山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ROCK & SNOW No.59

- ロックアンドスノー 2013春号 -

ロクスノ2013年春号(通巻第59号)が3月6日に発売されました。






特集は「日本の名ルート100」。本誌で数年ごとに組まれる特集で、日本全国の各エリアから100本のフリークライミングのルートをよりすぐって紹介するという企画。(100名山同様に)この100本以外にも良いルートはあるがクライマーたちにとって1つの目安・目標になればいい、という意図に基いて紹介しているようだ。
この「名ルート100」は数年ごとにこまめに改定されている。というのも、フリークライミングのルートは開拓されたり、逆に閉鎖や登攀禁止などによる人的理由による流動が激しいからだそうで、そういう意味で「深田久弥の100名山」というよりは「ミシュランの格付け」に近い企画である、と執筆者は言う。今回からは選定するルートのグレードを5.9から5.13aに限定して、より多くの人を対象にした企画となった。


シリーズ連載・クライミング道場は「決めろ、かき込めヒールフック」。ヒールフックに関する技術指南記事で、ホールドに対してヒールを何度くらいでひっかければ良いかとか、股関節に意識を向ける必要性まで説いていて参考になります。また、自宅でイスでできるヒールフックの練習法もイラストとともに記載されている。


ノルウェーの「The Change」をアダム・オンドラが5週間に渡るチャレンジの末に撃墜し、このルートに5.15cのグレードを与えるに至ったレポートも読み応えがある。「5.15bにしてはハードすぎる」、というオンドラの言葉はインパクト絶大だしカッコ良い!(今このセリフを言えるのは、世界に2人だけですね)。


特別レポート「キャシャール南ピラーの初登」も掲載。花谷泰広さん、馬目弘仁さん、青木達哉さんの3名による南ピラー初登攀の記録で、登攀6日目にキャシャール山頂に到達するまでの経緯を綴る。いかにも正統なアルパインクライミングって感じのする山行記録です。

ちなみに2013年4月、この登攀に対してピオレドール賞が贈られました。
 → 馬目弘仁率いる隊がキャシャール峰南ピラー初登攀でピオレドールを受賞
(この受賞に関しては、次のロクスノに詳しく紹介されると思われます)


次号の発売日は、
2013年6月6日(木)



『ROCK & SNOW 2013春号 No.59』

定価 1,400円 (1,333円+税)
発行 2013年3月6日 発売
出版社 山と渓谷社
URL http://www.yamakei.co.jp/products/2812906222.html






関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/184-aef3c5dd

『ROCK & SNOW No.60』 - ロックアンドスノー 2013夏号 -
ROCK & SNOW No.60 - ロックアンドスノー 2013夏号 - ロクスノ2013年夏号(通巻第60号)が6月6日に発売されました。 特集は「五段の世界」、国内のボルダリング難題特集です。 五段は...

2013.07.04 01:25 | 山とスキーとローゼンメイデン

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。