山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ローゼンメイデン tale37

TALE37 / 硝子の靴

あなたの存在が、みんなをイライラさせるの


■ 気付いたら、学校に来ても足が震えることはなくなっていて

月曜日の朝、巴が迎えに行ったときには、ジュンはすでに家を発った後だった。
巴は、通学路の途中でジュンに追いつく。


 「早いね」

 「早起きにも慣れてきたかな……」


転校生についてジュンは巴に尋ねてみる。
クラスメイトに興味を持てるくらい余裕も出てきたのだろう、と巴は考える。

ジュンが女子生徒に興味を持つ・・・。


 「桜田くん…自分以外のこと、背負いすぎていた気がするから…」

と巴は言う。

 「だからそういうの…良い事だと思う」


そうじゃない、自分はただ、めぐの上履きがゴミ箱に捨ててあったから気にしているだけだ・・・とジュン自身は、そう信じているようだった。


それから巴は、転入初日に、めぐがジュンに会うためにこの学校へ来たと言っていた事実を伝える。
だが、ジュンには全く心当たりがない。

いずれにせよ、気がつくと学校へ来ること自体には抵抗を感じなくなってきた。
自分は学校に馴染んできているのだ、とジュンは思う。


ジュンは、もう重くなくなった教室の扉を開ける。



■ ・・・また?

教室に入ると、好意的ではないクラスメイトの視線がジュンに集まってくるの感じる。
周りの空気の質が変わっていき、居心地の悪い空間が自分を覆っていく。


  …また? なんで…

以前も体験した、あの拒絶的な空間だ。


 「アレ、めぐちゃんの上履きだよね」

 「なんであの人の机に」


これか・・・

前日、ゴミ箱の中にめぐの上履きを見つけて、そのままにもしておけず、とりあえずジュンは自分の机にしまっておいた。
それが見つかり、誤解を受けてしまっている。

うまく筋道を立てて事情を説明出来そうにない。

おまけにこの空気に飲み込まれると声がうまく出なくなってしまい、手足の自由までも奪われる。そうやって人間を縛り上げ、支配してしまう種類の空間なのだ。

何も言えずに黙って立っているジュンの横では、誤解や憶測がさらに広がっていく。


そこへ予鈴と同時に、めぐ本人が教室に入ってくる。
上履きではなく、スリッパを履いていた。

それを見たクラスメイトは自分たちの推察の正しさを確信して、めぐに事の顛末を話す。


話しを聞いていためぐだが事態を飲み込むと、それはジュンがやったことではなく自分がやったことだと話す。ジュンは、自分の手違いで捨ててしまった上履きを親切に拾ってくれただけだ、と。

 「助かっちゃった、ありがと」


それでクラスメイトたちの誤解も解ける。
疑ったことを、みんなはジュンに謝る。


体育館での学年集会では誰も助けてくれなかったし庇ってくれなかったけど、今回はめぐがいた、と思うジュン。



■ 少女のつくり方

次の休み時間、礼を言おうと思った時には、もうめぐの姿は教室にはなかった。
だが、ジュンはめぐの行きそうな場所に心当たりがある。

屋上だ。
ジュンは急ぎ、屋上へ向かう。


途中、廊下で皆人に出会う。
ちょうどジュンを探していたところだと言う。

 「ジュンに聞いてほしいことがあって…」

 「ちょっとゴメン、今急いでて」


ジュンは、しかし取り合わない。

 「じゃごめん、今度なっ」


走り去るジュンを見送る皆人は、何かに取り憑かれているみたいに目も虚ろで表情を欠いていた。
皆人が肩から下げているバッグには、何かのケースが入っている。

『少女のつくり方』だった。



■ 本当はシンデレラだって迷惑してたんじゃないかしら

見上げると屋上の扉が開いている。

 「やっぱりあそこだ」


階段を駆け上ろうとしたジュンは、不意にバランスを崩して転倒する。
脱ぎ捨てられた上履きが落ちていて、それに躓いてしまったのだ。


 「王子様オーディションがあったら失格ね」

と、階段の上から声がかけられる。

ジュンが見上げると、めぐが立っていた。
開いた扉から差し込む光を背にしている。逆光になって、表情を読み取ることができない。

 「硝子の靴に躓くなんて、ありえないもの」


ジュンは転んだ拍子に足を挫いてしまったらしく、起き上がることが出来なかった。


 「僕、君にお礼が言いたくて…」

みんなの誤解を解いてもらったことを本当に感謝している、
とジュンは倒れた体勢のまま言う。

しかしめぐにとっては、そんなことはどうでもいいみたいだった。


 「ねぇ上がってこないの? いい天気よ」

 「…ちょっと…立てなくて…」

 「ふうん」


教室にいる時のめぐとは、雰囲気が違ってみえた。


 「目を閉じて いいって言うまで」

とめぐが言う。

 「私ね…あなたのこと、ちょっとだけ詳しいの」


ジュンは目を閉じる。

素足で廊下を歩く時の、ペタペタという粘着性のある足音がする。
めぐは階段を降りている。


 「あのね、あんな靴本当はいらなかったの、ねぇ…どうして拾ったりしたの?」

めぐの声は無機質だった。


それからジュンは何かが体に乗ってくる圧迫感を感じ、目を開く。
めぐの足が押し付けられている。


 「あなたってミジメよね、そうして床に這いつくばって」

ジュンを踏みつけながら、めぐは言う。

 「でも悪いのはぜーんぶあなた自身のせいなのよ、わかる?」


めぐの言葉は辛辣だった。
それはジュンに向けられた言葉だが、同時に、どうしようもできないめぐ自身の運命を呪う言葉にも聞こえた。


 「あなたの存在がみんなをイライラさせるの」



■ あやつり人形


 「あなたの存在がみんなをイライラさせるの」

めぐの言葉に、突然感情が宿る。


しかしそれは、めぐを糸で操っていた者にとっては不本意なことだったらしい。
余計なことをするなと言うように、糸を手繰って注意を促す。


 「なに?わかってるわ、大丈夫よ、手加減なんかしないから」

と、めぐはその場にいない何者かに応えた。




次回は39号(8/25発売)掲載予定


【 今回の概要 】
ようやく学校に慣れてきたジュンに、クラスメイトたちの猜疑の目が向けられる。その窮地から救ってくれためぐに礼を言うため、休み時間に屋上へ向かうジュン。そこで、普段とまるで様子が異なるめぐを目にする。めぐは何者かによって操られていた。



【 今回の考察 】

今回は《TALE 33》同様、ローゼンメイデンのドールたちが全く出てこない回でした。
しかし純粋に人間たちの物語とは行かず、そこには何者かの思惑が見え隠れする。

ジュンが人形たちの世界から少しずつ離れようとしてるのに対して、皆人は渦巻きに飲み込まれるように(あるいは自分から進んで)人形の世界へ引き寄せられている。また、めぐは何者かの(文字通り)操り人形になっていることが判明する。


▼ 柿崎めぐ

◇支配の程度

めぐが何者かに操られていることが判明する。

その何者かは、黒い衣装を着込んで天井裏に潜み本物の糸を使ってめぐを操っている・・・わけではなさそうです。操り人形のような描写があるけど、もしかしたらそれさえも象徴的に描かれたもので、実際は違う方法で操られているのかもしれない。
いずれにせよ、めぐは操られている。

ただ、

 「あなたの存在がみんなをイライラさせるの」

とめぐが言ったとき、操り手がめぐに何か注意を促している。
その後のめぐのセリフから、「余計なことはしなくていい」というようなことを操り手は言っていると推測できます。

つまりそれは、めぐ本人の意志で「操り手」の思惑にそぐわないことを言ったということで、めぐは意識まで完全に支配されているわけではない、ということになる。

常にめぐとしての意識があるのかはわからないが(病院での「お父様」発言など謎も多い)、少なくとも、例えば《PHASE 43》の濃い霧に出現した蒼星石などに比べると、支配力は全然弱いようにみえる。


あやつり人形
PHASE 28にもあやつり人形の描写が出てくる、今回とは関係なし?


◇操り手の思惑

めぐはジュンにイライラしている。
そこからは、憎しみさえ感じさせる。

そしてめぐは、一度も会ったことのなかったはずのジュンを良く知っていると言う。

 「私ね…あなたのこと、ちょっとだけ詳しいの」


「操り手」がジュンのことを知っているということなのか、その「操り手」を通してめぐ自身がジュンを知っているのかそれはわからない(おそらく両方だと思う)。

ここでは、めぐの「操り手」が雪華綺晶だと仮定

雪華綺晶は、マスターの資質を持つ者を連れ去り養分を吸い上げる。
ところがジュンは自分で扉を開けて、人形たちの世界から離れようとしている。《TALE 36》での翠星石とのすれ違いが示すとおり、ジュンはマスターの資質を失いつつあるように見える。

傷つけようとするのは、再びジュンを家に引きこもらせて、マスターとしての資質を取り戻させようとしているのかもしれない。しかしそれなら、朝の上履き騒動に便乗して、めぐに泣きまねをさせれば済んだことのようにも思えます。

それで済まさなかったのは、雪華綺晶は悔しさから復讐みたいなことを考えているのかもしれない。まかない世界のジュンとの契約を邪魔されたことに対しての「お返し」を・・・ (自分との約束を反故にした水銀燈に対して、めぐを隠すという嫌がらせをしたみたいに)。

(もしそうだとしたら、金糸雀にも相当なお返しを考えていると思われる)



◇めぐが踏むのは自分の影

朝の上履き騒動は、ただめぐ本人の意志で、ジュンを庇ったのかもしれません。
めぐは操られてるだけで、めぐ本人はジュンを傷つけるつもりはないのかも。というのも、2人は元々接点があるわけではないですし。
でも、やはりめぐ自身もジュンに苛立っているのは確かだと思います。


 「あなたの存在がみんなをイライラさせるの」

このセリフは前述のとおり、めぐ本人の意志で発したセリフだと思うので。


これは、ただジュンに対してというより、めぐが(ジュンの中に見た)自分の影に言い放ったセリフのようにも思える。

不治の難病のせいで自分が他人の負担になり、両親の夫婦仲も悪くなり、母親は耐えられずに出ていった。


めぐの思い出
めぐは自分のことを、みんなにとってのお荷物という


そんなお荷物で惨めな自分自身に向けられた言葉でもあるかもしれない。
めぐの心の中で一番暗くて冷たい場所から出てきた言葉なのだと思う。


*:'゜☆.:*:' *:'゜☆.:*:'*:*:'゜*:'゜*:'゜☆.:*:' *:'゜☆.:*:'*:*:'゜*:'゜*:'゜☆.:*:' 

めぐは以前、病室に活けられた切花に対しても自分を投影して、その花たちを激しく憎んでいた。 《→ EXTRA TALE


 「生首にされて…根もないくせに、枯れるのを待つだけのくせに…まだ咲いているの」

 「死にかけの死に損ない、いいえ、うまく生きられないんだから、生き損ないって言った方が合ってるかな」

*:'゜☆.:*:' *:'゜☆.:*:'*:*:'゜*:'゜*:'゜☆.:*:' *:'゜☆.:*:'*:*:'゜*:'゜*:'゜☆.:*:' 


めぐにとって、水銀燈が死を受け入れて諦観している(詩文的で美しい)面の自分の影だとしたら、ジュンは生を諦めきれず這いつくばっても生きようとする(散文的で醜い)面の自分の影なのかもしれません。


  天使 = 水銀燈 = 現実と死を静かに受け入れる「綺麗な」自分

  生き損ない = 切り花 = カエル = ジュン = 生にしがみついて這いつくばりながら、本当は何かに期待している「惨めな」自分


          ~  ☆  ~  ☆  ~  ☆  ~  ☆  ~


この3人は、3面鏡のようにお互いを映しあっているのかもしれない。

蒼星石は言う。

 「ジュンくんと水銀燈…そして彼女のマスターめぐ、あの3人は奇妙な糸で結ばれている」
TALE 36

心の庭師であり、影を追い求め・そして怯えていた蒼星石だからこそ気が付いた、3人の関係かもしれません。


めぐにとってジュンは、自分の認めたくない面の影・・・

もちろん、めぐ自身はそんなことには気付かない可能性があります。
めぐが意識できるのは、(自分でも理由のよく分からない)ジュンに対する苛立ちと憎しみだけです。

めぐはどこから来ているか分からない自分の中の苛立ちに、後付けの理由をかぶせて、自分を納得させるかもしれない。
罪のない切り花たちを、生首にされてる癖に生きているという理由をつけて憎んだみたいに、徹底的に。
それが、結局は自分自身(自分の影)を峻烈に攻撃しているのかもしれないことに気づくこともなく。


逆に考えると、雪華綺晶がジュンへの「刺客」としてめぐを選んだ理由がその自他をも傷つける攻撃性にあるのだとしたら、雪華綺晶の目的が見えてくる気もします。




▼ 鳥海皆人の「少女のつくり方」

皆人の元に「少女のつくり方」が届いたようです。
そして、ジュンに見てもらうため(?)学校へ持ってくる(前日、ジュンが翠星石を学校へ連れてきたことはさすがに知らないと思うけど、奇しくも、憧れているジュンと同じことをしたことになる)。

鳥海皆人と少女のつくり方
皆人が学校に持ってきた少女のつくり方、定価設定は安定の1280円


◇皆人の持つ少女のつくり方の中身

今まで本編では、2シリーズの「少女のつくり方」が登場した。
いずれも、まかない世界のジュンの元に届けられた。

1),「少女のつくり方」・真紅のレプリカ
真紅が奪われた自分の本体を取り戻すために、緊急避難先として送り込んだレプリカ。
あくまで模倣品だが、作り手によってはローザミスティカを入れると仮の体として使えるようになる。
ただしリスクも高く、また1週間という期限もついていた。

2),「新・少女のつくり方」・蒼星石の本体
雪華綺晶が第2の「家」として使うために、まかない世界へ送り込んだ蒼星石の本体。
他のドールのボディを自分のものとして利用できるのは、幽体である雪華綺晶ならではのようだ。


皆人の元に届いた「少女のつくり方」は、今のところ正体不明。

ただ、上記の2つのうち1)のレプリカとは考えづらい。雪華綺晶と雛苺を除く全てのドールは自分の本体に収まっていて、リスクを冒してレプリカに乗り移る必然性が全くないので。
2)のドール本体のパターンだとすれば、皆人の元に送られて来ているボディは消去法で雛苺のものとなり、送り主は雪華綺晶、皆人を何らかの理由で狙っているということになってくる。その場合、真紅の中の雛苺のローザミスティカが気づくのかベリーベルが反応するのか、または、雛苺の友達のボス猫が気づくのか・・・。ただ、以前この方法を使った雪華綺晶は、みすみす蒼星石のボディを失ってしまったので、今回は何かひねりを加えてくると思われる。

あるいは、1),2)のどちらでもなく全く新しいパターンかもしれません。
(次回以降のお楽しみ!!)


桜田ジュン(大)と少女のつくり方
真紅に止められていた「新・少女のつくり方」に手を出そうとしているジュン




<TALE 37>
掲載: 週刊ヤングジャンプ 2011年34号 / 7月21日(木)発売
ページ数: 28ページ
登場人物: ジュン、柿崎めぐ、柏葉巴、鳥海皆人
備考: カラー扉



[ 関連ページ ]
前回 ローゼンメイデン TALE 36
ローゼンメイデン原作の全話レビュー


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。