
http://snboon.exblog.jp/646641/から)

[補足]
1に数滴のバニラエッセンスを加えると、香りがよくなります。
2ではきちんと薄力粉をふるいにかけないと、ダマが出来てしまいます。
4での大きさは適当で構いませんが、なるべく小さくまとめたほうが良さそうです。



【 まとめ 】
091106_04.jpg

山の行動食としても、普段のおやつとしてもかなり評価できます。
とにかく興味を持ったら作ってみて下さい、美味しいです。

今回の反省点は、焼く時に大きくまとめ過ぎたことかな。次回はもっと小さく焼いて携帯性を上げたい。あと、もう少し粘り気と固さも欲しいところ。この辺を改良していければ、理想の行動食になる。

まあ、ともあれオススメです。
関連記事
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。