山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 2011年12月号


第2特集は「パウダーを楽しむ山スキー」。パウダーならニセコじゃん、とは言わず、この特集では敢えて本州の、それも神楽、根子岳、戸隠などアプローチの良い目のメジャーなルートを紹介。この特集が目当てなら、特に目新しいことも載っていないので、今回の号は買う必要はないと思われる。しかし、岳人でこの特集が組まれると、いよいよシーズンに入るということを実感させられる。

MOUNTAINEERING SEMINARのシリーズ『続・山の法律学』、12回目の今回は「リスクとは何か」というテーマです。「安全」とは、社会的・法律的・あるいは経験的に危険性が少ないと判断される時に用いられる概念にすぎず、事故が起こらないことと同義ではない、と記事を書いている溝手氏は言う。
溝手氏はリスクの周知とリスク管理に言及し、原発問題も例として取り上げている。あくまで一つの解釈ではあるが、山に関係なく読み物として楽しめる記事だと思う。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2011年12月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年11月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★★☆☆
(初冬は装備選びも迷う季節、そんな方はぜひこの号の第一特集を読んでみてください)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2011年12月号


特集は「冬山を始めるための3つの選択」。岳人も似たような特集を組んでいるが、この季節なら当然だ。記事にも書いてあるが、やはり未経験の人が雪山へ登るには、山岳会に入るのが一番手っ取り早いし、ステップアップも確実にできるし、お金もかからないと思います。
岳人の記事はある程度の雪山経験者向けで、この山渓の記事は無雪期オンリーだった人向けです。

山道具を紹介する「ギアトレック」では、インサレーションをとりあげている。ダウンや化繊などの中綿入りで、小さく収納できる防寒着。ミドルレイヤーとしても、また晴れている時の休憩時などにはアウターにもなる。年々フリースの影が薄くなって、ちょっとさみしい今日この頃・・・。

今回、yamakei onlineでアンケートを実施した「あなたはどの登山用具ブランドがお好き?」の集計結果も載せている。2691件の回答があったとか(自分もプレゼント欲しさに応募しました・・・)。年代別・性別ごとに雨具やザックや靴の嗜好傾向を調査したもので、正直、大体予想はできる結果でした。。興味がある方は読んでみてください。

12月号は恒例のカレンダーがついているので、定価は100円増しの1,100円。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2011年12月号

定価 1,100円 (1,048円+税)
発行 2011年11月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★☆☆
(次号は1月号恒例ふろく「山の便利帳」がつくので、売り切れ注意です)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
スポンサーサイト

『岳人』 2011年10月号


第1特集は「ぼくらの山スタイル」。ブームで登山者が増えているというが、数ある登山の一形態にすぎないハイキングや縦走だけが山の楽しみ方だと思ってる人が多い、ということを受けて組まれた特集なのだと思う。もちろん、無理にバリエーションルートや本チャン壁をやれと言ってるわけではなく、そういう楽しみ方もありますよ、という特集。
第2特集は、「酒と温泉、ときどき山」。

今回、面白く読めた記事は、マウンテニアリング・セミナーの「山の水の飲み方」。記事前半は、山の水ソムリエのような論評が光る。ちなみに花崗岩で削られた水が、美味しいとのこと。後半は、沢の水と感染症について。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2011年10月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年9月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★☆☆☆☆
(特集のネタに困る季節、なのだと思います。連載ものは役に立つ情報や技術論ばかり)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2011年10月号


特集は、「わたしだけの北アルプス絶景紅葉」。北アの紅葉スポットや見頃になる時期を紹介している。載せている写真が綺麗です。また、秋に3000メートル峰に入山する時の装備や注意点についても言及している。

山のトイレの仕組みでは、山小屋の排泄物の処理方法(主に3つ)や、その問題点を挙げている。また、登山者個人が排泄することで、環境にどのようなインパクトを与えるかも記述。わりと気軽にしてしまう"小"でも注意が必要だ、と記事は言う。

連載記事「山の論点2011」の第21回である今回は、「地形図があぶない!」というタイトル。電子化されて気楽に閲覧できるようになっている地形図。しかし、書店で購入できる紙の地形図には表記されている送電線が電子版では削られている、という。読図の際に重要な目印となる送電線をなぜ国土地理院は削除したのか、興味ある方はぜひ記事を読んでみてください。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2011年10月号

定価 1,000円 (952円+税)
発行 2011年9月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★☆☆☆
(読み物として面白いですが、定期購読されている方以外は買わなくてもいいかも、と思える号)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事

『岳人』 2011年9月号


第1特集は「単独行」。単独行を推奨しているわけではなく、どのような楽しみがあるのかなどを紹介している特集。自分も夏山の一週間程度の単独での縦走は好きです。もちろん夏とは言え単独ならではのリスクも生じるわけで、救助現場からの視点でリスクを語っている。
池田常道氏と遠藤甲太氏の対談では、「なぜ人は単独行に魅かれるのか」について日本の文化にまで言及し理由をこじつけているが、はっきり言うと(失礼なのだけど)意義のある対談とは思えないし、話の内容も面白くありませんでした。

MOUNTAINEERING_SEMINARの、「続・山の法律学(9)事故の予見性」は興味深い記事です。リスク・テイキングである登山行為の中では避けがたい事故、その法律的解釈についてです。事故発生の蓋然性が低いと判断できる状況でも、実際に事故が起こってしまうと、事故の可能性を無視した無謀な行為である、と人間は捉えてしまうものだと筆者は言う。それにより法律的解釈も決定されてしまう・・・。
ガイドをやっていなくても、リーダーとして他人にアドバイスしたり状況判断する立場に置かれることは誰にでもあり得ると思います。ぜひ、この記事を一読してみてください。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2011年9月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年8月12日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★☆☆☆
(個人的に興味あるルートなどの紹介がないのでさみしいですが、読んで損のない号です)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2011年9月号


特集は特集は「近くてよい山、谷川岳」。谷川岳や白毛門あたりの一般ルートや、ナルミズ沢などいくつかの沢ルートも紹介している。谷川岳と言えば一ノ倉沢の本チャンを思い浮かべる人も多いと思うが、登攀ルートは概要と歴史に触れるにとどまる。谷川岳は東京からも近いですし一般ルートは整備されていてお気楽なので、この特集を参考にしてふらりと出かけてみるのもいいかも。

連載の「こだわり!山の小物インプレッション」はインナーシーツについて。記事の書き手は中根穂高氏。基本的にはシュラフの中に入れて使用。沢やルート開拓で着替えも出来ず、土などで汚れたままシュラフに潜り込む時などシュラフ自体は汚さなくて済むので便利、と中根氏は言う。実は使ったことないが、気楽に洗濯出来るらしい。その他、山小屋で毛布替りに使用したりや暑い時にはこれだけで眠ることができるなど、シュラフカバーと似たような使い方もできる。自分は当分買わないと思うけど、結構便利そうな道具です。

「2010年の山岳遭難を分析する」では、警察に提供してもらったという遭難データを公開している。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2011年9月号

定価 1,000円 (952円+税)
発行 2011年8月12日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★☆☆
(物足りなさも感じるが、悪くもない号です)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。