山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ソウルスライド2011



『ソウルスライド 2011』


テレマークスキーの唯一の専門雑誌『ソウルスライド』が発売!

年に一度刊行されるソウルスライドも、6号目となりました。
もちろん今回も内容充実のDVDつき!!これで1500円は安いです。


■ 付録DVD

まずは付録のDVD。
ソウルスライドのDVDは毎号充実していますが、今回は、特に充実してます。

「The Haute Route」
1トラック目はオートルート。本誌と連動してした企画。
サースフェーからツェルマットを通って、シャモニに至るクラシックルートの完全制覇の記録を収めている。

でも!、誰もテレマークを履いていない!!
でも、本場アルプスの雄大な景色には魅了される!

ちなみに、"Haute Route"(仏)を翻訳サイトで英訳すると、"High Road"(英)となります。

「藤川健のBumps Bumps Bumps」
フジケンさんが、バンプを滑りまくる映像。
自分は去年に引き続き今年もバンプを課題にしているので、個人的に超ミラクル・クリーンヒットな企画です!
観てるだけでも面白いです、これ。

やっぱり、フジケンさんすごい!

「TAJ公認指導員合格へのステップ」
公認指導員を受験する人へ向けた企画だが、初心者にとっても、大変参考になると思われる企画。

というのは、指導員は誰にでも分かりやすいようにお手本を滑る必要に迫られる。
なので、抜重で伸び上がったり体重移動したり、板をフラットにしたり切り替えたり、はっきりと様子が分かるように、確実に滑れることも公認指導員試験の採点基準になっている。

このDVDの映像もその採点基準に則して、オーバーアクション気味でゆっくりな滑りを意識してくれている。初心者から自分の滑りを確認したい経験者まで参考になると思う。
また、連動企画なので、詳細を本誌でじっくり読むこともできる。


その他、白馬の樹林帯滑走や大雪山のバーンを滑走するシーンなど、見ているだけでテンションが上がりそうな映像が満載!


ソウルスライド2011付録DVD


  [DVD]
  ALLリージョン
  片面一層
  16:9



■ SOUL SLIDE 本誌

「激ファットスキーテスト2011」では、栃内譲氏や川上敦氏など4名がファット板のレビュー、レポートを書いている。いざ太板に挑戦!という時には、間違いなく参考になる。4名による座談会の記事もあり。

技術特集の「TAJ公認指導員合格へのステップ」は、本格的な技術指導の特集となっている。プルークボーゲンやテレマークターン、悪雪では必須となるステップ・ターンなど、それぞれの要領が記され、陥りやすいミスを箇条書きにして示している。さらにアドバイスや、良い例と悪い例の連続写真も掲載、相当わかりやすい内容となっている。

他にもツアーの記録やテレマーカーたちの生態など、モチベーションを高めてくれる記事がいっぱい!

年に1号しか出ないですし、テレマークをやる人なら買っておきたい1冊です。




    ●A4変型
    ●140ページ・DVD64分
    ●1,575円(税込)
    ●2010.11.12 発行
    ●出版社: スキージャーナル<公式ページ






関連記事
スポンサーサイト
091117_1.jpg 今年で4回目となるTAJ主催のテレマーカーズナイト

南岸を通過する低気圧が東京に冷たい雨を降らせた17日の夜、テレマーカーズナイトが開催された。会場は、神田ici clubの6階にあるイベントスペース「EARTH PLAZA」。

去年は12月中旬だったから、今年は1ヶ月早い。


雨ということもあり足が鈍り、一般参加者は10人ちょっとぐらい。スタッフも含め、顔見知りの方が結構多かったです。
今回は、メーカーや代理店の営業さんによる製品のプレゼンがメイン。それと、スクールを主宰している指導員やスキー場・宿泊施設の関係者から、近況やPRなどもありました。


<内容>
1、TAJスタッフの紹介と挨拶
2、メーカー・代理店から製品のプレゼンテーション
3、スキー場・スキースクールからの情報
4、交流会
etc


メーカーからの製品プレゼンテーションの内容

・ピープス
ビーコンとゾンデ棒について。ピープス・DSPの性能の良さは多分みんな知っているから、そんなに説明しなくていいのでは、と思うくらい、念入りにDSPの性能アピールとビーコン自体の説明をして下さいました。しかし、デジタルでこれだけ捜索範囲が広いのなら、もうアナログの優位性は無いに等しい気がする。
それと、ビーコンを取り巻く環境の変化にも言及。許される周波数の誤差が年々厳しくなっていて、認められる帯幅は狭くなってきているそうです。

・ブラックダイヤモンド
ブラックタイヤモンドからテレブーツが出ました!プレゼンしたのはNTNではなく、通常のテレブーツ。お膝元のアメリカでは去年発売になり、今年から日本でも買うことが出来るようになりました。メガワットのようなお化け板を出してるメーカーだから、志向的には太板を強引に操作することを想定したカチコチに硬いブーツだとか。
板もモデルチェンジしていたのですが、今回は説明なし。
それとシールが新しいアタッチメントを採用して、いろいろな太さの板に対応できるようにしたそうです。取替え・買替えの手間が省けそう。

・スカルパ
同じくロストアローが取り扱うスカルパ。もちろんブーツについて。注目はT2Xの後継、T2 eco。形はT2Xと同じで、実質はマイナーチェンジですが、素材が植物由来の樹脂でエコになったのと、爽やかなライトグリーンの色が良いです。プラスチックの耐性は従来と変わらないみたいです。また、柔度も増したと営業の方は説明していました。T2Xも平行で販売されるが、随分と値段を下げています。
そういえば、去年はプッシュしまくっていたNTNのTXプロについては、リコール騒ぎもあってか全くプレゼンなし。

・ガルモント
シナG、ケナイ、ブードゥーの説明。ガルモントのブーツは3種の異なる硬さを組み合わせて、トリプルインジェクションというシステムで作っている、などというプレゼンをしていました。バックルの数を減らして軽量化を実現するとともに、操作の手間も省けるとしている。興味はあるけど、ケナイもブードゥーも、7万円代後半という定価。ちょっと厳しいよん。。

・K2
バックサイドシリーズを紹介。山スキーと兼用の板になってる。なので、ビンディングのネジ穴は自分で開けることになる。また、先端とテールに穴があって、専用シールの着脱はこの穴にひっかけるだけで済む。穴を使わないときは、カバーで塞いでおくことも出来る。バックサイドシリーズ、名前に「バック」が入るのはバックカントリー用で、歩くことも想定され設計されている。「サイド」がつくものは、サイドスタッシュを想定、滑り志向の板になっている。このシリーズは、先端とテールが反り上がっているロッカーを採用。

・ノースフェイス
ウェアの説明メイン。それと、バックカントリー用ザックのセーバーライダーのプレゼン。



091117_2.jpg 今年もズラリと新作がラインナップされたテレマークギア





 ←*→←*→←*→←*→←*→←*→←*→←*→
  日時 : 11月17日(火)18:00~20:00
  場所 : ici club 神田
  参加人数 : 10~20名
  参加費 : 参加自由・無料

  主催 : TAJバックカントリー部
 ←*→←*→←*→←*→←*→←*→←*→←*→



というわけで、いよいよシーズンイン!
みなさん、怪我などしないように安全に、でも存分にお楽しみください!!

関連記事
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。