山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 2011年11月号


まず追悼から。岳人も山渓もイタリーの登山家ヴァルテル・ボナッティの死を報じている。ボナッティやメスナーは、やっぱり山をやってる人間にとっては憧れの存在です。。ご冥福をお祈りします。


第1特集は「山を読む こんどこそ身につける『地図読み』」。またまた読図の特集、今月は山渓も同じテーマで特集を組んでいますし、それだけ重要で必要性を強調しておきたい技術なのだと思います。微妙に切り口も違うので、山渓と合わせて読んでみると良いかもしれません。

「山道具を試す」では防寒着を取り上げている。防寒着はダウンや、ダウンの代わりに高機能な化繊を入れたジャケットなど、コンパクトに収納できるものが主流なのは変わらず、各メーカーは従来品を踏襲しつつ機能を高めた新製品を投入しているという。
ダウンジャケットなどは、普通は一度買うと数年は買い換えないと思うので、その間は情報集めもしなくなり、新製品や新シリーズが出ても気が付かないことが多い。
こうやって雑誌で取り上げてわかりやすくまとめてくれるのは、とてもありがたいです。

今回、別冊でマムートのカタログが挟まっている。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 2011年11月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2011年10月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★☆☆☆
(来月は12月号、予告にあったパウダースノー特集に期待です!)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 2011年11月号


特集は、「基礎からの地図読み講座」。みごとに岳人と被りました! というわけで山渓と岳人の記事をどうしても比較したくなってしまうのですが、結論から言うと山渓の方が面白い切り口でした。
最初に迷いやすい場所を写真で紹介して、地形図ではその写真の場所がどのように表記されているのかリンクさせている。今回はその箇所だけをピックアップするのではなく、誰でも一度は歩いたことのあるメジャーなルートをまるまる例に使っているので、イメージしやすい気がしました(分かりやすそうに見えるのは、樹林帯じゃなくて岩稜帯を例に使ってるということもあると思うが)。会などの読図講習でも、講師やれとか配布するレジュメ作れとか言われたら、このネタをパクってみるといいかも!?
これから本気で読図をやってみたいという人は、岳人の手堅くまとめられた特集の方が参考になるかもしれません。

連載の「こだわり!山の小物インプレッション」はインスタントラーメンについて。
味にこだわりつつ、出るゴミの量や調理時間などで、いろいろなインスタントラーメンを評価している。意外と重宝しそうなデータです。ちなみに、チキンラーメンは味が濃いという理由で評価はあまり高くありませんでしたが、自分スノーピは一押しです!
(→ 山食レビュー チキンラーメン





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 2011年11月号

定価 1,000円 (952円+税)
発行 2011年10月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★☆☆
(ギアトレックのツエルト特集も必見、そこそこ面白い記事が多い号でした)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/147-997d0fd4

2011年12月号の山岳雑誌感想・レビュー
『岳人』 2011年12月号 第2特集は「パウダーを楽しむ山スキー」。パウダーならニセコじゃん、とは言わず、この特集では敢えて本州の、それも神楽、根子岳、戸隠などアプローチの良い目のメジャーなルートを...

2011.11.15 23:32 | 山とスキーとローゼンメイデン

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。