山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

普通救命講習IIを受講してきました。
実践的な応急手当を学べます。机上講習を少しやり、ほとんどの時間を心肺蘇生(人工呼吸、心臓マッサージ、AEDの使用方法)の実技で費やしました。

090720_01.jpg
月に1度、救命講習が開かれる麹町消防署



日時 : 2009年7月20日 13時00分~17時00分(4時間)
場所 : 麹町消防署
参加者 : 50人くらい(要予約)
費用 : 教材費として1,400円

予約は講習会の3日前まで受け付けているということですが、すぐに定員が埋まってしまうみたいです。
1ヶ月くらい前に電話で予約してください。


東京救急協会 講習会日程
http://www.teate.jp/k_kousyu/futsu_joukyu.htm



【内容】
■心肺蘇生
・人工呼吸
・胸骨圧迫
■AEDによる除細動
・AEDの使い方
■気道異物除去

実技では、50人が4班に分かれ、それぞれの班に教官がついて丁寧におしえてくれます。
数回繰り返し、最後に教官のチェックを受けるテストがあります。このとき、手順を間違えたり、心臓マッサージのテンポが早くなってしまったり……。
認定証は受講したみんながもらえます。
自動車免許を取るときの応急手当講習より当然丁寧です。

【所感】
山岳会に入っている人は、会でも応急手当講習をやると思いますが、搬出やその他の諸症状まで扱うと思うので、つい広く浅くなってしまいがちです。やはり、きちんと訓練用の人形も数が揃っていて、訓練用のAEDも備えてある消防署の救命講習を受けた方がいい気がします。

止血などは上級救命講習でやるのかな、ぜひこちらも受講したいものです。
関連記事
スポンサーサイト



| ホーム |