山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
RozenMaiden newanime tale2

Anime-TALE 2 / 少女のつくり方

ぼくがいるべき場所は、きっとここじゃない


ローゼンメイデン第2話が放映されました。

原作に忠実なストーリーでありながら、音楽や演出による効果もあって、展開を知っていてもドキドキさせられました。 ミステリー&ホラーチックな回です!


今回の内容


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

<あらすじ>

大学生になったジュンは、アルバイト先の書店で一冊の本と出会う。 その表紙を開いた時から、ジュンの元へ次々に人形のパーツが届けられるようになる。 送り主も分からないままに人形を作り始めるが、過去の自分を名乗る者からのメールを受けた日、人形のパーツはもう送られてこないことを知る。 ジュンの手元には、未完成の人形だけが残された。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


今週から、「ぜんまいをまかなかったジュンの世界」 編突入です。


  ジュンは 「まきません」 を選ぶ。
  物語は立ち上がらない。
  彼はリアルの世界に、生身を晒していかなければならないのだ。



まきません
今回のジュンの選択は「まきません」、視聴者に分かりやすいようにボールペンの色を変える演出


原作で言えば 「TALE1」 全部と、あと 「TALE2」 の冒頭部分にあたります。
時間を割いて、1場面ずつが丁寧に描かれています。



桜田ジュン


「まきません」 を選択したジュンは、引きこもりを脱して大学生になっています。

中学生の時は 「引きこもりを脱する」 という自己実現の方法があり、ただその目標に向かっていれば前進できていたのですが、実際に自力で引きこもりを脱したのちは外の世界にも何もないことを知ってしまい、そこで目標を見失ってしまいます。 この大学生のジュンは中学時代より深刻にアイデンティティを欠損してしまっているように見えます。

そういう意味で大学生になったまかなかったジュンは、生まれながらにアリスゲームという過酷な宿命を背負わされているローゼンメイデンたちとは、より対比が鮮明になっています。

130712_09.jpg
歩き出したいのに、肝心の目標が見つからず苦しむ青年ジュン


「開けますか 開けませんか」

前回1話の最後でまいたジュンが扉を「開ける」という選択をしましたが、それに対応しているかのように、今回は本の表紙を「開く」ことで、まかなかったジュンがローゼンメイデンの世界へアプローチします。

                 ◆       ◆       ◆


もし 「まきますか、まきませんか」 のどちらにも答えず、そのまま紙を丸めて捨ててしまっていたら、今回の 『少女のつくり方』 との出会いもなかった・・・そんな気もします。



『少女のつくり方』


毎号集めると真紅が完成、創刊号はゼンマイが付いて1280円。

ジュンの元へ送られてくる、今のところは送り主が不明の雑誌。 ※ 作中でも (現実でも) 市販はされていません。

第2話は 「少女のつくり方」 休刊のお知らせが届いたところで終わります。 製作途中で休刊となったために、人形は未完成のままです。

ちなみに、現時点で足りていないパーツは 「頭部」「右足首部」 の2つ。

少女のつくり方 作りかけの人形
作りかけの人形、完成すると真紅になるらしいが……



斉藤さん


今回、印象的だったのが斉藤さんの演技です。

原作でも、その見事なまでのオーバーアクションぷりはジュンに感心されますが、アニメで声が付くとインパクト増大します!

演劇をやっているので普段から仕草がちょっとオーバーで、見る人に芝居がかった印象を与えるようです。

斉藤さん
将来有望な舞台俳優さん


何も知らない方が見ると、斉藤さんはなにか 「演技」 していそうなので 「裏がありそう」 みたいに思われそうですが、そんなことは全然ありません。

斉藤さんは、原作でも未だ下の名前は不明です。


店長


チャラいです、アニメだとチャラさ倍増です。
(演じてる声優さんが、店長の軽さといい加減具合を上手に演じていらっしゃいます)

ただ、店長も現代社会を生きる青年です。
彼なりに模索して今の生活を手に入れ、ささやかながら自分の領域をこの世界に確保したのだと思います。 ジュンは店長を否定しつつも、どこかそんな店長を羨ましいとも思っているかもしれません。

自分の世界の外にいる人間を認めようとしない点、また相手を下に見ることで領域を堅守しようとしている点も、自分の周りに壁を築いている今のジュンと似ている気がします。


店長は仲間内では人気ありそうですし、自分の領域内にいる仲間に対しては思いやりがありそうな印象です。


「私の叔父さんは船乗りだ」


船乗り叔父さんの絵本


途中、原作にはないアニメオリジナルで、絵本のような話が挿まれます。

私の叔父さんは船乗りだ。
魚を獲るために、世界中へ行くんだ。
その叔父さんが久しぶりに帰ってきた。

私は初めて港へ遊びに行って、
船にも乗せてもらった。
揺れる板の橋を渡るの。
甲板は少しなまぐさい。


今回はもう1シーン、アニメオリジナルの表現があって、やはりそこでも海が関係しています。

大学生のジュンが過去を振り返り、理想だった自分と現在の自分とが隔てられてしまっていることを痛感しているような場面です (ここは理想と現実の 「隔て」 を表現するために海峡という風景を出して、海によって隔てられた理想の地を、対岸から無力感に苛まれながら眺めている、と、とりあえずは解釈してみました)。

ジュンを隔てる海峡
海峡の場面、アニメオリジナルの表現です


「あの頃からやり直せたら」 というジュンのセリフが入りますが、その想いがnのフィールドとまかなかった世界を繋げた、みたいな感じにとれるように原作でも描かれます (ジュンが 「少女のつくり方」 と出会うのはこの直後)。


この海峡のシーンで女の子の笑い声が入るのですが、その声と「船乗り叔父さん」の絵本を朗読する声が同じようにも聞こえる気がしないでもなくもないです。 なにか繋がりがあるかもしれません (ないかもしれない)。


あと、ローゼンメイデン関連で船と聞いて思い出すのは、結菱一葉の双子の弟・二葉が乗っていた豪華客船ダイナ号と PHASE28 で描かれたデカルトの船と人形の話ですが、さすがにそれらは関係なさそうです。

無意識の海でジュンが見たもの
デカルトの乗った船、形からして時代が違います


また、世界中を駆け巡っていて時々帰ってくるという叔父さんが、世界を飛び回って骨董商を営むジュンやのりの両親を彷彿とさせられますが、それもあまり関係なさそうです。

いずれにしても、この絵本の続きはこれからもちょくちょくと本編に挿まれると思いますし、回が進むうちに自ずと謎も解けていくと思われます。


メール


過去の自分を名乗る者から送られてきたメール。

まいたジュンからのメール 原作版
雪華綺晶の力が強すぎて・・・うむ


ジュンは当然、イタズラか詐欺の類のメールだと疑う。
しかし、詐欺にしてはメールの内容が飛躍しすぎている。 突飛な話なだけに、逆にそこから緊迫感や真実味のようなものを感じとれる。 もちろん、そういう心理を突いた詐欺やイタズラである可能性は否定できない。

原作だと、このメールを受けとったところで第1話が終了となりました。



次回予告


第3話「真紅の目覚め」
放送日 : 2013年7月18日 (TBS)

http://www.tbs.co.jp/anime/rozen/story/index-j.html#story03



< アニメ TALE 2 「少女のつくり方」 >

・放映日: 2013年7月11日(TBS)
・登場人物: 桜田ジュン、店長、斉藤さん
・原作範囲: 『ローゼンメイデン』 TALE1,TALE2



[ ブログ内関連ページ ]
2013年の「ローゼンメイデン」新アニメ 7月よりTBS系列にて


関連記事
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。