山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
RozenMaiden newanime tale6

Anime-TALE 6 / 下弦の月まで

作ってしまえばいい、ぼくだけの人形を・・・


ローゼンメイデン第6話です。

今回で、コミックス 『ローゼンメイデン』 の第1巻分が終わり2巻の内容へと入っていきます。
(つまりコミックス1巻を読むだけで、これからアニメを見始める方も問題なくストーリーについて行けます!)


今回の内容


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

<あらすじ>

真紅と水銀燈は相変わらずケンカをしている。 2人とも帰るべき場所・やるべきことを抱えているのに、この世界に足止めされてイライラしているようだった。 2人のやりとりや店長の言葉で、ジュンは自分が正しくない世界にいるような気がしてくる。 そんな折メールが届き、送り主がジュンを唆す。 そして「新・少女のつくり方」は開かれる。


    ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


真紅のぜんまいを巻いたことで全てはうまく行くと思い込んでいたジュンに、翳りが見え始めます。

いずれ闇は拡大し、ジュンの心をすっぽりと呑み込んでしまうかもしれない・・・ (満月に生じた陰りが徐々に拡がっていき、やがて下弦や新月になっていくみたいに)。 そんな不吉な予感さえよぎるような内容でした。

今回のサブタイトル 「下弦の月まで」 は、ジュンの心の変化のことでもあるのかもしれません。



大学生ジュンと真紅



 「今からでもできることってないかな、過去を変えて今を変えるために」

とジュンは真紅に問いかける。


この時に初めて、真紅は大学生のジュンが思っていたよりもずっと深刻な状況に追い詰められていることに思い至ったのかもしれません。

質問された真紅がハッとしたような表情をして、その後、居住まいを正して世界の分岐について説明し始める姿が印象的でした。


まかなかったジュンは自分の手で扉を開けて外に出たし、裁縫の技術や知識を評価してくれる 「かわいいガールフレンド」 もいるし、このジュンなら大丈夫と真紅もそれまでは高をくくっていたようにも見えます。

元々、まかなかった世界にアリスゲームを持ち込む気はなかったみたいですし、なによりこの世界で自分の生活を営んでいる大学生のジュンを巻き込みたくなかったので、一貫して真紅はまかなかったジュンに対して冷淡にも見える態度を取ってきました。


一方で、真紅自身も時間や気持ちにゆとりがなく、ジュンを気遣う余裕がなかったという側面もあると思います。


まかなかった世界の真紅

まかなかった世界にいる真紅は、もともとは塩ビ素材のパーツで作られたレプリカです。

それぞれの世界にそれぞれの自分がいるジュンたち人間とは違って、ローゼンメイデンのドールは世界を超えて一体しか存在できません。 「真紅」 と言ったら 「真紅」 で、まいた世界でもまかなかった世界でも同じ個体を指します (プログラム言語のグローバル変数みたいな感じで)。

なので、レプリカだろうと二人の真紅が存在するとなると不具合や矛盾が生じ、いずれ、その歪みを解消しようとする世界の意志・力によって真紅は一人に戻されます。 どちらか一方だとすれば、存在も定義もあやふやなレプリカの方が消去されるということになります。

真紅は世界が自分を消去しにかかってくるその前に、何かを為そうとしているようです。


レプリカと言っても、水銀燈も気付いていませんでしたし、少なくとも外見など表面上は本物とほとんど変わらないようです。

ちなみに水銀燈は体も本物です。


真紅と水銀燈

相変わらずケンカが絶えない二人。


真紅と水銀燈の戦い アニメTALE6
部屋を散らかしてジュンに怒らたからか、飛び道具なしでのケンカ


今回は、お互いに力の媒介となるマスターが不在であること、他に優先してやるべきことや帰る場所もある等の理由から、消耗を避けたい二人は休戦協定を結びます。

これはおそらく、有史以来の快挙です。
また、部屋主のジュンも一安心です。


新しい人形

ジュンはついに、真紅の言いつけを破って送り主も不明な 『新・少女のつくり方』 を作り始めます。
もっとも、送り主不明だったという点では 「無印 少女のつくり方」 も同様ですが。

今回の第6話は、ジュンにとっては踏んだり蹴ったりで散々でした。
そんなジュンの凹んだ心に付け込むように送られてきた、甘い言葉で誘惑するメール……。

すでにこの時点で、ジュンには選択肢がないようにも見えます。


『新・少女のつくり方』 を開くジュン
真紅が眠りにつくのを見計らって、禁断の 『新・少女のつくり方』 を開くジュン




斉藤さんの所属する劇団


斉藤さんの所属する劇団は、実は舞台の本番まで一週間を切っています。

おそらくジュンが手伝いに行った日は (曜日はわかりませんけれど) 本番直前の最後の土日だと思います。

そういうわけでみんな最終調整や通し稽古で忙しく、衣装アドバイスに来てくれたジュンへの対応もままならず、そのことでジュンは少なからず疎外感を覚え、ちょっとセンシティブになってしまったかもしれません。


斉藤さんの兄

斉藤さんのお兄さんは劇団の構成員というわけではなく、大道具作りなどの手伝いをするためだけにこうして時々、劇団の集まりに顔を出すみたいです。 妹思いの兄です。

今回、同じくヘルプに来たジュンを半ば強引に連れて行き大道具作りをさせますが、初めての場所で居づらそうにしているジュンを見て、居場所と手持ち無沙汰にならない程度の作業をあてがったのだと思います。

実際に猫の手も借りたいほど忙しかったのかもしれませんが、こういう作業は多分、初めて来たよく知らない人に教えるよりは自分一人でやってしまった方が楽で速いハズなので、やはりジュンへの配慮だと思います。


ジュンの周りには結構好意が満ちていて、温かい手も差し伸べられているはずですが、ジュンはまだ気づこうとしていないだけなのかもしれません。

Rozen Maiden カラー序 気づこうとしなければ


坂本座長

原作では坂本座長が 「ジュンくん」 と呼びかけて、それにつられる形で斉藤さんもジュンを下の名前で呼ぶようになるのですが、アニメ版では座長は 「桜田君」 と呼びかけます。

坂本座長みたいに、初対面でもいきなり下の名前を呼び捨てにしたりアダ名をつけてくる方は実際に結構お見かけするので、ここは原作通り 「ジュンくん」 のままでも良かった気はします。

座長の呼びかけが 「桜田君」 に変えられたことでこの人の印象が弱くなりましたし、その後の斉藤さんの 「ジュンくん」 が取ってつけたような感じになった、というのが正直な感想です。



『てのひらの人形』 第5話


絵本『てのひらの人形』


絵本第5話目です。

「マトリョーシカというんだよ」と叔父さん。
ロシアで買ったんだって。
人形の中に人形が入っていて、
全部で七つが入れ子になってるんだって。

「一つの人形が、
一つの願い事を叶えてくれるんだよ」
と叔父さんは言った。




次回予告


第7話 「存在した時間」
放送日 : 2013年8月15日 (TBS)

http://www.tbs.co.jp/anime/rozen/story/index-j.html#story07




< アニメ TALE 6 「下弦の月まで」 >

・放映日: 2013年8月8日(TBS)
・登場人物: 桜田ジュン、店長、斉藤さん、水銀燈、真紅、斉藤(兄)、坂本瞳
・原作範囲: 『ローゼンメイデン』 TALE4, 5, 6



[ ブログ内関連ページ ]
2013年の「ローゼンメイデン」新アニメ 7月よりTBS系列にて


関連記事

▼ スノーピ さん -URL- のコメント #- | 2013.08.20 22:45 [ 編集 ]


tomo318i 様

突然、過去の自分からのメールが来て生きた謎の人形を作って、それがキッカケで現実の生活にもメリハリが出て良い方向に流れだした、という事実もあるので、まかなかったジュンがローゼンメイデンを霊験あらたかなご神体のように思い込んでしまったのも分からなくはないのですが……。

そういう意味では、ジュンにとってのローゼンメイデンは、まさにあの絵本の中の不思議なマトリョーシカ人形みたいに、願いを何でも叶えてくれる希望の存在なのかもしれませんね。

>読者(視聴者)と違って、真紅にはジュンの現状が一部しか見えていませんでしたから。

そうですね。そして同様に、ジュンの方もローゼンメイデンたちの一面しか見えていなかった、ということなのだと思います。


ただ、ジュンが「ローゼンメイデンを作ったことで世界を変えられる」と勘違いをしたこと自体が間違いだった、とは言い切れない気もします。と言いますのも「世界が変わりつつある」という思い込みが自分への暗示となって、結果的にジュンをいろいろな行動へと掻き立てることになったので。
「ローゼンメイデンが来て世界が変わった」と思い込まなければ、ジュンは劇団の集まりに顔を出すようなこともなかったと思います。

なんでもない羽を魔法の羽だと信んじ込んだおかげで空を飛べたゾウのダンボと同じで、本当はジュン自身の力だったわけですが、ジュンはまだローゼンメイデン=魔法の羽だと信じでいて、それもかなり強い思い込みなので、失うことに恐怖すら覚えてしまっているように見えます。




▼ tomo318i さん -URL- のコメント #- | 2013.08.18 16:46 [ 編集 ]


「今からでも出来る事って無いかな~」の辺りは、ジュンの抱える疎外感等に真紅が初めて気づく良いシーンですよね。

読者(視聴者)と違って、真紅にはジュンの現状が一部しか見えていませんでしたから。おどおどしてるのは昔からですし、唯一外で見たジュンは女の子と話したりしてますし、まさか世界を変えてしまいたいと思うほど思い悩んでいたとは・・・。

ちょっと助けてもらったら帰るつもりだったのに、数日の間に自分の方が寄りかかられていた事に気付いたのであれば、ハッとするのもうなづけますね。

斎藤さんの兄に関しては「なるほどなぁ」と思わされてしまいましたよ。確かにジュンは所在無い感じですからねぇ。似た者同士の兄妹なのかもしれません。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/198-68575e11

ローゼンメイデン 新アニメ 第7話「存在した時間」
<画像を拡大>Anime-TALE 7 / 存在した時間覚えていてジュン、もし私が消えてなくなったとしても・・・ ローゼンメイデン第7話です。 新アニメは全13話だと予想され、というこ

2013.09.03 03:53 | 山とスキーとローゼンメイデン

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。