山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
RozenMaiden newanime tale5

Anime-TALE 5 / 天使の黒い羽根

見れば分かるでしょ、水銀燈よ


ローゼンメイデン第5話です。

水銀燈が登場し、まかなかったジュンの周囲も騒がしくなって来ました。
ただし、それは本当に手に入れたものではなくあくまで一時的なものである、とも仄めかされます。


今回の内容


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

<あらすじ>

図らずもまかなかった世界へやってきた水銀燈は、運悪く真紅と鉢合わせてしまう。 例によってケンカを始める2人だが、nのフィールドへ通じる扉も既に閉じられ、行く宛もない水銀燈は、同じく取り残された真紅との共同生活を余儀なくされる。 真紅たちの話し声をよそに、水銀燈は屋根の上で一人、マスターのめぐを想うのだった。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


今回、まかなかったジュンは2件の異世界からの来訪を受けます。

1件目は水銀燈です。 まかなかった世界への出現は、水銀燈本人も真紅も予想外だったようです。
2件目は「新・少女のつくり方」という本です。 真紅は警戒していますが、ジュンは興味津津です。 この本は水銀燈の登場とは全く関係なく、第3者的な存在みたいです。



水銀燈



  雪華綺晶にさらわれためぐを追って、病室の鏡からnのフィールドへ飛び込む


これが、原作旧シリーズで描かれた水銀燈の最後の姿です。


その次に水銀燈が姿を現すのが、まかなかった世界のジュンの部屋、今回の話です。

水銀燈はnのフィールド内にある 「ガラクタ置き場」 の扉を片っ端から開けて探しものをしていたところ、この世界の、しかも真紅もいる部屋へ 「偶然」 来てしまったということです。

さらに、その一瞬だけ開いた 「イレギュラーなウサギの穴」 はその後すぐに塞がれて、ただの鏡に戻ってしまい、水銀燈はnのフィールドへ戻ることが出来なくなってしまいました。


風呂場の鏡
一時的にnのフィールドに繋がった風呂場の鏡


ともあれ、とりあえず水銀燈もまかなかったジュンの家に住むことになりました。 真紅と一緒に。
なので、めぐ探しの旅は一時おあずけです。


柿崎めぐ

めぐが水銀燈のマスターです。

めぐは先天性の難病を患っていて、生まれた時から長くは生きられないだろうと宣告されています。
外へも出られず、ずっと入院生活を送っているようです。


難病や障がいのある子どもを持つ家族に多大な負担がかかることはめぐも知っていますし、そのことで出て行ってしまった母親を恨む気持ちは特にないようです。

その分、全てが父親にのしかかっていることも承知していますが、感謝や申し訳なさ、自分の存在の否定、さみしさといった気持ちが複雑に入り乱れて、忙しい合間を縫って時々お見舞いに来てくれる父親をいざ目の前にすると、自分でも予期していないような言動がふと出てしまうようにも見えます。

10代半ばの少女が抱えこむにはあまりにも過酷で複雑で膨大な感情ですし、それを然るべき場所へ導くような水路をまだ自分の中に確立できていません。


そんな時に、めぐは水銀燈と出会います。


水銀燈とめぐ

生まれた時から既に自分に組み込まれていたこと (難病、あるいはアリスゲーム) を自分だけの問題と受け止めてしまい、しかもそれらを適切に処理するためのシステムや手段を持ちあわせておらず、そのうち抱えきれなくなって自分の中から (かなり歪んた形として) 溢れさせてしまうあたりは、水銀燈とめぐの共通点かもしれません。

水銀燈はめぐの処理しきれなかった問題を引き受けつつ (マスターの心はドールに流れ込む)、めぐの歌によって自分も癒されていきます。


  
契約

夕日に赤く染まる病室で、2人は正式に契約を結びます。

水銀燈とめぐの契約 thumbnail


原作を読んだ時はなんとなく冬の夜のイメージを持ちましたが、夕焼けの中の契約もドラマチックでした。

その契約を結んだ直後、雪華綺晶がめぐを連れ去ります。
もう少し余韻が欲しかったのですが、ある意味、雪華綺晶の無粋さも出ていてかえって良かったのかもしれません。

めぐは精神体を持っていかれて、現実世界の肉体は 「眠り」 続けることになります。


ともかくも、水銀燈のめぐを巡る長い旅がここに始まります。
その途中でまかなかった世界へ辿り着き、今回の水銀燈登場となったわけです。


からたちの花

めぐが歌っている歌は 「からたちの花」 です。

北原白秋の作詞、山田耕筰の作曲の唱歌で、You Tubeでもいろいろな方が歌う 「からたちの花」 が聴けます。

水銀燈は、この 「からたちの花」 を歌うめぐの傍にいると癒しの効果が得られるようです。

良い歌なので歌自体にも力がありそうですが、何よりも、この歌を歌っている時のめぐの穏やかな心が水銀燈に流れ込み、それで良い影響を与えているみたいに見えます。



『新・少女のつくり方』


ジュンの元に、新たに 「少女のつくり方」 が届きます。
その名も、『新・少女のつくり方』。

「新・少女のつくり方」
今回届いた 『新・少女のつくり方』 と 「元祖『少女のつくり方』」


値段も同じですし、パッケージのデザインもそっくりです。
真紅は、雪華綺晶の罠の可能性もあるから開けてはいけないと釘を刺します。

今のところ、まいたジュンが送ったものか否かは不明です。 というのも、現在は携帯電話でまいたジュンと連絡を取り合えないので。

今回は第1号だけ届きました。



『てのひらの人形』 第4話


絵本『てのひらの人形』


絵本第4話目です。

港の食堂で叔父さんはビールを飲んで、
私におみやげをくれた。
「ありがとう」と言って、
私はすぐに包み紙をやぶいて、
箱も開けてしまった。

箱の中には、
木でできたきれいなお人形がいたの。


おみやげは、やはり (なんとなく予想はしていましたが) 人形でした。
ただ、いわゆる 「お人形さん」 ではなくて、民芸品みたいな人形です。

てのひらの人形の人形
おみやげの人形

この人形は、あまり夜中に動き出しそうな感じがしません。


『てのひらの人形』 の絵本

ジュンがアルバイト先の書店で見つけます。
児童書コーナーと思しき場所に置いてありました。

本屋で見つけた絵本「てのひらの人形」
書店にあった『てのひらの人形』、例の船乗りの叔父さんの話です


普通に市販されている本なのか、それとも 『少女のつくり方』 みたいな特別な本なのかは分かりません。
ジュンは、ただ 「人形」 というワードに惹かれて手にとってみたようです。



次回予告


第6話 「下弦の月まで」
放送日 : 2013年8月8日 (TBS)

http://www.tbs.co.jp/anime/rozen/story/index-j.html#story06



< アニメ TALE 5 「天使の黒い羽根」 >

・放映日: 2013年8月1日(TBS)
・登場人物: 桜田ジュン、店長、斉藤さん、水銀燈、真紅、雪華綺晶、柿崎めぐ
・原作範囲: 『ローゼンメイデン』 TALE4、 『Rozen Maiden』 PHASE23, 28, 29,33,35,37,43(回想シーン)



[ ブログ内関連ページ ]
2013年の「ローゼンメイデン」新アニメ 7月よりTBS系列にて


関連記事

▼ スノーピ さん -URL- のコメント #- | 2013.08.16 03:05 [ 編集 ]


tomo318i 様

絵本が、初めて本編とクロスしましたね。
アニメが概ね原作を忠実にトレースしながら進行している中で、この絵本だけが唯一と言っていいほどに「アニメオリジナル道」を突き進んでいると思います。

ということは、アニメ製作スタッフの方々がローゼンをどのように解釈しているのかとか何を想い描いて作っているのかとか、そういう部分がここに顕著に表るのではないかと思います。この絵本と本編の絡ませ方は、そういう意味でも目が離せない気がします。

>取り敢えず、またクレムリン宮殿に行ってみたくなってしまったのは確かです。一日や二日で回れる規模じゃないですからねぇ、あそこ。

この絵本の人形の箱にクレムリン宮殿の絵もありましたね。
とても大きな宮殿なのですね。知りませんでした。
モスクワは飛行機の乗り継ぎで降りたことがあるだけで、観光はしたことありません。私もクレムリン宮殿には行ってみたいです。

>契約のシーンを入れてきたこと自体意外でしたけれど。とてもきれいに描けているので良かったですよ。

もともと劇的だったこのシーンに、色や音楽、音声がついてきれいな映像になった・・・この1点だけでも今回のアニメ化は大成功、個人的にはそんな気さえします。

めぐの有機の器も気になりますね、鳥海編では最重要なアイテムですが、tomo318i さんのおっしゃるとおりまずはこのシリーズのエンディングをきちんと迎えて欲しいと思います。




▼ スノーピ さん -URL- のコメント #- | 2013.08.16 01:56 [ 編集 ]


みさご 様

水銀燈が登場すると、真紅にも奥行きが出てきますし、物語が立体的になってくる気がします。

素晴らしいのですが、マスターになるということは誤魔化しが利かなくなるので結構厳しいものもありますね。
私の心が水銀燈に流れこんだ時の反応を考えると、楽しみのような怖いような・・・。

アニメでの水銀燈の表情はコロコロと変わって見ていて楽しいですね。




▼ tomo318i さん -URL- のコメント #- | 2013.08.12 00:48 [ 編集 ]


絵本のタイトルが明らかになり、更に単なる語りだけじゃなくて現実のものだと判明したのは大きいですよね。まあ、これがどのように絡んでくるのかにもよりますけれど。

取り敢えず、またクレムリン宮殿に行ってみたくなってしまったのは確かです。一日や二日で回れる規模じゃないですからねぇ、あそこ。

水銀燈とめぐの契約シーンですけど、私も「消灯後」だとばかり思っていました。その方が「秘密の約束」っぽくて良いのですけど・・・夕焼けをバックにしてくるとは意外でしたねぇ。まあ、契約のシーンを入れてきたこと自体意外でしたけれど。とてもきれいに描けているので良かったですよ。

雪華綺晶がめぐの肉体を奪わなかったおかげで、鳥海の出番(次以降のシーズン)は無くなってしまったような気がします。まあ、先ずはこのシーズンをしっかりとしたエンディングに持っていくのが重要ですから、この改変は有りだと思います。




▼ みさご さん -URL- のコメント #- | 2013.08.10 22:23 [ 編集 ]


相変わらず銀様は素晴らしいですねぇ。僕もマスターになりたいもんです。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/197-9b886665

2013年03クール 新作アニメ ローゼンメイデン 第05話 雑感
[ローゼンメイデン] ブログ村キーワード ローゼンメイデン 第05話 「TALE5 天使の黒い羽根」 #rozen2013 コンセプトは「アンティークドールの戦い」。少女漫画の様な作風や美しい...

2013.08.10 23:20 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム

ローゼンメイデン 新アニメ 第6話「下弦の月まで」
<画像を拡大>Anime-TALE 6 / 下弦の月まで作ってしまえばいい、ぼくだけの人形を・・・ ローゼンメイデン第6話です。 今回で、コミックス 『ローゼンメイデン』 の第1巻分が終

2013.08.16 01:12 | 山とスキーとローゼンメイデン

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。