山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 4月号


第1特集は「自立した登山者への道」。ありそうでなかった特集です。CLやSLはガイドではなく、パーティのメンバー全員が自立した存在であるべきだと思います。では、山をやる人間として自立しているとは何か……、それを様々な角度から考えてみるというのがこの特集です。
記事を読んで、そんなの当たり前じゃんとか思ったり、逆に耳が痛かったりするかもしれませんが、とにかく一度読んでみて、納得したり反論したりしながら、改めて自分を客観的に評価してみるのも面白いかも。

マウンテニアリング・セミナーの「新説・独創的登山術」では山岳スキー競技での工夫について書かれています。軽量化のためにブーツに穴を空けたり、バックルを交換したりするのは、もしかしたらツアーの参考になるかもしれません。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 4月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年3月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★★☆☆
(「自立した登山者」の特集は、山岳会の机上講習でも紹介したいほどの記事です)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 4月号


特集は「登山用具2011春夏」。ゴールデンウィークや夏山シーズンを前に、各メーカーとも新製品を投入してくるようだ。近年の登山ブームを受けて、デザインに力を入れてきているのがよくわかるが、機能面ではそれほど変化がないようにもみえる。それだけ、道具は完成されつつあるのだろう。
そんな中で、個人的にはジェットボイルの新製品が気になりました。容量と付加機能を削る代わりに、重量や嵩、値段を抑えてきている。ちょっと試したくなる製品です。

「登山で使えるGPS」では、GPS最新機種を紹介している。高価で買いどきの難しいGPS。特にガーミンGPSの日本版は円高にも関わらず、アメリカでの倍以上の定価で販売される(10万円)。現在は1万円程度のログ取り用のGPSを使っているけど、当分これで行くしかないかな……。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 4月号

定価 1,000円 (952円+税)
発行 2011年3月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★☆☆☆
(登山用具の最新モデルをチェックしたい方はぜひ!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/120-5b337025

2011年5月号の山岳雑誌感想・レビュー
『岳人』 2011年5月号 第1特集は「GWの雪山登山計画」。北鎌尾根など定番バリエーションルートから、バックカントリーやオートルートまで幅広く紹介している。 今年のGWは山を自粛する人が多い気もしますが...

2011.04.19 06:48 | 山とスキーとローゼンメイデン

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。