山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ローゼンメイデン (「週刊ヤングジャンプ」 にて連載) が最終回を迎えました。

まずは、原作者のPEACH-PIT先生に 「お疲れ様 & ありがとうございました」 と言いたいです。


ローゼンメイデン FINAL TALE


読後感は目覚めの良い朝みたいにとても爽やかな、それでいて、わずかに残った幸せな夢の余韻が切ないような、そんな気分です。

最終回とか関係なしに、しばしの間、この想いに浸っていたいです。




最終回 - FINAL TALE -


まいたジュンは今、大きな目標を掲げて邁進中。
その目標とは、失われた真紅のローザミスティカを新たに創り出し、真紅を目覚めさせること。 ジュンはこれから世界中を廻る旅に出るという。

旅立つジュンの姿は、バーズ版 (『Rozen Maiden』) のラスト、真紅のボディを取り戻すために出立するシーンとも重なります。

でも今回は一人で扉を開くのではなく、他のローゼンメイデンたちのドールと一緒です。

この旅について語られることはもうないかもしれませんが、ジュンたちならきっと、成し遂げられる気がします。


         _/ _/ _/_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


2002年に始まったローゼンメイデンたちの物語も、これで一旦おしまいです。

PEACH-PIT先生は他にもいくつかの着地点・着陸姿勢を考えていらしたと思いますが、今回の終わり方はその中でも最良の選択だったのでは!?と思えるくらい、綺麗にまとまっていました。


でも、本当に終わってしまうのですね。

これが望みうる最高の最終回の形であろうことは疑いの余地もありませんし、惜しみのない拍手を送りますが、それでも連載が終わってしまうという現実のもたらす喪失感やさみしさは、やはりどうしようもないところです。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

カラー扉絵



扉絵 ローゼンメイデン FINAL TALE
ローゼンメイデン最終回 カラー扉絵 <週刊ヤングジャンプ 2014年8号掲載>


7人のローゼンメイデンたちが描かれています、みんな幸せそうな表情です。

このイラストに描かれたモチーフは読者の願いでもあり、同時に、薔薇乙女を創った人形師ローゼンの望みでもある気がします。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

雪華綺晶


幸せそうな雪華綺晶を見ることができた、というのも嬉しいです。
これは 「最良の最終回」 と感じさせてくれる大きな要因だと思います。


真紅の鞄で眠る雪華綺晶に対して発せられるジュンのセリフが印象的です。

最終回 眠る雪華綺晶

安心して目をつぶって眠る雪華綺晶の姿は、生まれたての動物みたいです。


 「……よかったなおまえ、初めてゆっくり眠れるんだな」

このジュンのセリフと描かれた絵は、(逆説的)に 『新装版 Rozen Maiden 第7巻』 の扉イラストを想起させます。

それは鞄に入ることもなく夢を見ることもできず、ただ体を丸め虚空の一点を見つめるだけの雪華綺晶の姿を描いたイラストで、今回の雪華綺晶とは対照的でした。

新装版 Rozen Maiden 第7巻 扉イラスト
『新装版 Rozen Maiden 第7巻』 の扉イラスト

                 ◆       ◆       ◆

それと、
世界を廻る旅の門出で、雪華綺晶がまかなかったジュンに対して 「少しだけ、いってきます」 と言った場面も感慨深いです。

雪華綺晶にも、帰るべき場所ができました。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

水銀燈


水銀燈は現実と対峙します。

現実世界は、あくまで冷徹な中立性を貫く。
死の病を抱えた人間の命を容赦なく奪っていきます。

娘を失い自失するめぐの父親と黒い天使


めぐの父親は、我が子の治療費を稼ぐため仕事に没頭して、見舞いに行けなかったことで娘には憎まれ、妻には出て行かれる。 そうやって自分の人生の全てを注いできたが、結果的にめぐを救うことはできなかった。
子どもが助からないことは最初から分かっていたことだし、自分では覚悟を決めていたつもりだったけれど、「その時」 が実際に来るまでは目をそらして逃げていた、とめぐの父親は悔い自分を責める。

めぐパパは、基本的に誠実で優しい人なのだと思います。
出て行っためぐの母親に娘の死を知らせれば少しでも自分の心の負担を減らせそうですが、既に関係のなくなった人間に余計な精神的負担をかけさせることをよしとはせず、自分一人で抱え込む。 めぐパパはそういう人のような気がします。

それだけに、閉ざした扉の向こう側で静かに一人で壊れていくみたいな。。


現実問題として、めぐの父親には何が残るのだろう、と思う。
彼はこれからの人生、何を心の支えとして生きていくのだろう。


 「貴方の罪は私が持っていくわ」

と水銀燈は、めぐの父親に告げる。


このセリフからは、真紅の言った 「誰もおきざりにしないこと、誰もひとりにしないこと」 、めぐとの約束 「死んでも一緒だわ」 など、水銀燈がいろいろな人達から受け取ってきた想いを感じ取ることができる気がします。

めぐパパにとっても水銀燈にとっても、悲しみや痛みを分かち合うことのできる相手がいることは心強いと思います。


やがて水銀燈は 「さようなら」 を言い残し、立ち去る。


「さようなら」 と水銀燈は言う
このコマ、「水銀燈がめぐパパの命を奪った」 ように見えなくもないかも??



    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

金糸雀


めぐパパのこれからのことを考えると水銀燈も暗澹たる気持ちになってしまうと思いますが、そんな水銀燈にとって金糸雀の明るさは救いなのかもしれません。

最終回の金糸雀
この二人、本当に仲がいいです


読者としても、この作品での金糸雀の存在はいろいろと救いでした。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

雛苺


雛苺も無事に戻ってきました。
また、今回は雛苺が大学生ジュンと初顔合わせします。

ジュンのぼりをまだ続けていて、一見すると何も変わってないように見えますが、随分と成長しているのだと思います (より難易度の高いジュン・クライミングに挑戦中!、とか)。

オディールと巴が仲良くなって文通をしている、という描写も良かったです。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ジュン


まかなかった大学生のジュンはもちろん、まいた中学生のジュンも絶好調です。

まいたジュンは鏡がない場所までも出口にしてしまったりと、すっかりnのフィールドに精通しています。
もう、ラプラスの魔とも互角にかくれんぼとか出来そう。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ラプラスの魔


そのラプラスの魔ですが、てっきり最後に登場してなんか口上を述べると思いこんでいましたが、結局、姿を表さず終いでした (そのことで逆に意表を突かれました)。

いたらいたで、いなかったらいなかったで、人の心をかき回す方です。


ラプラスの魔
最終回に姿を見せてくれず少しさみしかったので、ラプラスの魔



むしろ今回は、最終回ということで場面もめまぐるしく移り変わり、まるで読者が 「ラプラスの魔の視点」 で物語を見ていたような気もします。

それは、ラプラスの魔が読者に仕掛けた最後のいたずらなのかもしれません。




<FINAL TALE>
掲載: 週刊ヤングジャンプ 2014年8号 / 1月23日(木)発売
ページ数: 29ページ




これからのローゼンメイデン


- 2014年 -

■ 1月30日 【ゲーム】 『ローゼンメイデン Wechseln Sie Welt ab』 発売
■ 2月19日 【BD/DVD】 『(新アニメ)ローゼンメイデン 第7巻』 発売
■ 4月 【コミックス】 『ローゼンメイデン 第10巻 (最終巻)』 発売
■ 未定 【画集】 発売

【連載中のローゼンメイデンのスピンオフ作品】
■ 『ローゼンメイデン dolls talk』 (漫画:かるき春)
  「りぼん」 にて連載中
■ 『まいてはいけないローゼンメイデン』 (漫画:ちょぼらうにょぽみ)
  「となりのヤングジャンプ」 にて2014年1月28日まで連載
  → http://tonarinoyj.jp/manga/maitehaikenai/


         ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷


ローゼンメイデン完結記念として、プレゼント企画もあります。
PEACH-PIT先生の色紙などが抽選で当たります。
参加するには、「週刊ヤングジャンプ2014年8号」 に付いてる応募券が必要です。

応募締め切り 2月6日(木) 当日消印有効


ヤングジャンプ2014年8号 ローゼンメイデンのプレゼント企画

         ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷


関連記事
スポンサーサイト
RozenMaiden newanime tale6

Anime-TALE 6 / 下弦の月まで

作ってしまえばいい、ぼくだけの人形を・・・


ローゼンメイデン第6話です。

今回で、コミックス 『ローゼンメイデン』 の第1巻分が終わり2巻の内容へと入っていきます。
(つまりコミックス1巻を読むだけで、これからアニメを見始める方も問題なくストーリーについて行けます!)


今回の内容


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

<あらすじ>

真紅と水銀燈は相変わらずケンカをしている。 2人とも帰るべき場所・やるべきことを抱えているのに、この世界に足止めされてイライラしているようだった。 2人のやりとりや店長の言葉で、ジュンは自分が正しくない世界にいるような気がしてくる。 そんな折メールが届き、送り主がジュンを唆す。 そして「新・少女のつくり方」は開かれる。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


真紅のぜんまいを巻いたことで全てはうまく行くと思い込んでいたジュンに、翳りが見え始めます。

いずれ闇は拡大し、ジュンの心をすっぽりと呑み込んでしまうかもしれない・・・ (満月に生じた陰りが徐々に拡がっていき、やがて下弦や新月になっていくみたいに)。 そんな不吉な予感さえよぎるような内容でした。

今回のサブタイトル 「下弦の月まで」 は、ジュンの心の変化のことでもあるのかもしれません。



大学生ジュンと真紅



 「今からでもできることってないかな、過去を変えて今を変えるために」

とジュンは真紅に問いかける。


この時に初めて、真紅は大学生のジュンが思っていたよりもずっと深刻な状況に追い詰められていることに思い至ったのかもしれません。

質問された真紅がハッとしたような表情をして、その後、居住まいを正して世界の分岐について説明し始める姿が印象的でした。


まかなかったジュンは自分の手で扉を開けて外に出たし、裁縫の技術や知識を評価してくれる 「かわいいガールフレンド」 もいるし、このジュンなら大丈夫と真紅もそれまでは高をくくっていたようにも見えます。

元々、まかなかった世界にアリスゲームを持ち込む気はなかったみたいですし、なによりこの世界で自分の生活を営んでいる大学生のジュンを巻き込みたくなかったので、一貫して真紅はまかなかったジュンに対して冷淡にも見える態度を取ってきました。


一方で、真紅自身も時間や気持ちにゆとりがなく、ジュンを気遣う余裕がなかったという側面もあると思います。


まかなかった世界の真紅

まかなかった世界にいる真紅は、もともとは塩ビ素材のパーツで作られたレプリカです。

それぞれの世界にそれぞれの自分がいるジュンたち人間とは違って、ローゼンメイデンのドールは世界を超えて一体しか存在できません。 「真紅」 と言ったら 「真紅」 で、まいた世界でもまかなかった世界でも同じ個体を指します (プログラム言語のグローバル変数みたいな感じで)。

なので、レプリカだろうと二人の真紅が存在するとなると不具合や矛盾が生じ、いずれ、その歪みを解消しようとする世界の意志・力によって真紅は一人に戻されます。 どちらか一方だとすれば、存在も定義もあやふやなレプリカの方が消去されるということになります。

真紅は世界が自分を消去しにかかってくるその前に、何かを為そうとしているようです。


レプリカと言っても、水銀燈も気付いていませんでしたし、少なくとも外見など表面上は本物とほとんど変わらないようです。

ちなみに水銀燈は体も本物です。


真紅と水銀燈

相変わらずケンカが絶えない二人。


真紅と水銀燈の戦い アニメTALE6
部屋を散らかしてジュンに怒らたからか、飛び道具なしでのケンカ


今回は、お互いに力の媒介となるマスターが不在であること、他に優先してやるべきことや帰る場所もある等の理由から、消耗を避けたい二人は休戦協定を結びます。

これはおそらく、有史以来の快挙です。
また、部屋主のジュンも一安心です。


新しい人形

ジュンはついに、真紅の言いつけを破って送り主も不明な 『新・少女のつくり方』 を作り始めます。
もっとも、送り主不明だったという点では 「無印 少女のつくり方」 も同様ですが。

今回の第6話は、ジュンにとっては踏んだり蹴ったりで散々でした。
そんなジュンの凹んだ心に付け込むように送られてきた、甘い言葉で誘惑するメール……。

すでにこの時点で、ジュンには選択肢がないようにも見えます。


『新・少女のつくり方』 を開くジュン
真紅が眠りにつくのを見計らって、禁断の 『新・少女のつくり方』 を開くジュン




斉藤さんの所属する劇団


斉藤さんの所属する劇団は、実は舞台の本番まで一週間を切っています。

おそらくジュンが手伝いに行った日は (曜日はわかりませんけれど) 本番直前の最後の土日だと思います。

そういうわけでみんな最終調整や通し稽古で忙しく、衣装アドバイスに来てくれたジュンへの対応もままならず、そのことでジュンは少なからず疎外感を覚え、ちょっとセンシティブになってしまったかもしれません。


斉藤さんの兄

斉藤さんのお兄さんは劇団の構成員というわけではなく、大道具作りなどの手伝いをするためだけにこうして時々、劇団の集まりに顔を出すみたいです。 妹思いの兄です。

今回、同じくヘルプに来たジュンを半ば強引に連れて行き大道具作りをさせますが、初めての場所で居づらそうにしているジュンを見て、居場所と手持ち無沙汰にならない程度の作業をあてがったのだと思います。

実際に猫の手も借りたいほど忙しかったのかもしれませんが、こういう作業は多分、初めて来たよく知らない人に教えるよりは自分一人でやってしまった方が楽で速いハズなので、やはりジュンへの配慮だと思います。


ジュンの周りには結構好意が満ちていて、温かい手も差し伸べられているはずですが、ジュンはまだ気づこうとしていないだけなのかもしれません。

Rozen Maiden カラー序 気づこうとしなければ


坂本座長

原作では坂本座長が 「ジュンくん」 と呼びかけて、それにつられる形で斉藤さんもジュンを下の名前で呼ぶようになるのですが、アニメ版では座長は 「桜田君」 と呼びかけます。

坂本座長みたいに、初対面でもいきなり下の名前を呼び捨てにしたりアダ名をつけてくる方は実際に結構お見かけするので、ここは原作通り 「ジュンくん」 のままでも良かった気はします。

座長の呼びかけが 「桜田君」 に変えられたことでこの人の印象が弱くなりましたし、その後の斉藤さんの 「ジュンくん」 が取ってつけたような感じになった、というのが正直な感想です。



『てのひらの人形』 第5話


絵本『てのひらの人形』


絵本第5話目です。

「マトリョーシカというんだよ」と叔父さん。
ロシアで買ったんだって。
人形の中に人形が入っていて、
全部で七つが入れ子になってるんだって。

「一つの人形が、
一つの願い事を叶えてくれるんだよ」
と叔父さんは言った。




次回予告


第7話 「存在した時間」
放送日 : 2013年8月15日 (TBS)

http://www.tbs.co.jp/anime/rozen/story/index-j.html#story07




< アニメ TALE 6 「下弦の月まで」 >

・放映日: 2013年8月8日(TBS)
・登場人物: 桜田ジュン、店長、斉藤さん、水銀燈、真紅、斉藤(兄)、坂本瞳
・原作範囲: 『ローゼンメイデン』 TALE4, 5, 6



[ ブログ内関連ページ ]
2013年の「ローゼンメイデン」新アニメ 7月よりTBS系列にて


関連記事
RozenMaiden newanime tale5

Anime-TALE 5 / 天使の黒い羽根

見れば分かるでしょ、水銀燈よ


ローゼンメイデン第5話です。

水銀燈が登場し、まかなかったジュンの周囲も騒がしくなって来ました。
ただし、それは本当に手に入れたものではなくあくまで一時的なものである、とも仄めかされます。


今回の内容


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

<あらすじ>

図らずもまかなかった世界へやってきた水銀燈は、運悪く真紅と鉢合わせてしまう。 例によってケンカを始める2人だが、nのフィールドへ通じる扉も既に閉じられ、行く宛もない水銀燈は、同じく取り残された真紅との共同生活を余儀なくされる。 真紅たちの話し声をよそに、水銀燈は屋根の上で一人、マスターのめぐを想うのだった。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


今回、まかなかったジュンは2件の異世界からの来訪を受けます。

1件目は水銀燈です。 まかなかった世界への出現は、水銀燈本人も真紅も予想外だったようです。
2件目は「新・少女のつくり方」という本です。 真紅は警戒していますが、ジュンは興味津津です。 この本は水銀燈の登場とは全く関係なく、第3者的な存在みたいです。



水銀燈



  雪華綺晶にさらわれためぐを追って、病室の鏡からnのフィールドへ飛び込む


これが、原作旧シリーズで描かれた水銀燈の最後の姿です。


その次に水銀燈が姿を現すのが、まかなかった世界のジュンの部屋、今回の話です。

水銀燈はnのフィールド内にある 「ガラクタ置き場」 の扉を片っ端から開けて探しものをしていたところ、この世界の、しかも真紅もいる部屋へ 「偶然」 来てしまったということです。

さらに、その一瞬だけ開いた 「イレギュラーなウサギの穴」 はその後すぐに塞がれて、ただの鏡に戻ってしまい、水銀燈はnのフィールドへ戻ることが出来なくなってしまいました。


風呂場の鏡
一時的にnのフィールドに繋がった風呂場の鏡


ともあれ、とりあえず水銀燈もまかなかったジュンの家に住むことになりました。 真紅と一緒に。
なので、めぐ探しの旅は一時おあずけです。


柿崎めぐ

めぐが水銀燈のマスターです。

めぐは先天性の難病を患っていて、生まれた時から長くは生きられないだろうと宣告されています。
外へも出られず、ずっと入院生活を送っているようです。


難病や障がいのある子どもを持つ家族に多大な負担がかかることはめぐも知っていますし、そのことで出て行ってしまった母親を恨む気持ちは特にないようです。

その分、全てが父親にのしかかっていることも承知していますが、感謝や申し訳なさ、自分の存在の否定、さみしさといった気持ちが複雑に入り乱れて、忙しい合間を縫って時々お見舞いに来てくれる父親をいざ目の前にすると、自分でも予期していないような言動がふと出てしまうようにも見えます。

10代半ばの少女が抱えこむにはあまりにも過酷で複雑で膨大な感情ですし、それを然るべき場所へ導くような水路をまだ自分の中に確立できていません。


そんな時に、めぐは水銀燈と出会います。


水銀燈とめぐ

生まれた時から既に自分に組み込まれていたこと (難病、あるいはアリスゲーム) を自分だけの問題と受け止めてしまい、しかもそれらを適切に処理するためのシステムや手段を持ちあわせておらず、そのうち抱えきれなくなって自分の中から (かなり歪んた形として) 溢れさせてしまうあたりは、水銀燈とめぐの共通点かもしれません。

水銀燈はめぐの処理しきれなかった問題を引き受けつつ (マスターの心はドールに流れ込む)、めぐの歌によって自分も癒されていきます。


  
契約

夕日に赤く染まる病室で、2人は正式に契約を結びます。

水銀燈とめぐの契約 thumbnail


原作を読んだ時はなんとなく冬の夜のイメージを持ちましたが、夕焼けの中の契約もドラマチックでした。

その契約を結んだ直後、雪華綺晶がめぐを連れ去ります。
もう少し余韻が欲しかったのですが、ある意味、雪華綺晶の無粋さも出ていてかえって良かったのかもしれません。

めぐは精神体を持っていかれて、現実世界の肉体は 「眠り」 続けることになります。


ともかくも、水銀燈のめぐを巡る長い旅がここに始まります。
その途中でまかなかった世界へ辿り着き、今回の水銀燈登場となったわけです。


からたちの花

めぐが歌っている歌は 「からたちの花」 です。

北原白秋の作詞、山田耕筰の作曲の唱歌で、You Tubeでもいろいろな方が歌う 「からたちの花」 が聴けます。

水銀燈は、この 「からたちの花」 を歌うめぐの傍にいると癒しの効果が得られるようです。

良い歌なので歌自体にも力がありそうですが、何よりも、この歌を歌っている時のめぐの穏やかな心が水銀燈に流れ込み、それで良い影響を与えているみたいに見えます。



『新・少女のつくり方』


ジュンの元に、新たに 「少女のつくり方」 が届きます。
その名も、『新・少女のつくり方』。

「新・少女のつくり方」
今回届いた 『新・少女のつくり方』 と 「元祖『少女のつくり方』」


値段も同じですし、パッケージのデザインもそっくりです。
真紅は、雪華綺晶の罠の可能性もあるから開けてはいけないと釘を刺します。

今のところ、まいたジュンが送ったものか否かは不明です。 というのも、現在は携帯電話でまいたジュンと連絡を取り合えないので。

今回は第1号だけ届きました。



『てのひらの人形』 第4話


絵本『てのひらの人形』


絵本第4話目です。

港の食堂で叔父さんはビールを飲んで、
私におみやげをくれた。
「ありがとう」と言って、
私はすぐに包み紙をやぶいて、
箱も開けてしまった。

箱の中には、
木でできたきれいなお人形がいたの。


おみやげは、やはり (なんとなく予想はしていましたが) 人形でした。
ただ、いわゆる 「お人形さん」 ではなくて、民芸品みたいな人形です。

てのひらの人形の人形
おみやげの人形

この人形は、あまり夜中に動き出しそうな感じがしません。


『てのひらの人形』 の絵本

ジュンがアルバイト先の書店で見つけます。
児童書コーナーと思しき場所に置いてありました。

本屋で見つけた絵本「てのひらの人形」
書店にあった『てのひらの人形』、例の船乗りの叔父さんの話です


普通に市販されている本なのか、それとも 『少女のつくり方』 みたいな特別な本なのかは分かりません。
ジュンは、ただ 「人形」 というワードに惹かれて手にとってみたようです。



次回予告


第6話 「下弦の月まで」
放送日 : 2013年8月8日 (TBS)

http://www.tbs.co.jp/anime/rozen/story/index-j.html#story06



< アニメ TALE 5 「天使の黒い羽根」 >

・放映日: 2013年8月1日(TBS)
・登場人物: 桜田ジュン、店長、斉藤さん、水銀燈、真紅、雪華綺晶、柿崎めぐ
・原作範囲: 『ローゼンメイデン』 TALE4、 『Rozen Maiden』 PHASE23, 28, 29,33,35,37,43(回想シーン)



[ ブログ内関連ページ ]
2013年の「ローゼンメイデン」新アニメ 7月よりTBS系列にて


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。