山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
RozenMaiden newanime tale3

Anime-TALE 3 / 真紅の目覚め

最後は・・・防御せよ


ローゼンメイデン第3話です。

「静」 と 「動」 を意識したような演出は、きれいな音楽と映像によって一層効果が高められているみたいに感じます。 アニメ映像と紙に描かれる漫画とでは、同じものを描いても、随分と違った印象を与えるものなのだなと改めて思いました。


今回の内容


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

<あらすじ>

メールを送って来ているのは本物の過去の自分だ、ジュンは確信する。 自分のあずかり知らぬところで、なにか(尋常ではない)面倒事に巻き込まれてしまったのだ。 事態の把握も儘ならぬままに夢からnのフィールドへ連れ込まれたジュンであったが、大量のフェイクの中から隠された本物のパーツを見つけ出す。 ジュンの手によって真紅は呼び起こされる。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


今回はジュンの作った人形に真紅が宿るところで終わりますが、これは原作のTALE2の終わり方と同じです。 今のところ、アニメ2話で原作の2話に対応しています。

回想も丁寧に描かれています。
原作旧シリーズで描かれた大事なシーンは、これからもこのような回想という形で挿入されていくのだと予想されます。



『少女のつくり方』 休刊


前回第2話の最後で『少女のつくり方』 休刊のお知らせが届きましたが、今回はその続きからです。


休刊のお知らせ
ジュンに届いた 「休刊のお知らせ」 の内容


この 「お知らせ」 から読み取れることがいくつかあります。

  • 人形製作は第7ドール (雪華綺晶) によって妨害された、つまり人形の完成は彼女にとってあまり好ましいことではない
  • ここからは配送ではなくセルフサービスになること
  • nのフィールドに行けばパーツを回収できるかもしれないこと、その際、(配送を妨害してくるくらいだから)何らかの危害を加えてくるおそれもあること、そもそもnのフィールドとは何か



nのフィールド



とりあえず、nのフィールドとは 「その他の世界」 「不思議な空間」みたいな認識でいいかもしれません。


真紅のnのフィールド説明
真紅が最初にnのフィールドについて説明するシーン 『RozenMaiden』 Phase4 より


真紅を含めて、ほとんどの作中の登場人物もnのフィールドについて詳しくは知りません。
例外はラプラスの魔で、彼(?)は大抵のことは知っています。

nのフィールドへは今回のように夢の中からや、あとは鏡を通り抜けて行くことができます。


nのフィールドに置かれた大量のフェイクパーツ


nのフィールド自体が仮説的で曖昧な領域なので、そこに含まれるモノもまた理性的な定義を与えられることはないようです。

nのフィールド内には法則が存在しません。 虚実が分かち難く混在し、自分の 「現実」 は自分で定義していくことになります。 主観だけが意味を持ち、おそらくは客観という概念が存在しない世界です。

物理的な器を与えられなかったアストラル体の雪華綺晶が存在していられるのは、そういう輪郭を持たない世界なのです。


そういう場所なので、「生粋のnフィールドっ子」 である雪華綺晶がフェイクのパーツを大量に作り出すことなど造作もないのだと思います。

フェイクの山
人形作りを妨害するために用意されたフェイクパーツの山


ジュンも、強い意志で本物パーツを求めたので、わりと早く本物のパーツを探し出せました。



真紅


ジュンの作った人形に、真紅が宿ります。

ジュンの作り上げた人形が最初から真紅だったわけではなく、ジュンという人間が真紅を想いながら作った器としての人形を、真紅の意志が自分のいるべき場所だと認識したので 「真紅」 となりました。


なので、人形が 「真紅」 になった時、姿形も真紅になりました。
髪の毛が生えたり、皮膚が柔らかくなったり。


 「仮の器でいい、材質の問題じゃなく、誰が作るかなんだ」

と、今回の中学生のジュンもメールで言っていましたが、そういうわけです。



「甲板には小さなサルがいた」


絵本


謎の絵本、第2話目です。

甲板には小さなサルがいた。
マストにつながれて、
ぴょんぴょん跳ねている。
長い航海のあいだ、
みんなが可愛がるペットなんだって。

でもこのサル、私はちょっと怖い。
キーッて歯をむくんだ。




次回予告


第4話「ティーポット」
放送日 : 2013年7月25日 (TBS)




< アニメ TALE 3 「真紅の目覚め」 >

・放映日: 2013年7月18日(TBS)
・登場人物: 桜田ジュン、店長、斉藤さん、真紅
・原作範囲: 『ローゼンメイデン』 TALE2、 『Rozen Maiden』 PHASE27 (回想シーン)



[ ブログ内関連ページ ]
2013年の「ローゼンメイデン」新アニメ 7月よりTBS系列にて


関連記事

▼ スノーピ さん -URL- のコメント #- | 2013.07.30 00:10 [ 編集 ]


tomo318i 様

> あの絵本は一体どう絡んでくるのでしょう。今のところ全く予想できていません。

第2話で挿まれた時は、これからも何回か出現して続きが語られであろうことは予測しましたが、毎回登場してレギュラー化するとは思いませんでした。
アニメTALE4まで見たのですが、次のTALE5で少し何か分かりそうな気配があるようなないような・・・です。予想できません。。

> 「誰が作るか」と言うのは、これから先のローゼンメイデンにずっとついてくる要素ですよね。

「作る=呼ぶ=居場所を与える」は、ローゼンメイデンの根底的なテーマだと私も考えます。
人形師ローゼンがローゼンメイデンを作った時にこの物語が始まったので、やはり人形を作ること、特に誰が何を想いながら作るかというのが重要な要素なのかもしれない、と思います。




▼ tomo318i さん -URL- のコメント #- | 2013.07.28 20:44 [ 編集 ]


「誰が作るか」と言うのは、これから先のローゼンメイデンにずっとついてくる要素ですよね。

あの絵本は一体どう絡んでくるのでしょう。今のところ全く予想できていません。「無限の可能性」に行きつくのか、それとも全く別なゴールが設定されているのか、これからの展開が楽しみです。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/194-e766829f

(アニメ感想) ローゼンメイデン 第3話 「真紅の目覚め」
投稿者・ピッコロ ローゼンメイデン 1 (ヤングジャンプコミックス)(2008/12/19)PEACH-PIT商品詳細を見る 「週刊 少女のつくり方」が休刊することを知り途方にくれるジュン。そんな中、ふ

2013.07.24 15:56 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

2013年03クール 新作アニメ ローゼンメイデン 第03話 雑感
[ローゼンメイデン] ブログ村キーワード ローゼンメイデン 第03話 「TALE3 真紅の目覚め」 #rozen2013 コンセプトは「アンティークドールの戦い」。少女漫画の様な作風や美しいド...

2013.07.26 21:14 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム

ローゼンメイデン 新アニメ 第4話「ティーポット」
Anime-TALE 4 / ティーポットあと、せいぜい7日・・・ ローゼンメイデン第4話です。 いよいよ真紅が動き出し、作品の雰囲気も少し変わったように感じられました。 デフォルメ

2013.08.02 00:22 | 山とスキーとローゼンメイデン

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。