山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 2011年11月号


まず追悼から。岳人も山渓もイタリーの登山家ヴァルテル・ボナッティの死を報じている。ボナッティやメスナーは、やっぱり山をやってる人間にとっては憧れの存在です。。ご冥福をお祈りします。


第1特集は「山を読む こんどこそ身につける『地図読み』」。またまた読図の特集、今月は山渓も同じテーマで特集を組んでいますし、それだけ重要で必要性を強調しておきたい技術なのだと思います。微妙に切り口も違うので、山渓と合わせて読んでみると良いかもしれません。

「山道具を試す」では防寒着を取り上げている。防寒着はダウンや、ダウンの代わりに高機能な化繊を入れたジャケットなど、コンパクトに収納できるものが主流なのは変わらず、各メーカーは従来品を踏襲しつつ機能を高めた新製品を投入しているという。
ダウンジャケットなどは、普通は一度買うと数年は買い換えないと思うので、その間は情報集めもしなくなり、新製品や新シリーズが出ても気が付かないことが多い。
こうやって雑誌で取り上げてわかりやすくまとめてくれるのは、とてもありがたいです。

今回、別冊でマムートのカタログが挟まっている。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2011年11月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年10月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★☆☆☆
(来月は12月号、予告にあったパウダースノー特集に期待です!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2011年11月号


特集は、「基礎からの地図読み講座」。みごとに岳人と被りました! というわけで山渓と岳人の記事をどうしても比較したくなってしまうのですが、結論から言うと山渓の方が面白い切り口でした。
最初に迷いやすい場所を写真で紹介して、地形図ではその写真の場所がどのように表記されているのかリンクさせている。今回はその箇所だけをピックアップするのではなく、誰でも一度は歩いたことのあるメジャーなルートをまるまる例に使っているので、イメージしやすい気がしました(分かりやすそうに見えるのは、樹林帯じゃなくて岩稜帯を例に使ってるということもあると思うが)。会などの読図講習でも、講師やれとか配布するレジュメ作れとか言われたら、このネタをパクってみるといいかも!?
これから本気で読図をやってみたいという人は、岳人の手堅くまとめられた特集の方が参考になるかもしれません。

連載の「こだわり!山の小物インプレッション」はインスタントラーメンについて。
味にこだわりつつ、出るゴミの量や調理時間などで、いろいろなインスタントラーメンを評価している。意外と重宝しそうなデータです。ちなみに、チキンラーメンは味が濃いという理由で評価はあまり高くありませんでしたが、自分スノーピは一押しです!
(→ 山食レビュー チキンラーメン





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2011年11月号

定価 1,000円 (952円+税)
発行 2011年10月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★☆☆
(ギアトレックのツエルト特集も必見、そこそこ面白い記事が多い号でした)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
スポンサーサイト
091212_01_1.jpg


数年前までは山の防寒着の定番はフリースだった。もちろん今でも、通気性があることを活かし行動中の防寒着としては、まだまだ現役。でも、やっぱり重量もあり、どんなに圧縮しようとしても限界がある。
そこへいくと、多少用途が異なるが、軽くて嵩張らないダウンは魅力的な防寒着だ。

各メーカーも当然、様々なクラスをラインナップしている。いろいろありすぎて迷う。
まず用途を考えてダウン量などでクラスを決めれば、どのメーカーもそんなに違いはない気がする。あとは値段やデザイン、好き嫌いで買えばいいと思います。

自分の場合は、冬山のテント内、ビレイ時、小休憩時などでの着用を想定。300g前後のダウンが妥当だと判断し、この辺のクラスのものを探しました。
ノースフェイスのアコンカグア、マウンテンハードウェアのニトラス、パタゴニアのダウンセーター、モンベル製品なども検討しましたが、ちょうどセールで売っていたマーモットのトランスライトダウンに決めました。値段とメーカーで決めたという……。


この辺のダウンは軽さと暖かさの均衡がとれていて、冬に山へ入る人などに需要が多そうなので、今更ながら商品の感想など書いて見ます。



TRANS LITE DOWN JACKET (トランスライト ダウンジャケット)
― マーモット ―


高品質ダウンと軽さが売りのジャケット。マーモットは古くから高品質ダウン製品を作っていて、信頼・実績とも抜群(ただし、当製品はマーモットが企画、デサントがライセンス生産)。

 ┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 *30d×25d(デニール)ブライト中空リップで軽量
 *825フィルのホワイトグースダウンで軽量保温
 *ハンガリー産のホワイトマザーグースダウン
 *スタイリッシュでアクティブシルエット
 *防風性に加え耐久撥水機能
 *370g/メンズと軽快な着心地

 品 番:MJD-8141
 品 質:表地ナイロン 100%
     裏地ナイロン
     中綿ダウン   95%
       フェザー  5%

 メーカー希望小売価格:¥25,200(本体価格:¥24,000)

 マーモット
 http://www.descente.co.jp/marmot/index.html

 ┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏


■ ダウン品質
FP825というダウン品質はかなり高品質だ。ダウンの品質を示す単位FP(フィルパワー)は、数値が高いほど良いもので、一般的にFP600を超えれば品質が良いとされている。保温力などに違いが出てくる。

091212_02.jpg
左の腕にはコインポケットと825Fillという刺繍。これがダサカッコイイ


■ 着心地
ミドルダウンとしての使用が多くなると思うが、実際にアウターの下に着てみると、かなりモコモコな感じがする。でも、動きを妨げるほどのものではないので、慣れればどうということはなさそう。
テント場などではアウターとしても十分使える。撥水加工が施されているので、多少の雪や雨でも問題なく着られる。

091212_04.jpg
手洗いOK


また、ドローコードはポケット内にあり、岩などにひっかける心配がない。

091212_03.jpg
ポケット内のドローコード


■ 収納
ポータブル用の付属スタッフバッグはついていない。コンパクトにしたいのであれば、ポケットを裏返して収納してしまうことが出来る。
でも、ダウンはスタッフバッグ等に収納せず広げた状態で、ザックの隙間を埋めていくようにパッキングしていくのが良いと思う。

091212_05.jpg
ポケットにぐいぐい押し込めれば、DVDのケースぐらいの大きさになりどこへでも携行できる


■ 総括
悪くない。バーゲンで安かったしね。
でも、ちょっとモコモコすぎるかも。あとブロンズという色はちょっと失敗、なんかうんこみたい。

夏山の防寒着としても使えないこともないよ。
街でも着られる。


と、こんな感じです!!






rakuten.jpg
★ TRANS LITE DOWN JACKET (トランスライトダウンジャケット)★


関連記事
『岳人』11月号
2009年10月15日発売 定価800円

メイン特集は「山にひそむ危険」。いや、ひそんでいないじゃん、あからさまじゃん、というぐらい山は里に比べるとリスクが高い。ということで、装備しておくべき道具、身に付けておくべき技術を紹介している。搬出訓練やセルフレスキューは、山岳会に属していると何回でも講習を受けることになる。それとは別に、救命講習は受講しておくべきだと思う。
※以前、スノーピも救命講習に参加したので、良かったら参考にしてください→救命講習

あと今月号は、クリス・ボニントン氏との対談「わがクライミング人生に悔いなし」が面白かった。素晴らしい方なので、ぜひ立ち読みでもいいので読んでみて下さい。というか、彼の講演会に行きたかったな~。。。






『山と渓谷』11月号
2009年10月15日発売 定価880円

「山はひとりで」という特集。一人で山へ入ることのメリットとデメリットを分析、その上でデメリットの克服方法を提案している。ヤマケイなので、無雪期の縦走やハイクにおける単独行を想定した内容だ。ちなみに単独のメリットとしては気楽さや計画に縛られないことなどで、デメリットとしてはアクシデントの対処や荷物が重くなることなど (まあ、記事を見るまでもなく想像がつくことだ)。

メリノウールについての記事は面白い。化繊の驚異的な進化の前に、自然素材はその欠点ばかりが目立ってしまっていた時期があった。だけど自然素材もきちんと進化していたのだ、と思わせてくれる内容だ。個人的には、中間着や防寒着などはともかく、靴下だけはウールに代わる素材はないと思っている (特に革靴の時)。



関連記事
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。