山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ローゼンメイデン (「週刊ヤングジャンプ」 にて連載) が最終回を迎えました。

まずは、原作者のPEACH-PIT先生に 「お疲れ様 & ありがとうございました」 と言いたいです。


ローゼンメイデン FINAL TALE


読後感は目覚めの良い朝みたいにとても爽やかな、それでいて、わずかに残った幸せな夢の余韻が切ないような、そんな気分です。

最終回とか関係なしに、しばしの間、この想いに浸っていたいです。




最終回 - FINAL TALE -


まいたジュンは今、大きな目標を掲げて邁進中。
その目標とは、失われた真紅のローザミスティカを新たに創り出し、真紅を目覚めさせること。 ジュンはこれから世界中を廻る旅に出るという。

旅立つジュンの姿は、バーズ版 (『Rozen Maiden』) のラスト、真紅のボディを取り戻すために出立するシーンとも重なります。

でも今回は一人で扉を開くのではなく、他のローゼンメイデンたちのドールと一緒です。

この旅について語られることはもうないかもしれませんが、ジュンたちならきっと、成し遂げられる気がします。


         _/ _/ _/_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


2002年に始まったローゼンメイデンたちの物語も、これで一旦おしまいです。

PEACH-PIT先生は他にもいくつかの着地点・着陸姿勢を考えていらしたと思いますが、今回の終わり方はその中でも最良の選択だったのでは!?と思えるくらい、綺麗にまとまっていました。


でも、本当に終わってしまうのですね。

これが望みうる最高の最終回の形であろうことは疑いの余地もありませんし、惜しみのない拍手を送りますが、それでも連載が終わってしまうという現実のもたらす喪失感やさみしさは、やはりどうしようもないところです。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

カラー扉絵



扉絵 ローゼンメイデン FINAL TALE
ローゼンメイデン最終回 カラー扉絵 <週刊ヤングジャンプ 2014年8号掲載>


7人のローゼンメイデンたちが描かれています、みんな幸せそうな表情です。

このイラストに描かれたモチーフは読者の願いでもあり、同時に、薔薇乙女を創った人形師ローゼンの望みでもある気がします。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

雪華綺晶


幸せそうな雪華綺晶を見ることができた、というのも嬉しいです。
これは 「最良の最終回」 と感じさせてくれる大きな要因だと思います。


真紅の鞄で眠る雪華綺晶に対して発せられるジュンのセリフが印象的です。

最終回 眠る雪華綺晶

安心して目をつぶって眠る雪華綺晶の姿は、生まれたての動物みたいです。


 「……よかったなおまえ、初めてゆっくり眠れるんだな」

このジュンのセリフと描かれた絵は、(逆説的)に 『新装版 Rozen Maiden 第7巻』 の扉イラストを想起させます。

それは鞄に入ることもなく夢を見ることもできず、ただ体を丸め虚空の一点を見つめるだけの雪華綺晶の姿を描いたイラストで、今回の雪華綺晶とは対照的でした。

新装版 Rozen Maiden 第7巻 扉イラスト
『新装版 Rozen Maiden 第7巻』 の扉イラスト

                 ◆       ◆       ◆

それと、
世界を廻る旅の門出で、雪華綺晶がまかなかったジュンに対して 「少しだけ、いってきます」 と言った場面も感慨深いです。

雪華綺晶にも、帰るべき場所ができました。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

水銀燈


水銀燈は現実と対峙します。

現実世界は、あくまで冷徹な中立性を貫く。
死の病を抱えた人間の命を容赦なく奪っていきます。

娘を失い自失するめぐの父親と黒い天使


めぐの父親は、我が子の治療費を稼ぐため仕事に没頭して、見舞いに行けなかったことで娘には憎まれ、妻には出て行かれる。 そうやって自分の人生の全てを注いできたが、結果的にめぐを救うことはできなかった。
子どもが助からないことは最初から分かっていたことだし、自分では覚悟を決めていたつもりだったけれど、「その時」 が実際に来るまでは目をそらして逃げていた、とめぐの父親は悔い自分を責める。

めぐパパは、基本的に誠実で優しい人なのだと思います。
出て行っためぐの母親に娘の死を知らせれば少しでも自分の心の負担を減らせそうですが、既に関係のなくなった人間に余計な精神的負担をかけさせることをよしとはせず、自分一人で抱え込む。 めぐパパはそういう人のような気がします。

それだけに、閉ざした扉の向こう側で静かに一人で壊れていくみたいな。。


現実問題として、めぐの父親には何が残るのだろう、と思う。
彼はこれからの人生、何を心の支えとして生きていくのだろう。


 「貴方の罪は私が持っていくわ」

と水銀燈は、めぐの父親に告げる。


このセリフからは、真紅の言った 「誰もおきざりにしないこと、誰もひとりにしないこと」 、めぐとの約束 「死んでも一緒だわ」 など、水銀燈がいろいろな人達から受け取ってきた想いを感じ取ることができる気がします。

めぐパパにとっても水銀燈にとっても、悲しみや痛みを分かち合うことのできる相手がいることは心強いと思います。


やがて水銀燈は 「さようなら」 を言い残し、立ち去る。


「さようなら」 と水銀燈は言う
このコマ、「水銀燈がめぐパパの命を奪った」 ように見えなくもないかも??



    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

金糸雀


めぐパパのこれからのことを考えると水銀燈も暗澹たる気持ちになってしまうと思いますが、そんな水銀燈にとって金糸雀の明るさは救いなのかもしれません。

最終回の金糸雀
この二人、本当に仲がいいです


読者としても、この作品での金糸雀の存在はいろいろと救いでした。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

雛苺


雛苺も無事に戻ってきました。
また、今回は雛苺が大学生ジュンと初顔合わせします。

ジュンのぼりをまだ続けていて、一見すると何も変わってないように見えますが、随分と成長しているのだと思います (より難易度の高いジュン・クライミングに挑戦中!、とか)。

オディールと巴が仲良くなって文通をしている、という描写も良かったです。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ジュン


まかなかった大学生のジュンはもちろん、まいた中学生のジュンも絶好調です。

まいたジュンは鏡がない場所までも出口にしてしまったりと、すっかりnのフィールドに精通しています。
もう、ラプラスの魔とも互角にかくれんぼとか出来そう。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ラプラスの魔


そのラプラスの魔ですが、てっきり最後に登場してなんか口上を述べると思いこんでいましたが、結局、姿を表さず終いでした (そのことで逆に意表を突かれました)。

いたらいたで、いなかったらいなかったで、人の心をかき回す方です。


ラプラスの魔
最終回に姿を見せてくれず少しさみしかったので、ラプラスの魔



むしろ今回は、最終回ということで場面もめまぐるしく移り変わり、まるで読者が 「ラプラスの魔の視点」 で物語を見ていたような気もします。

それは、ラプラスの魔が読者に仕掛けた最後のいたずらなのかもしれません。




<FINAL TALE>
掲載: 週刊ヤングジャンプ 2014年8号 / 1月23日(木)発売
ページ数: 29ページ




これからのローゼンメイデン


- 2014年 -

■ 1月30日 【ゲーム】 『ローゼンメイデン Wechseln Sie Welt ab』 発売
■ 2月19日 【BD/DVD】 『(新アニメ)ローゼンメイデン 第7巻』 発売
■ 4月 【コミックス】 『ローゼンメイデン 第10巻 (最終巻)』 発売
■ 未定 【画集】 発売

【連載中のローゼンメイデンのスピンオフ作品】
■ 『ローゼンメイデン dolls talk』 (漫画:かるき春)
  「りぼん」 にて連載中
■ 『まいてはいけないローゼンメイデン』 (漫画:ちょぼらうにょぽみ)
  「となりのヤングジャンプ」 にて2014年1月28日まで連載
  → http://tonarinoyj.jp/manga/maitehaikenai/


         ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷


ローゼンメイデン完結記念として、プレゼント企画もあります。
PEACH-PIT先生の色紙などが抽選で当たります。
参加するには、「週刊ヤングジャンプ2014年8号」 に付いてる応募券が必要です。

応募締め切り 2月6日(木) 当日消印有効


ヤングジャンプ2014年8号 ローゼンメイデンのプレゼント企画

         ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷ ◆ ÷


関連記事
スポンサーサイト
ついに、週刊ヤングジャンプで連載中の 『ローゼンメイデン』 が最終話を迎えます。

『ローゼンメイデン』 の最終話は、来年1月23日(木)に発売される 「週刊ヤングジャンプ 2014年8号」 に掲載予定です。



《TALE 65》 の最終話の告知
《TALE 65》 の次回告知欄より


            *       *       *

『ローゼンメイデン』 は 『Rozen Maiden』 に続くローゼンメイデン・シリーズ第2弾として、2008年4月より連載を開始。 約6年間、月イチのペースで週刊ヤングジャンプに掲載されました。
今回はとりあえず、このシリーズ第2弾の連載が終了となります。

一読者として、良い作品を描き続けて下さった原作者のPEACH-PIT先生にはお礼を申し上げたいです。 そしてお疲れ様でした。


でも、
2002年にスタートして、来年で12周年を迎えるローゼンメイデン・シリーズ自体に終止符が打たれるわけではない、とひそかに思っています (というか願っています)。


ローゼンメイデンとはまたどこか新シリーズなり外伝なりで、ひょっこりと出会えるような気もします。
ある日突然、ヤングジャンプで連載が始まった6年前みたいに。。




ローゼンメイデンに思いを馳せるのは楽しかったです。


            *       *       *

ローゼンメイデンについてあれこれ考えている時に、どうしても避けては通れないのが人形師ローゼンの存在です。

薔薇乙女やアリスゲームが抱えている矛盾や方向性の不透明さから、若き日のローゼンの苦悩や葛藤をうかがい知ることできる気がします。
多分ローゼンは神でも超人でもなく、まして自分の娘たちに残酷な運命を与えて喜ぶようなサディスティックな狂人ではなく、 (たまたま人形を創作する技術と錬金術を身につけていただけの) ごく普通の青年だったのだと思います。

ローゼンは究極の少女という心象に形を与えるという誘惑にとらわれて、ただ衝動 (最も原始的で純粋な創作意欲) に突き動かされ、後先も考えずにローゼンメイデンのドールたちを作っていったのかもしれません。 自分の作り出した人形たちに心が宿り、のちに、彼女たちに大変な苦悩を抱かせることになろうとは予想だにせず。

それというのもローゼン自身、自分で納得できるものを作れず、全然余裕がなかったと思うので…… (究極の少女という観念を形而下に引っ張り出す、という目的で人形を作り始めたのに、最後の7人目の人形には物理的肉体を与えないという本末転倒をやらかしたことからも、ローゼンの余裕のなさが窺える)。


            *       *       *

PEACH-PIT先生がローゼン (お父様) の人形創作について、どのようなお考えをお持ちなのか (あるいは解釈されているのか) とても興味があります。
そういうわけで、ぜひ新シリーズなり読み切りを期待したいです。


いずれにしましても、2014年1月23日の 「ローゼンメイデン」 最終話を静かに受け止めたく思います。





『Rozen Maiden』 と 『ローゼンメイデン』 の略年譜
2002年8月12日「コミックバーズ2002年9月号」 発売
『Rozen Maiden』 序章・前篇 掲載 ―― ローゼンメイデン・シリーズがスタート
2004年10月7日アニメ「ローゼンメイデン」 放映開始
計4回アニメ化されるローゼンメイデンの、記念すべき第1作目アニメ
2007年5月30日「コミックバーズ2007年7月号」 発売
『Rozen Maiden』 Phase 43 (最終話) 掲載 ―― 原作・シリーズ1の連載終了
2008年3月19日「週刊ヤングジャンプ2008年16号」 発売
それまで何の関係もなかったYJに突然、綴込み 『少女のつくり方』 掲載
2008年4月17日「週刊ヤングジャンプ2008年20号」 発売
『ローゼンメイデン』 TALE1 掲載 ―― タイトルと掲載誌・出版社を変えて連載再スタート
2014年1月23日「週刊ヤングジャンプ2014年8号」 発売
『ローゼンメイデン』 TALE 66 (最終話) 掲載予定



関連記事
RozenMaiden newanime tale1

Anime-TALE 1 / アリスゲーム

まきますか まきませんか


ついに、ローゼンメイデンの新アニメが始まりました!

静かに流れるBGMと明度や彩度を抑えた色づかいが印象的な作品で、駆け足で展開していく物語さえも、淡々とした雰囲気に包み込んでしまうように感じられました。

まずは何より、丁寧に描かれたローゼンメイデンの登場人物たちの動く姿を見られることが嬉しいです。


今回の内容


今回のアニメTALE1 は原作 『Rozen Maiden(旧シリーズ)』 のダイジェストで、全7巻(全46話)を25分に凝縮したものです。

ダイジェストと言っても本筋の要約というよりは、登場人物紹介を主眼としているみたいに感じました。
7人のドール、全員の顔見せがあったのも良かったです。


  ジュンはゼンマイを巻く、
  すると、彼の運命と世界は動き出す。



130705_03.jpg
今回のジュンの選択は「まきます」


今回は来週からの「本編」に備えての導入編なので、きれいな絵や音楽を楽しめばそれでいいと思います。
この回だけで、内容を理解しようとする必要は全然ないです (なにしろ原作は連載11年目を迎える長編ですし、それに対して30分の映像だけで伝えられることなんてごくわずかです)。


「まかなかった世界」 へ繋がるポイント


とは言え、せっかくなので 「まかなかった世界」 へと繋がるポイントも抑えておいた方が良いとは思います。

アニメTALE1 は30分のプロモーション映像ではありません。
やはり、れっきとした第1話として作られたからには、単に登場人物や作風の紹介のみならず、視聴者に把握しておいてもらいたいことも描かれていたはずです。


次回からスンナリ話に入るためのいくつかのポイント

※ これから本編でも回想などの形を使って描かれると思うので、ここに挙げるいくつかはネタばらしを含む可能性があります。

   赤色の文字・・・今回の話で描かれていたこと
   グレーの文字・・・アニメで描写はなかったけど重要だと思われること

  • ジュンが「まきます」を選ぶ
  • 蒼星石が斃れ、そのローザミスティカが水銀燈の手に落ちること
  • 雪華綺晶は実体を持たないアストラル体の人形
  • 実体のないままだと現実(物質)世界へ出てこられない
  • 雛苺が雪華綺晶に器を奪われ、真紅にローザミスティカを託す
  • 真紅もまた雪華綺晶に搦め捕られて、動きが取れなくなってしまう
  • 蒼星石のボディが消失すること
  • 水銀燈がめぐと契り、雪華綺晶がめぐを連れ去ってしまうこと
  • 全ての鏡が「nのフィールド」への出入口と成りうるわけではない
  • 最後、ジュンが自分の手で扉を開ける選択をすること


130705_07.jpg
ジュンが扉を開けたことで物語は大きく展開する、次回以降のお楽しみです

あと、真紅と水銀燈の仲が悪いこともちょっとミソです。


内容や演出に関して、その他


その他感想です。

演出については、特にラプラスの魔の使い方が上手いと思いました。
冒頭でいきなり、正装をしたうさぎが鼻歌を歌いながら手紙をしたため封蝋を施す様は、何も知らない視聴者の興味も引きつけると思います。
最後も上手く〆ていて、凝縮されたダイジェストを一気に観て混乱したかもしれない視聴者の意識を、次回へ向けさせるような流れを作れていたと思います (溢れた水を導くみたいに)。

金糸雀のほふく前進が遅くなっているところや、他の姉妹が窓ガラスを割って侵入してくる中、水銀燈だけがスマートな手品みたいに抜けるところとか、そういう細かい演出も面白いです。

ジュンの部屋に大きく貼られたくんくんポスターの演出も気が利いています。

くんくんポスター
くんくんも今夏に新シリーズが開始です! (もちろん作中で)


BGM


アニメ旧シリーズと同じ光宗信吉さんが作曲されました。
映像の色調や絵の風合いに合った新しい曲が使われています。 アレンジ曲も入ってたかもしれませんが、わかりません。

水銀燈の桜田家襲来時の曲や、人形師ローゼンの工房から巴の家に映像が切り替わる時の曲などが好きです。


声を当てるのは、旧アニメシリーズと同じ声優さんたちです。

声のトーンが映像の風合いにマッチしています。
色調に合わせて声域を調整し、適切なトーンを選択しているのかもしれません (雪質や温度に応じてスキー板のワックスを変えていくみたいに)。 数年を経たので声質そのものの変化もあるかもしれませんが、それは好ましい方向への変化だと思います。

初登場した雪華綺晶の声、次回予告をした店長と斉藤さんの声も合っていると思います。



ちょっと気になったこと


予想以上に綺麗な絵でしたし、雰囲気もとても良かったです。
アニメの第1話、大満足でした。

一方で、気になった点もあります。

是非とも見たかった (見せて欲しかった) 場面が結構いろいろ削られてしまったのは残念ですが、それは尺がカツカツで仕方のないことです、どうしようもありません。

でもせっかく入れたシーンにも、インパクトをあまり感じられないというのが多かったです。 怖さや残酷さがなく、どこまでも平坦に中立的に 「事実」 のみが描かれた気がします。 なんというか、歴史の教科書を読んでるような淡白さを感じました。

無駄に残酷なのは自分も嫌いですが、アリスゲームはローゼンメイデンの根幹部分で、残酷さと悲劇性がないと物語自体の説得力を失ってしまう気がしたので、その点はちょっと気になりました。


もっとも今回はダイジェストで歴史絵巻をイメージして作られたのかもしれませんし、また、『りぼん』にも連載されている漫画なので幅広い年齢層が視聴する可能性を考えれば、それも仕方ないのかもしれません。


まとめ


原作を忠実に再現するめに 「余計な解釈を入れなかった」 ことで分かりづらい部分もあり、そこら辺は賛否両論あると思います。
ただ、これで新しいアニメシリーズの志向や方針がなんとなく見えた気がします。

満足できた1話ですし、これなら次回からの展開にも期待できると思いました!





< アニメ TALE 1 「アリスゲーム」 >

・放映日: 2013年7月4日(TBS)
・登場人物: 桜田ジュン、水銀燈、金糸雀、翠星石、蒼星石、真紅、雛苺、雪華綺晶、柏葉巴、結菱一葉、桜田のり
・原作範囲: 『Rozen Maiden』 序章前編・後編, PHASE 1 ~ 43, EXTRA PHASE



[ ブログ内関連ページ ]
2013年の「ローゼンメイデン」新アニメ 7月よりTBS系列にて


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。