山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 2月号


第1特集は「山スキー 登る技術・滑る技術」。バックカントリーを始めようと思ったら、最初はガイドや仲間と行き、そこでいろいろ教えてもらうことになると思う。でも教えてくれる人が我流であったり、抜け落ちている部分もあるかもしれない。
今月号は、今は教えてもらってる立場の人が読んで、抜けてる部分を埋めていくのに役立ちそうな特集。もちろん、自分も未熟者なのでいくつか新しく学ぶことが出来ました!オススメです。

今月号の登山クロニクルには、沢登りが1つと滑走記録が2つ報告されている。胸が踊るような記録なのだが、実際はちょっと寄り付けそうもない場所を滑走している。山行計画の参考にはならないが、やる気と活力のようなものを引き出してくれる記録だ。

記録や技術以外の読み物では、「新釈ニッポン百名山」が結構面白いです。これ、意外と読んでる人が少なそうです。今回は鹿島槍の話で、双耳峰の定義や名前の由来などを書かれています。どうでもいいと言えばそれまでですが、興味をそそられる内容です。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年1月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★★★☆
(いくつかのルートも紹介されていて、バックカントリー好きなら迷わず買いです!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2月号


特集は「厳冬期低山」。雪訓を受けてなくても行けるようなコースを選んでいて、コースの紹介をしている。初心者向けだが、もちろんバリバリの山ヤさんが行っても構わない。というか、冬はアイスやAクライミング、スキーなどで忙しく、激しく山をやる人ほど低山に行く機会がないように思える。この紹介記事を読んで面白そうな場所があったら、ぜひ足を運んでください。
初心者向けの記事ということで、レイヤリングや装備にも言及している。また、ビーコンの必要性についても記述されていて、冬山単独でもビーコンを持つべきだとしているとこには共感できる。

「初・中級 山スキーエリアガイド」も掲載。今回はバックカントリーというより、いわゆる最近では「サイドカントリー」と言われる、スキー場のリフトを利用して比較的楽にアプローチできるエリアを紹介している。詳細なルート図とガイドが載っているので、実用度が高い。

21世紀山道具は「ウルトラライトギア」。ザックに始まりクッカーやストーブやマット、ストックに至るまで、十分な強度を保ちつつ軽量化された道具が各メーカーより続々と発売されている。もちろん軽量コンパクト化は登山の永遠の課題とも言えるから、今に始まったことではないし、これからも続くと思うけど、いずれにせよありがたいことです。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2月号

定価 1,000円 (952円+税)
発行 2011年1月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★★☆
(低山特集は、いずれ行ってみたくなった時のために保存しておきたい記事です)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/109-e4b24e03

2011年3月号の山岳雑誌感想・レビュー
『岳人』 3月号 第1特集は「雪山技術読本」。内容は、計画編→装備編→行動編、そして山行編と、実際の山行を想定した編集となっている。毎回言えることだが、自分たちのやり方と同じ方法だったら安心出来るし...

2011.02.20 03:56 | 山とスキーとローゼンメイデン

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。