山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
091112_01.jpg

TALE19 / まやかし
最後に残るのは…本物の水晶――


■ まやかしを消し去る真実の音色

 「カナにおまかせ!! かしら!!」

そう言って、金糸雀はバイオリンを構える。

 「幻想のためのソナタ 第一楽章 ――」


弓が4本の弦を震わせ、周りの空気は振動を音として伝える。
バイオリンの音色は反響して広がっていく。

音は実体のない幻をすり抜ける、虚像を暴き出す。
そして、金糸雀のバイオリンから弾き出された音は、暴き出した幻影を消し去ることも出来る。


雪華綺晶の作り上げたまやかしの水晶は、全て消されてしまった。
結果として、第42951世界を覆っていたほとんどの水晶が消えてしまう。幻の水晶ばかりだったのだ。


 「これでまやかしは全て消し去ったわ」

金糸雀は演奏をやめる。

 「最後に残るのは…本物の水晶――」


まやかしの水晶で気が付かなかったが、真紅たちは透明な水晶の壁を隔ててジュンたちのすぐそばにいた。
こうして、ジュンは真紅たちと再会する。

 「水銀燈に翠星石… みんな無事か? よかっ…」

ジュンの知らないドールが一人歩み寄り、話しかけてくる。

 「はじめまして 貴方が僕のマスター…?」


■ 水晶の壁

 「僕は第四ドール 蒼星石」

蒼星石は水晶の壁越しに挨拶をする。

 「貴方のお人形…」


蒼星石はジュンをマスターと呼ぶ。混乱の中で、ジュンが指輪に口付けをして契約を交わしたのが蒼星石だった。また蒼星石は、バラバラにされた自分を、再び作り上げてくれたのがジュンだということも知っている。

2人が実際に顔を合わせるのはこれが初めてだった。

 「ありがとう、マスター…」


ジュンは少し顔を赤らめる。
それをみて、面白くなさそうにする真紅と水銀燈であった。


 「よーしっ、充電完了かしら」

第一楽章を演奏が終わって休んでいた金糸雀は、真紅たちとジュンたちを隔てている水晶の壁を壊すという。
金糸雀は破壊した水晶の破片から、蒼星石と真紅と倒れている翠星石を守ってくれるように、水銀燈に依頼する。当然拒否する水銀燈だが、金糸雀に言いくるめられて、渋々承諾することに。
姉妹の中で第1ドールの水銀燈の扱いに一番慣れているのは、第2ドールの金糸雀のようだ。


 「いいかしら いくわよ第二楽章 クレッシェンド!」

金糸雀がバイオリンを奏でる。
今度は力強い演奏で、ボリュームを最大限にまで上げているようだ。
水晶の中で、水銀燈は自分の黒い羽根を広げて、他のドールたちを守っている。


そして、目の前の水晶の壁は砕け散る。


■ 現れた世界の鍵

雪華綺晶の世界にあった本物の水晶も打ち砕かれた。
そして、砕かれた水晶から大きなグランドファザー時計が出現した。

舞台で使っていた時計と同じ形をしている。
思えば、舞台の上で鳴らないはずの時計が鳴った時、雪華綺晶はまかない世界に現れたのだった。


 「ジュン! これが鍵だわ!」

と金糸雀は言う。
そして、この時計こそ雪華綺晶がまかなかった世界へ行き来する際に、重要な役割を果たしていると推測する。


 「まいた世界の…? 元の世界を元に戻すための… 鍵…?」





次回は新年2・3合併号(12/10発売)掲載予定


【 今回の概要 】
金糸雀が大活躍。雪華綺晶の作り出したまやかしを消し去り、真紅や水銀燈を閉じ込めていた水晶の壁を打ち砕く。そして、打ち砕かれた水晶から大きな時計が出現、これこそ雪華綺晶が扉も使わずに自由に他の世界へ行ける鍵であると、金糸雀は言う。その他、ジュンと蒼星石の初の対面実現や、金糸雀と水銀燈の知られざる関係が仄めかされたりと、みどころが多い。




【 今回の考察 】
雪華綺晶が扉も使わずにまかない世界へ行くとき、時計が鍵になっているらしい。これは、PHASE43でまいた世界のめぐが攫われるときのことを思い出させる。雪華綺晶が出現する少し前、水銀燈は鐘の音を聞いている。そのとき、雪華綺晶は「これは約束の刻を知らせる鐘…」と言っている。
もっとも、その時は雛苺のボディで実体化していたし鏡から出てきたから、正規の方法で、扉を使ってまいた世界に来たと考えられる。
TALE9では、長針と短針が12時を指したときに雪華綺晶が出現。TALE16で雪華綺晶が退場する際も、やはり長針と短針が12時を指していた。その後、針は逆回りを始めてジュンは第0世界へ飛ばされ、まかない世界はローゼンメイデンが出現する前まで時間が巻き戻った。

水銀燈と金糸雀、この二人の関係は、ちょうどリタイアしている雛苺と翠星石の関係に似ている気がする。それと、グレる前の水銀燈を知っているのは金糸雀だけ……という印象も受けた。



<TALE 19>
掲載:週刊ヤングジャンプ 2009年50号 / 11月12日(木)発売
ページ数:25ページ
登場人物:桜田ジュン、金糸雀、真紅、水銀燈、蒼星石

ヤングジャンプ 2009年 11/26号 [雑誌]


[ 関連ページ ]
前回 TALE 18
ローゼンメイデン原作の全話レビュー
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/32-3dc0f6fa

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。