山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ローゼンメイデン tale30

TALE30 / 乙女の休息

なぜこの真紅がシンクに…


■ 静かな桜田家

 「今日はずいぶんと家の中が静かなのね」

 「誰もいないからな」


そう答えたジュンも、これから図書館へ行って勉強するという。

 「けれど勉強なら、家でもできるのではなくて?」


 「予行演習も兼ねて…かな」

ジュンは言う。

 「来週から…学校…行くことにしたから」


桜田家には、真紅が一人残された。



■ 真紅の留守番

 「さて…一人の時間をどう過ごそうかしらね」


そう言ってみる真紅だったが、その実、やることはもう決まっている。
他に人がいようといまいと、この時間はくんくんを観るのだ。

しかも、今日は一人だから体裁を取り繕う必要がない。
真紅はお菓子を食べながら、ソファーに寝転びテレビを観る。

 「こんな姿は、姉妹たちにとても見せられないのだわ」


そしてくんくんが終わり、お茶の時間になる。
しかし、今日は紅茶を淹れてくれる下僕も他の姉妹もいない。

仕方なく自分で準備することにするが、真紅は紅茶のある場所も知らない。

しばらく台所を物色して、なんとか紅茶の缶を見つけたが、中には刻みのりが入っていた。おまけに、蓋を開けた勢いで床に中身をばら蒔いてしまうのだった。


片付け終わったとき、外では雨が降りだしていた。



■ 猫がいる!

真紅は洗濯物を取り込むため庭へ出ようとするが、外に何かがいることに気がついた。
目が光っている。

 「猫だわ!」


真紅は猫が大の苦手だ。
仕方が無いので裏の窓へ廻り、別のルートから庭へ出ることにする。

しかし、そこにさっきの猫がいた。
おかしいと思いつつ、真紅は、また違う窓へ向かう。

 「いるっ!!」


なんと、そこへも猫は先回りして、真紅を待ち構えていた。

 「猫に追われるいわれが、私にあるとでもいうの?」


真紅は、猫の執拗さと恐怖のために気が動転するのだった。


 「ただいまー」


そこへちょうど、ジュンが帰宅する。
真紅は玄関へ急ぎ、ジュンの足にしがみつく。



■ 友達

真紅は、ジュンに抱きかかえられながら庭に出る。

先ほどの猫はまだいたが、別に真紅を付け狙っている様子でもない。
体は大きいが、おとなしそうな猫だ。


ジュンに促されて、真紅は猫にビスケットを与えてみる。

 「なぜかしら、この子とははじめて会った気がしないわ」

ビスケットを食べている猫を見ながら、真紅は言う。
側に従っていたベリーベルが、何かを伝えようとしきりに光る。


その時になって初めて、真紅はあることに思い当たる。

今は自分の一部になっている雛苺が、この猫と友達だったのだ。
猫は、真紅の中に雛苺がいることを感じて、古い友達に会いたがっていたのだ。




次回は2号(12/9発売)掲載予定


【 今回の概要 】
みんなが出かけて真紅は一人、桜田家で留守番することになった。思う存分くんくんとお菓子を堪能する真紅だったが、洗濯物をとりこむため庭に出ようとしたところ、猫に阻まれてしまう。その猫は、真紅の中の雛苺に会いに来たらしい。



【 今回の考察 】

今回は真紅とジュンのみ登場、日常のヒトコマを描いた回。
こういう回は、力を抜いて読めるので好きです!


▼ 今回の猫

今回登場したのは、雛苺がポストに手紙を出しに行く時に知り合った猫。
そのときはビスケットをあげて、背中に乗せてもらった。

原作では《EXTRA PHASE》、アニメでは《トロイメント5話》

EXTRA PHASEの猫と雛苺
EXTRA PHASEの猫と雛苺


▼ (作中の)「来週」について

今回、ジュンが「来週」から学校に行くというセリフがあった。
前回のTALE29では、めぐが「来週」退院と言っていた。

「来週」が一つの鍵になりそうだ。




【 その他 】

「たんてい犬くんくん」
くんくん

ドールたちが楽しみにしている劇中劇。
実は、人形劇版とアニメ版が存在していた!

  第1期シリーズ (人形劇)
  第2期シリーズ (アニメ)
  第3期シリーズ (アニメ

  第4期シリーズ (人形劇)

第1期はファンの間では「幻」と呼ばれているらしい(今回の真紅のセリフより)。
1期は、ややマニアックな傾向があるらしい。

第2期からは低年齢層向けの番組となった。
雛苺と翠星石が好きなのは、2期と3期のアニメ版。




<TALE 30>
掲載: 週刊ヤングジャンプ 2010年50号 / 11月11日(木)発売
ページ数: 25ページ
登場人物: ジュン、真紅



[ 関連ページ ]
前回 ローゼンメイデン TALE 29
ローゼンメイデン原作の全話レビュー


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/108-38bc1dbd

ローゼンメイデン TALE31 -秘密-
TALE31 / 秘密私たち……これでいいのかしら ■ ローゼンメイデンの本を探す少年 ジュンが、図書館でローゼンメイデンの本を探している少年に出会ったのは、午後1時のことだった。 その少年は、...

2011.02.07 07:44 | 山とスキーとローゼンメイデン

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。