山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 2011年8月号


第1特集は「盛夏 水辺の道へ」。あくまで水辺の道ということだが、沢歩きや滝登りも含まれていて、沢登り入門(?)と捉えても良さそうな特集。沢登りの装備、基礎的な技術などを紹介していて、またルート紹介では遡行図ではなく滝などを強調表示した地形図を載せている。

猪熊隆之氏の連載「だれにでもわかる高層天気図入門」。20回目の今回は、高層天気図で読む台風の進路というもの。折しもあれ、大型の台風6号が日本列島に近付いている。一週間ほど前からかなり正確に進路と暴風域などを予測していて、気象予報の技術はすごいなーと思ったりもしたけど、いずれにせよ地上天気図だけでは到底この予測は出来ない。
スーパーコンピュータを使う専門機関と同じレベルとは言わないまでも、高層天気図を活用すれば、発生した台風の進む方角を把握でき、行動計画の変更や調整ができる。
今まで台風の予測についていろいろな本で見てきたけど、今回の講座がシンプルだし的確で、一番分かりやすい気がしました。

尚、次号岳人の発売は15日ではなく8月12日(金)予定とのこと。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2011年8月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年7月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★☆☆☆
(山の絵が好きな人は、今回の「描かれた山と自然」は必読です!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2011年8月号


特集は「悦楽! テント泊山行大計画」。今月号の付録のDVDと連動した企画です。実際にテント泊装備でルートを歩き、レポートやコースタイムを載せるいつものパターン。
DVDの内容は、メインがテントの張り方やペグの打ち方・撤収方法を紹介したもの。未経験者向けらしいが、キャンプを一度でもやったことある人なら分かるようなことに、くどくど40分も費やしている(滑りまくりの漫才みたいで面白くはある)。あとは、自社が出しているDVDの宣伝と、モンベルのブーツの広告動画が入っている。ただ、高橋庄太郎氏のテント泊術だけは面白かったです(でも、収録時間5分しかない・・・残念)。
本誌にはテントの製品カタログも載っています。

先月から始まった山道具を紹介する「ギアトレック」、その第2回目のギアは30~35L程度の「清涼」ザック。ザック本来の機能(重量や背負いやすさなど)に加えて、ベンチレーションの性能も調査の対象にしている。
容量や機能を限定して、目的を明確にしたことで調査方法も具体的になり、結果として記事として完成度の高い物となっている。実際に背負って歩き、項目をチェックしている分、自分で店で手にとってみてるより参考になる。これは良い連載です。

山渓も次号は8月12日発売予定。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2011年8月号

定価 1,100円 (1,048円+税)
発行 2011年7月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★☆☆☆☆
(全体的につまらない号です、これで1100円は高すぎる。)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/135-44b9665a

2011年9月号の山岳雑誌感想・レビュー
『岳人』 2011年9月号 第1特集は「単独行」。単独行を推奨しているわけではなく、どのような楽しみがあるのかなどを紹介している特集。自分も夏山の一週間程度の単独での縦走は好きです。もちろん夏とは言え...

2011.08.16 01:55 | 山とスキーとローゼンメイデン

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。