山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ユング 錬金術と無意識の心理学 (講談社プラスアルファ新書)


本書は、カール・グスタフ・ユング著 『オカルトの心理学』(島津彬郎・松田誠思編訳 サイマル出版会 1989年)所収の「精神現象としてのパラケルスス」を、講談社のご厚意により「講談社+α新書」の一冊として刊行するものである。
――『錬金術と無意識の心理学』訳者あとがきより

底本は、C.G.Jung: Paracelsus as a Spiritual Phenomenon(The Collected Works of C.G.Jung vol.13. Ed. by Herbert Read )


錬金術と無意識の心理学とローゼンメイデン
『Rozen Maiden』 PHASE24 より


『錬金術と無意識の心理学』の概要


心理学者のユングが、中世の医師であり錬金術師であり哲学者でもあるパラケルススの著書(ここでは『長寿論』)・思想を示しまとめ、心理学的観点から解釈し言及したガイドブック的な論文。パラケルススの功績を紹介し、錬金術とはどういうものか、そして、錬金術がどのように現代の心理学と照応するかを論述している。

ユングは、パラケルススが手に触れていながら正体をつかむに至らなかった思想・哲学の中に、自己や無意識など現代心理学の概念を見出したようだ。

「把握できないものを無数の秘教的言語で把握しようと努力し、無意識からくる象徴的暗示を懸命につかみとろうとしたのだと思われる」 (p.141)
「過去の思想的遺物をつかって、蘇った原型的経験に新しい形を与えようとしたのである」 (p.142)



内容は理解しづらい。

医師・思想家としてのパラケルスス像を描いた論文であるが、一読決して理解しやすいものではない。パラケルススの思想と、パラケルスス独特の用語法がむずかしいことにくわえて、その背景にある錬金術それ自体が、なかなか現代のわれわれの思考習慣になじまないからである (p.165)



訳者あとがきまで入れると230ページあるが、翻訳部分は第1~4章までで、134ページほどしかない。


『錬金術と無意識の心理学』の読み方


自分の場合、一読目ではほとんど理解出来なかったので、とりあえずユング心理学の大まかなところを掴むことにしました。 『ユング心理学入門』 (河合隼雄 著・培風館/岩波書店) が、内容もまとまっていてユング心理学の入門に最適だということで購入。 実際、わかりやすくて面白いのでオススメです!
パラケルススについても少し知りたくなったので、『妖人奇人館』 (澁澤龍彦 著・河出出版) を読んでみました。13章あって、そのうちの1章でパラケルススを扱っています。本のタイトル通り、学者の伝記というよりは、伝説をまとめた伝奇的な話です。 パラケルススの他に、サン・ジェルマン伯やカリオストロなど、ローゼンメイデン本編にも名前の挙がる人物も取り上げられています。伝奇に興味のある方には面白いと思います。

『ユング心理学入門』 を読むことで、確かに無意識とかアニマとか自己というものがなんとなく分かって、錬金術で言うところの「自然の光」や「化学の結婚」という概念と繋がった気はするのですが、所詮付け刃ではその辺が限界らしく、続出する専門用語に飲み込まれっ放しでした。
3読目では、きっちりノートをとりながら用語を抑えていったのですが、それでもとても追いつかず……。3回のアタックを試みて、3回とも山頂に辿りつけずに敗退という結果に終わりました。

それでも、なんとなく言いたいことは分かってきましたし、面白い本なのでこれらの作業は苦痛ではありませんでした。

ユング心理学入門―“心理療法”コレクション〈1〉 (岩波現代文庫)ユング心理学入門 (岩波現代文庫)
妖人奇人館 (河出文庫)
妖人奇人館 (河出文庫)



ユングにとっての錬金術、およびパラケルスス


パラケルススの宗教的見解は、この錯綜した事態のなかに、現代においてますます明確な形をとりつつある哲学的、心理学的、宗教的諸問題の萌芽が見てとれるのである(p.3)

錬金術が化学の母であるだけではなく、現代の無意識の心理学の先駆であることに、私はかねてから気づいていた。したがって、パラケルススは、化学医療にとどまらず、経験心理学や精神医療の開拓者でもあるといえよう(p.146)



また、訳者はあとがきでこう述べる。

ユングは人間を探究するこのようなパラケルススの基本的態度と方法のなかに、無意識の心理学の研究をすすめていくうえで重要なヒントを発見したのである。(中略)この困難な問題に長年取り組んだユングは、パラケルススを頂点とする錬金術の実践と哲学のなかに、先駆的なモデルがあることを発見したのである。




パラケルスス(1493-1541)とは


本名は、テオフラストゥス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイム。彼の目指したものは、実践的な医師として患者を治し救済すること、ただその一点に集約されるようだ。病気の原因を正確につきとめ、適切な治療方法を発見するために、化学や医学、錬金術、神学、占星術をほとんど独学で探究し、魔術までも探求領域に引き入れたという。
その甲斐があって、パラケルススは新しい医療技術を開発し、めざましい治療効果をあげる。また、彼の著書の中には心理学的、精神医学的のパイオニア的役割を果たすものが含まれている、ともいわれる。一方で、「正統」を誇る伝統的医学会の権威と正面から対立することにもなった。

パラケルススは、過去や当代の医学者たちに対して非常に攻撃的であったという。
彼の目指すものが医学の権威と対立するものであったことに加えて、生来の性格と無意識の自己矛盾が、彼を攻撃的にさせたのだという。自己の中に「教会」と「自然」という両立しない思想を抱えながら、その矛盾点に自分では気がつかずに外部に敵を見出していった、とユングは分析する。

「無意識の自己矛盾に陥ると、不寛容でいらだちやすくなり、手段を尽くして敵をねじ伏せようという無益な願望を抱く」(p.30)

彼ほど悪名高く、伝説の多い男もめずらしいが、ゲーテのような後世の文学者も絶大な尊敬を捧げているように、現在では、じつは偉大な学者であったことが証明されている。(『妖人奇人館』 pp.112-113.)


いずれにしてもパラケルススの行動は、自然を科学的に探究する道を切り開くことに繋がっていく。


『錬金術と無意識の心理学』 目次



第1章 人間の本性のなかにある光
 ・自然の光と精霊の光
 ・魔術
 ・錬金術
 ・秘儀的教説

第2章 パラケルススの『長寿論』
 ・解読にあたって
 ・イリアステル
 ・アクアステル
 ・アレス
 ・メルジーネ
 ・秘儀的(アルカナ)実体としての王の子
 ・蒸留による「一」なる中心の産出
 ・春に達成される合一

第3章 人間の自然性と霊性の再統一
 ・自然的変容の神秘
 ・闇の光
 ・人間の2つの本性の合一
 ・「最大の人間」の四元性
 ・無意識と関係回復

第4章 錬金術の心理学的意義
 ・『長寿論』の結び
 ・メルジーネと個性化の過程
 ・永遠的人間の聖なる結婚
 ・霊と自然
 ・教会の秘蹟と錬金術の作業
 ・おわりに

終章 ユングとパラケルスス 松田誠思


特に重要な用語について


理解不足でとても説明できそうにないので、抄出にとどめます。

自然の光
無意識の心理学の観点からいえば、「自然の光」は「無意識内部の一種の意識」「夢がもつ知性」(p.180)
異教的であり、錬金術、占星術、魔術などが拠り所とするもの(p.22)
聖霊の光とは別の第二義的な知識の源泉(p.17)
自然の光は事実の直感的理解力、真実を照らしだす一種の光(p.19)
永遠的なものは聖霊の光から直接発し、時間的なものは自然の光から直接発する(p.21)

錬金術
錬金術の過程・行為は、ユングが最も重要視した自己実現「個性化」、意識と無意識の合一の過程・事象に符号しているようだ。

錬金術の作業の本質は、第一質料(いわゆる混沌)を、 能動的原理=魂 と 受動的原理=身体 とに分かち、しかるのちに両者が 「化学の結婚」=合一 によって人格化され、再統一されるところにある。(p.34)
「化学の結婚」から「英知の子」、すなわち「賢者の子」が生まれた。(p.36)

生命
バルサムを含有する秘薬にほかならぬ(p.56)

バルサム
四元素の構造が物質的なものによってではなく、物質的なものを保持する力によって単一の構造に集約しようとすること(p.57)

イリアステル
存在一般の根本(「万物の発生因」)(p.64)
バルサムとほぼ同じものであるが、バルサムはイリアステルの薬学的、化学的側面をさすとみなすこともできよう(p.58)
結合力=合一のエネルギーをもつとみなす(p.58)
すべての人間の中に1つのイリアステルが宿り、それが各個人の資質を独特の形で結合しているのである。しがたって、普遍的形成原理であると同時に、個性化の原理でもあるように思われる。(p.58)
力動的な生命の霊的原理として、善と悪をともに許容するように思われる(p.62)
イデアの世界にあるのは「一者」のみであり、これはイリアステル(原注45)から抽出される初源の被造物である(p.50)
  (原注45) イリアステル自体が被造物であると同時に、イデアの世界に潜在する万物を、そこから引きだし、現実に存在させる機能をもっている。


アクアステル
イリアステルの水性、水としてのあらわれ(p.60)
メルジーネ的形成原理(p.60)
魂とは天上的アクアステル(p.61)
無意識という近代的概念にもっとも近い(p.62)
霊的原理でもある(p.61)

また、アクアステルを人格化したものが人造人間(ホムンクルス)だという

アレス
イリアステルよりいっそう明確な個性化原理(p.64)

メルジーネ
女性に擬せられるこの生物はアクアステルの領域に属し、魚とか蛇の尾をもつ水の精である(p.66)
無意識の魂の表象である(p.71)


ローゼンメイデンと『錬金術と無意識の心理学』


ローゼンメイデン原作ではPHASE24に、アニメでは2期の第4話にこのタイトルの書が登場する。真紅の所蔵している本で、ドイツ語の原書のようだ。

最初にも引用した訳者あとがきのように、原題は『精神現象としてのパラケルスス』。したがって、真紅が発した「錬金術と無意識の心理学」というタイトルはドイツ語の直訳ではなく、日本で出版された書籍のタイトルに言い改めたことになる。
ちなみに、北米版ローゼンメイデンDVDでの英訳は "The Psychology of Alchemy and the Unconscious" となっている。これは『錬金術と無意識の心理学』を直訳したものであり、このタイトルの本は実在しない (→ 実在する"Paracelsus as a Spiritual Phenomenon"が、これに該当)。


イデアのイリアステル
PHASE34の「イデアのイリアステル」というセリフは、雪華綺晶自身を指してのことではない気もする


どちらにしても、『ローゼンメイデン』と『錬金術と無意識の心理学』はお互いに関係のない別の物として、それぞれを楽しめばいいと思います、とりあえず。


それでも本書やユング入門を読んでみると、ローゼンメイデンに登場するものに用語を当てはめてみたくなります。
もう一人のジュンは「影」だとか、ローゼンにとってのアリスは「アニマ」だとか、ローザミスティカの合一は「聖なる結婚」を意味するとか、そんな感じで……。

それはそれで面白いのだけど、ただ、その当てはめごっこに捉われすぎて、それが事実であると思い込んでしまうのは避けるべきだと思うのです。そうやって言葉を当てはめていき、それぞれの「箱」に仕分けたところで、結局のところ何もわからない気がするからです。それどころか、分かった気になってしまい、それ以上きちんと読むこと・考えることをやめてしまって、ローゼンメイデン本来の面白さを削いでしまう気さえするのです。


いずれにしても、ローゼンメイデンを見ていなければ手にすることのなかったであろう本で、1つのことがキッカケになり新しい方向に興味の枝葉を伸ばしていくのは楽しいことです。




『錬金術と無意識の心理学』 (講談社+α新書)

  カール・グスタフ・ユング 著
  松田誠思 訳

  発行: 株式会社講談社
  定価: 本体 880円(税別)







関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/72-e47d3313

カール・グスタフ・ユング『パラケルスス論』(みすず書房)
画像はありませんでした。 パラケルスス論 パラケルススについて  パラケルススはルネサンスの錬金術師。といっても人体練成を行なって、手足を失ったりしてはいません。  今日 ...

2011.03.30 18:02 | 有沢翔治のlivedoorブログ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。