山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今回は、去年の秀山荘のバーゲンで発掘・購入した「Maestro -マエストロ -」について。


           ◆           ◆           ◆

この「Maestro」はマウンテンハードウェア(以下、MHW)社が2006年に発売したザックで、同社が開発したエクゾダス・フレームというフレームシステムを採用している。
エクゾダス・フレームを採用したシリーズは、サイズの違うモデルが男女用それぞれ3種類ずつ、合計6モデルが用意された。いずれも中型~大型のザックで、この「Maestro」は男性用のうち2番目に大きいモデルに当たる(66リットル)。


maestro


衣類やテント、シュラフの先鋭的メーカーとして知られていたMHWが、初めてリリースしたザックがこのエクゾダス・フレームのシリーズ。また同時期に、こちらは日本でもお馴染みとなっているザック、スクランブラーやトランスなどのシリーズも発売している。


実はこの「Maestro」を始めエクゾダス・フレーム採用のシリーズ全モデルは、日本に上陸しませんでした(当時、MHWの代理店だったロストアローが輸入しなかった)。
ただ、興味を持った人や店舗が個人的には輸入していたみたいで、今回は秀山荘が独自に輸入したブツに出会い、手に入れることが出来た、という次第です。



手元にあるロストアローのパンフレットを確認してみると、『2006年春夏号(LOST ARROW spring/summer 2006)』で初めてMHWのザックがお目見えする(前述のスクランブラーやトランス)。しかし、そこにはエクゾダス・フレームの記載はない。

Lost arrow 2006 春夏号
MHWのザックが初お目見えした2006年春夏のロストアローのパンフレット


ロストアローがエクゾダス・フレーム採用モデルを輸入をしなかった理由は、革新的すぎた & 価格が高め & ゴッツすぎて日本人受けはしない と判断したから、と勝手に推測しています。


日本には入ってこなかったものの、エクゾダス・フレームのシステムはそれなりに注目の的だったらしく、『山と渓谷・2006年4月号』の特集「進化する登山道具」のザックの項でも取り上げられている。

エクゾダス・フレームについて書いた記事を引用してみます。

「マウンテン・ハードウェア社からは、同社初となるザック・シリーズがリリースされた。その中でもエクゾダス・フレームと呼ばれる、上下可動式ヒップベルト、まるで子供をおんぶするかのように肩から胸へと延びるハーネス・システム、そして背中の曲面に完璧に沿うように背面を湾曲させる"U-BAR"などなど、驚くべき機能が満載されたザックが発表された。」

(『山と渓谷・2006年4月号』・p45)



山と渓谷2006/4月号
『山と渓谷・2006年4月号』の特集「進化する登山道具」


  山と渓谷 2006年04月号 (Amazon)


この山渓の特集では、他にもアークテリクスの軽量ザック、グレゴリーのレスポンス・サスペンションシステムなどにも言及し、MHW社のエクゾダス・フレームなどと合わせて、2006年はザック界にとって大きなターニングポイントになるだろうと予測している。
(ただご存知の通り、この年の製品は、ザック進化の潮流にそれほどの影響を与えなかったように思える。その後もザックは、ひたすら軽量化を目指して現在に至る・・・気がする)


最初のシリーズをリリースした後、MHWはエクゾダス・フレーム式のザックは出していない。


エクゾダス・フレームは、ザックの進化の過程で、突然現れて突然消えていった印象を受ける。言わばザック界における“バージェスの動物群”みたいな存在なのかもしれない。





Exodus(TM) Backpack System エクゾダス・フレーム



■ エクゾダス・フレームとは


※Exodusとは『旧約聖書』の「出エジプト記」の意。


エクゾダス・フレーム
ある種の甲殻類を思わせるフレーム


エクゾダス・フレームとは、2006年にマウンテンハードウェア社が発表したザックの革新的なフレームシステム。容量の大きいザックに採用されている。
重いザックを剛性なフレームでしっかりと体に固定し、悪路でも安定感・バランスを得るとともに、上体の動きを極力妨げないようにする、という志向のもと設計されたようだ。

想定されている用途は、テント泊縦走など重い負荷を伴う"歩き”系ということになる。


【ルーツ】
上記の山渓の記事執筆者は、このエクゾダス・フレームのルーツは、ルイ・ラシュナルが1950年のアンナプルナI峰遠征時に使った帆布製ザックの背面システムにあるのかもしれない、と提示している。

ルイ・ラシュナルのザック
ラシュナルの帆布製ザック、制作したのはのちにミレー社を立ち上げるミレー兄弟

もちろん、これは一説にすぎない。



いずれにせよ、このエクゾダス・フレームシステム、愛用者は少なからずいて高い評価を得ているようだが、最初にリリースされたモデル以降、後継機は発売されていない。



■ エクゾダス・フレームシステムのメカニズム


エクゾダス・フレームのメカニズムについて、とりあえずマウンテンハードウェア社のサイトより説明文を引用してみます。


Mountain Hardwear's innovative Exodus frame is the first pack to provide excellent mobility and stability without restrictive tension. Our patented Fit-Lock harness and waist belt custom contour to the user's body and the stabilizing U-Bar controls the load without limiting range of motion. Pivoting joints on the waistbelt allow the frame to move with the body, maintaining exceptional control and balance.

(翻訳)
マウンテンハードウェアの革新的なエクゾダス・フレームは、体を拘束するような負荷なしで、素晴らしい機動性と安定性を提供する初めてのザックです。 私たちが特許を取得した「Fit-Lock ハーネス」と「ウエストベルト・カスタム」はユーザーのボディを形どるようにフィットして、「stabilizing U-Bar」 は体の可動領域を制限することなく、負荷を制御します。 ウエストベルトにあるピボットのおかげでフレームが体と一緒に動き、すぐれた制御とバランスを維持することができます。

http://www.mountainhardwear.com.np/exodus.html


要は 「ガッツリと体を固定しつつ、それでいて体の動きを妨げない」 というのがシステムの開発コンセプトのようだ。


そして次の3つこそが、エクゾダス・フレームのメカニズムの要となる機能だという。

1. U-BAR:
→ 肩にかかる荷重をコントロール・分散し、肩や腕や胴を動かしやすくする。

エクゾダス・フレームシステムのザックには、普通のザックについているロード・リフター・ストラップやトップ・ストラップに該当するものがない。このU-BARで背中の密着も調整することになる。

U-BAR
このシステムの最大の特徴である「U-BAR」

原文では、U-BARを以下のように説明している。
(引用) The proprietary U-Bar increases load control and balances the weight across the shoulder harness C-Curve yoke frees the shoulders and increases range of motion through the arms and torso.


2. FIT-LOCK HARNESS & WAIST BELT:
→ それぞれのユーザーの体型に合わせてフィット、形状を保つ。

実際にザックを背負ってみると、ハーネスによって、がっぷり四つに決められているような安定感を感じる。ハーネスの素材は低反発素材のようなものなので、負担は意外と軽減される。

FIT-LOCK HARNESS & WAIST BELT
「FIT-LOCK HARNESS & WAIST BELT」は低反発素材に似ている

以下、FIT-LOCK HARNESS & WAIST BELTの原文での説明。
(引用) Foam padding contours to each user's unique body shape, then a stiffening overlay secures the custom shape in place to avoid constant readjustment.


3. PIVOTING WAIST BELT:
→ 使用者の上体の動きを妨げることなく、バランスと負荷を安定させる。

山渓の記事がいうように、このザックを背負うと人をおぶっているような感覚がある。それでいて、この「PIVOTING WAIST BELT」のおかげで上体は動かしやすく、岩場やハシゴなどで腕を上げるのも苦ではない。

PIVOTING WAIST BELT
「PIVOTING WAIST BELT」により、上体は動かしやすい

原文での、PIVOTING WAIST BELTの説明。
(引用) Stays put on the hips and allows the frame to pivot with the torso. As the user's posture changes, the frame moves with the body, maintaining balance and load control. Pivoting design also allows a more natural, upright body position.




■ エクゾダス・フレームを採用したシリーズ、容量・重さ・価格


エクゾダス・フレームを搭載したモデルは、男女それぞれ3種類ずつ、合計6モデルがリリースされた。
いずれも素材やサスペンションは共通だが、サイズと重さ、それと弱干システムが異なる。

【素 材】  420D and 630D Cordura
【サスペンション】 Exodus Cruiser


エクゾダス・フレームシリーズには、機動性を重視したMOTIVE FRAME と 負荷を重視したCRUISER FRAME の2種類がある。


・MOTIVE FRAMES (機動性を重視)
The Motive frame is designed for backcountry and off trail use. Motive's free-floating design provides unrestricted mobility for medium weight loads and technical activities.
 採用モデル: Maestro and Harrier, Men's / Virtuosa and Kite, Women's


・CRUISER FRAME (負荷を重視)
The Cruiser frame is designed for traditional backpacking and trail-oriented use. The Cruiser's additional center stay attachment provides more leverage for excellent support with heavier loads.
 採用モデル: Solitude, Men's / Bliss, Women's



▼ 6種類のモデル名と、それぞれの容量・重さ、値段は以下の通り。

○ Solitude - CRUISER FRAME  ($119.70 - $399.00
容量・大きさ重さ
立方インチ (cu in)リットル (L)ポンド/オンス (lb/oz)グラム (g)
Medium4800796lb 2oz2778

○ Maestro - MOTIVE FRAME  ($170.52 - $379.00
容量・大きさ重さ
立方インチ (cu in)リットル (L)ポンド/オンス (lb/oz)グラム (g)
Small3700615lb 4oz2381
Medium4000665lb 12oz2608
Large4400726lb 4oz2835

○ Harrier - MOTIVE FRAME  ($197.37 - $349.00
容量・大きさ重さ
立方インチ (cu in)リットル (L)ポンド/オンス (lb/oz)グラム (g)
Medium3600594lb 8oz2041

○ Bliss - Women's - - CRUISER FRAME  ($161.05 - $399.00
容量・大きさ重さ
立方インチ (cu in)リットル (L)ポンド/オンス (lb/oz)グラム (g)
Small4400725lb 8oz2495

○ Virtuosa - Women's - - MOTIVE FRAME  ($184.48 - $379.00
容量・大きさ重さ
立方インチ (cu in)リットル (L)ポンド/オンス (lb/oz)グラム (g)
Small3600594lb 6oz1984
Medium4000665lb 3oz2353

○ Kite - Women's - - MOTIVE FRAME  ($148.03 - $329.00
容量・大きさ重さ
立方インチ (cu in)リットル (L)ポンド/オンス (lb/oz)グラム (g)
Small3300543lb 10oz1644



表を見てわかるとおり、このシリーズはザック自体の重さが結構ある。軽さこそ正義、という近年の登山用具開発の流れからは外れている。
それでも、驚くほど重いということでもないし(むしろこの昆虫のようなフレームを考えればよく重量を抑えてある)、堅牢剛性な作りは一度背負ってみると癖になる。今もなお、愛用者が多いのも頷ける。


ザックとしては値段が高い。アメリカでも実売価格は300ドル後半ぐらいのようだ。

独自に取り寄せて日本で販売しているショップは、大抵が4万円代の値段をつけている(秀山荘でも、41,895円をつけていた)。
輸送費や関税、手間暇を考えるとかなり良心的な値段設定だ。個人的に海外サイトで購入するより、簡単で安いかもしれない。

ただし、日本のショップサイトはもちろん海外サイトも、現在はどこも在庫なし状態で入手は困難のようです。
中にはプレミア価格がついてるショップもありました。





この記事は追加・修正をしていく予定です。


スポンサーサイト
今回はユニクロ製品について。


◆ ドライジャージ スリークォーターパンツ 2011年モデル





オススメ度: ★★★★★
価格: 1,990円 (期間限定価格1,290円)
考えられる用途:
クライミング・ボルダリング(ゲレンデ、ジム)、インラインスケート、普段着、寝間着..etc


速乾性ジャージ地の七分丈パンツ。
定価は1,990円で、今回は期間限定価格1,290円で購入しました。PUMAやアディダスといったメーカー品に比べると、4~5分の1程度の値段です。


もちろん安いものには理由があって、特にユニクロの場合、今までにも使えそうと思って買ったものが粗悪だったり、好きになれずにすぐに捨ててしまうことが多々ありました。

買う時の値段が数倍でも、しっかりした作りで無償修理してくれるブランド品の方が、結局長い目で見ればお得で・・・つまり、はっきり言ってしまうと、ユニクロ製品は「安物買いの銭失い」になってしまう可能性が高いと思っています(普段着なら全然問題ないのだけど、スポーツなど目的がある場合は使えないことが多い)。

その印象は今も拭いきれていませんが、少なくともこの製品に限って言えば使えます、素晴らしいと思います!



◆ 生地と機能


生地は速乾性のあるジャージ地(ポリエステル)。
透けると思えるくらい薄いですが、その分軽いです(約290g)。

素材



立体カットをダーツ縫いしてあって履き心地が良く、シルエットもいい。縫製はベトナム。
正直、ユニクロを見直しました。

立体ダーツ縫い
ダーツ縫い


体に接する部分も少なく設計されているとのこと。
実際、クライミングジムでキョンをしても膝はひっかかりがなく伸縮が楽です。

ユニクロ、エラいっ!!


裾にドローコードもついている。
留め具はプラスチックではなく小さな8字のゴムで、邪魔になりません。摩擦によってテンションをかけています。これで途中で緩んだりもせず、しっかり固定してくれます。

不安だったら、留め具を買ってきて交換してもいいかもしれません。

ドローコード
ドローコードの留め具のゴム(これが意外と操作性が良い)


インラインスケートをやる時も軽くて、速乾性があるので良いです。
ジョギングとか、あと自転車はやらないのでどういう当たり方するか分かりませんが、多分行ける、、と思う。



◆ 気になる点


→ 色
今回は、カラーはブラックとグレーを購入。
ユニクロ全般が好きになれない理由の1つにカラーがあるのですが、これもやはり良い色ではありません。
でも、ブラックだったら結構無難にトップと合わせられると思います。

→ リブが吸った汗
どこのメーカーにも言えることですが、腰のリブは他の部位に比べて厚めで、汗を吸収してしまうとすぐには乾いてくれません。

→ 謎のポケット
内に謎のメッシュポケットがついている(コインポケット?)。
それほど気にならないけど、邪魔だったら切り落としてしまっても良いかも。

内ポケット
謎のポケット



◆ 総評


速乾性があり、動きやすく設計されている。
デザインも個人的には好きです。

これで千円代というのは、驚くほどコストパフォーマンスが高いと思います。

オススメです!


売り切れたりモデルチェンジすると入手出来なくなるので、1枚や2枚くらい余分に買っても良いと思います。


JCBでカードを作ったら、プレゼントとしていただきました。
繰り返し使える“エコタイプ”のカイロとのこと。

(別にJCBの特許品ではなく、同じようなカイロは普通に売っています)


カエルカイロ
カエルカイロ

実際に使ってみると、凝固していく過程が面白い!


・・・でも、面白いだけでした、、残念っ!



  山で使えるか、持って行きたいか → NO

  普段の生活で使いたいか → NO

  エコだと思うか → NO



■ 残念っ!と思ったところ


もちろん暖かくなるし、お湯で元に戻して何度でも使うことが出来る。
問題ないじゃん、お得じゃん!

ノー
この「お湯で元に戻す」というところこそ、最大のネックです。


結晶化した状態から元のゲル状に戻すためには、お湯に入れて5~10分も沸騰させる必要がある (圧力鍋でカレーが作れるくらいのガスを使う)。

結構な量のガス、そして時間と水を使って得られるのがカイロのわずかな温もりだけでは、なんというか赤字決算も甚だしい。

アイデアは面白いかもしれないけど、カイロに求めらているものはもっと実用的で実際的なものだと思うのです。
冬山などでは電圧が下がらないように、電池を使う機器の保温のためカイロを使ったりしますが、この”エコカイロ”は非効率的すぎて論外です。

これだけ燃費が悪いと、山でだけではなく、普段も気軽に使えません……残念っ!



■ 使い方


カエルカイロは、ビニル樹脂の容器の中に、透明で(カエルの卵みたいな)ゲル状の液体が入っています。

これが初期状態です (使い捨てカイロで言えば、未開封のシャカシャカ振る前の状態)。


発熱させるには、液体の中に浮いている薄いコイン状の金属(トリガー)をパチンと押して、反りをかえすだけ。

トリガー
この金属がトリガー

1~数回繰り返してこのトリガーに刺激を加え続けると、突然、透明のゲル状の液体が白く結晶化して固くなっていきます (湖面に氷が張っていく様を、早送りで見ているような感じです)。

見た目的には、なかなか劇的な変化で感動する。
この時に発熱します。

カエルカイロの変化


10秒ほどで変身完了。
温度は50℃ほど、とのこと。
布にくるむと1時間ほど暖かさが続く、という。


時間が経ち熱が引くと、結晶化して固くなった状態のまま冷たくなります。
この白くて固い物体を再びカイロとして使えるように、つまり元のゲル状に戻すために、沸騰しているお湯に5分くらい浸けておくことになります。

カエルカイロ in 湯
お湯ぽちゃ!

※この時、ガスをケチって完全にゲル状に戻る前にお湯から出してしまうと、僅かに残った結晶が全体に広がってしまい、また最初からやり直すことになります。


1個だけではなく、5,6個まとめて放りこめば、まだ効率的なのでしょうけど・・・。

また、このビニル樹脂製のカイロを浸けたお湯で、お茶を淹れたり料理をする気にはなれません。 せっかく沸騰させたお湯も捨てるか、せいぜい掃除に使ったりする程度です。



■ 原理


内容液は、蒸留水と酢酸ナトリウム水溶液。

過飽和状態にある酢酸ナトリウム水溶液に刺激を与えて結晶化させる、その過程で生じる凝固熱を利用したカイロ……ということらしいです、原理的には。


興味がある方は、ぜひご自分で詳しく調べてみてください!




 < カエルカイロ >
  本体材質 :PVC
  内容液 :蒸留水、酢酸ナトリウム水溶液
  サイズ :115×80×15mm
  重量 :93g



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。