山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 2012年2月号


第1特集は「雪山へのステップ 必要な技術と知識」。 基本的に入門者向けの特集かもしれないが、冬山へ入ろうと促しているのではなく、冬山へ入るには少なくともこれだけのことをしてから、というような注意を喚起しているような記事です。
また、それなりに経験がある方も「大丈夫、このことなら知っている」と頭から決めつけずに、読んでみると新しい発見などあるかもしれません。 雪崩の研究などは年々進んでるみたいですし、装備も新しいものが出ているようです。

第2特集は「知って得する雪山の裏技」。 ここでいう「裏技」はいわゆる裏技ではなく、TIPSというべき実用的なコツです。 机上の講習会で教わるようなことではなく、実際に山へ行った時、その時々で先輩たちに伝授してもらう類の便利技を紹介した特集です。 紹介されている方法が自分がやっているのと違っていたら、実際に次の山行で試して比較したり、そういうふうに活用できそうな記事です。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2012年2月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2012年1月14日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★☆☆☆
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2012年2月号


特集は「事例に学ぶ日本山岳遭難大全」。 かなり気合の入った遭難の特集です。 第一部「2011年の遭難を振り返る」では昨年に実際に起きた遭難事故の状況(気象や肉体的な疲労度合い、本人の話を元に精神的な状態)を詳細に紹介して分析、それぞれの分野の専門家が見解を述べている。
第二部「日本山岳遭難史」は、一部に比べると読み物的な色合いが強いが、大規模な事故や稀有なケースを紹介したもので、いずれも興味深い。
こういうのを読むと、事故はそれほど特別なことではなく、自分の身にも起こりうるものだということが分かります。 また、記事を読んだくらいで全ての事故を回避できるわけではありませんが、何かの役に立つ時がくるかもしれません。

山の小物インプレッションは「ピッケルカバー」。 この記事を書いた方も言っていますが、本体を購入する時に買い忘れてしまったり、あと、下山時にピッケルが不要になり、ザックにくくりつけようとする時にどこにしまったか分からなくなってしまったり、山の小物の中でも影の薄さで1、2位を争うと思います。
しかし、ランク付けするほど商品のラインナップが揃っていることに驚きました(店だとそんなに何種類も置いてないが)。 それに着目して記事にしたところも一読者として評価したいですし、記事を書かれた方の「他人への気遣いの道具」という言葉もその通りだと思いました。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2012年2月号

定価 1,000円 (952円+税)
発行 2012年1月14日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★★☆
(遭難の特集は、忘れた頃にまた引っ張り出して自分を戒めるために読みたいと思える、良い記事だと思いました)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
スポンサーサイト

『岳人』 9月号


第1特集は「地図読本」。夏の一般ルートを歩いていると、地形図より昭文社などのガイドマップの方が使用頻度が高い。読図は無雪期のハイキングや山歩きをするには必要のない技術のように思える。それでも「転ばぬ先の杖」として地図読みに習熟することの利点を執筆者は説く。自分も読図は習得しておいて損はないと思う。冬山やバリエーションルートをやるのなら必須技術の1つだし、記事の執筆者が書いているとおり楽しいものだし。
本特集では実際に読図山行を行い、その様子をレポートしている。ポイントごとの写真を載せ、地形図と照らし合わせて丁寧に解説していて分かりやすい。当然ながら、実際に講習なりに参加して読図山行してみないと身につかないし分かりづらいだろうけど、同時に、こういう記事を読んで要点を押さえておくのも大事なことだと思います。


山野井泰史さんの「この道」は、東京新聞と中日新聞の夕刊に連載されたものを6回に分けて転載していくという企画。今月がその第一回目。内容は、山野井さんの若き日のことも書かれていて面白い。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 9月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2010年8月12日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★★☆☆
(読図の特集は、写真が多くてわかりやすい)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 9月号


特集は「気象遭難 低体温症の恐怖」。事例を挙げて気象遭難の発生した際の気象条件、パーティの装備やコンディションを分析・紹介している。その上で、対策をする上での心構えを提案して知っておくと役立ちそうなノウハウを記載。
ちょうど今くらいの高山は晴れると非常に気持ちが良いが、一度荒れると信じられないような吹雪にもなる。実は自分も4年前の10月上旬に北アルプスで吹雪に遭遇したが、あの真冬のような暴風と積雪には本当に驚きました。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 9月号

定価 1,000円 (952円+税)
発行 2010年8月12日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★☆☆☆
(ネタ切れの感が拭えない内容だが、注意を喚起する意味でも気象遭難の怖さを伝える特集は評価)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。