山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ソウルスライド2012



『ソウルスライド 2012』


今年もテレマークスキーの専門ムック『ソウルスライド』が発売!

年に一度刊行されているソウルスライドも、通巻7号目となりました。
もちろん今回も、内容充実のDVDが付いています。



■ 付録DVD

まずは付録のDVD。
5つのトラックが収録されています。


Trip 「Colorado 10th Mountain Trails」
コロラド州 10th Mountain Trails のツアー記録。 レポートは永島ヒデさん。
このエリア名は、第2次世界大戦の頃、アメリカ軍の第10山岳師団が訓練していたことに由来するという。
DVDには、主に永島さんや現地同行ガイドたちのテレマーク滑走映像が収められている。 記録の詳細は本誌の方で・・・なかなか読み応えがあります!


Focus 「CENTRAL HOKKAIDO - 富良野岳・十勝岳・黒岳 -」
こちらも滑りまくっている映像を収録したトラック。 大雪山系のパウダーです。 テレマーカーは、上野岳光氏、餌取浩氏、住吉克也氏。
今週末にも板を担いでどこかの山へ登りたくなるような、そういう滑りを見せてくれています!


「上野岳光~心解き放つとき~」
上野岳光氏の滑りとインタビューの映像トラック。
アルペンからの転向ということで、滑走技術が高い方です。 この方はターンの際、腕というか肩を突き出して、上半身の回転(ひねり)が大きいのが特徴なように思えます。


「Side Country」
フジケンさんの滑りが堪能できます!
サイドカントリーということで、大バーンを滑走している映像はないのですが、それでもダイナミックで素晴らしい滑りです。


「What's? BC クロカン」
石木田さんがテレマークではなくクロカンを履いて、山を駆け巡ります。

クロカン板なのにエッジのついている板で滑ってるような、見事な滑り・・・(クロカン板で斜面を滑り降りるのは難しいですし、普通はターンもこんなに綺麗に決まらないと思う・・・)。

クロカンの難しさより軽快さというメリットだけが伝わってきます。 つい、クロカン板とブーツも欲しくなってしまうような映像です!



ソウルスライド2012付録DVD

  [DVD]
  54分 ステレオ
  ALLリージョン
  片面一層
  16:9




■ SOUL SLIDE 本誌

今号はツアーの記録がメインです。 恒例のテレマーカーたちの生態紹介なども掲載。
それらはテレマークの楽しさや醍醐味を思い出させてくれて、シーズンが始まった今、読者のモチベーションを高めてくれる。


一方で道具のインプレなど、テレマーク界の最新事情に関する記事が減ってしまいました。

板は、STYLUS、ELIXIR、STRANGE、BLAZER、DOUBLERを4人がインプレッション。 フリーライド用途のSTYLUSを除けば、ELIXIRだけがセンター幅82mm、あとはセンター100mm以上のファット系です。

それと意外だったのは、今さら(?)7tmのSTIパワービンディングのインプレッション記事を載せていたことです (見出しを見た時、新しいモデルが出たのかと思いました)。


技術特集としては、川上敦氏の「TELEMARK TIPS」を載せている。

アルペン出身のレーサー系テレマーカーはカッコいいですが、古い時代からのテレマーカーでいらっしゃる川上氏の記事も貴重だと思います。



前号までに比べるとパワーダウンしてる印象ですが、年に1号しか出ませんし、なにより貴重なテレマーク専門誌なので、テレマークやってる方なら購入して損のない1冊です!




    ●A4変型
    ●140ページ・DVD54分
    ●1,680円(税込)
    ●2011.11.28 発売
    ●出版社: スキージャーナル<公式ページ








【前号】
『SOUL SLIDE 第6号 - ソウルスライド 2011 -』感想・レビュー


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。