山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ローゼンメイデン tale25

TALE25 / まきますか まきませんか

ぜんまいは、まだ僕の手の中にある


■ カーテンコール

気がつくと、ジュンは劇場の観客席に座っている。

周りの観客たちが、さかんに拍手を送っている。
スポットライトで照らし出された舞台の上では、出演者たちが歓声に応えている。

世界はきちんと鼓動している。


帰ってきたんだ――

ジュンは、まかなかった世界に戻ったことを実感する。
おそらくは、全てが元通りになっているはずだ。

無事に幕が下りたのだ。


舞台の初日は大成功のうちに終わった(途中で動くはずのない張りぼての時計が廻り出し、生きた人形たちがゾロゾロと現れてジュンを巡り争い、あげくの果てにわけのわからない世界に連れて行かれたことは、もちろんジュン以外は誰も知らない)。

スタッフの一員として、ジュンも打ち上げに参加する。
衣装をデザインして一緒に舞台を作り上げたことは、きちんと「あったこと」になっている。

逆に、ローゼンメイデンたちや違う世界の自分と出会ったことが夢なのかもしれない、とジュンは思う。


 「今回の衣装、めちゃくちゃ評判いいよ」

と、座長がジュンの仕事を誉める。

 「あっそうだ! さっきのあれ、返しておかないと」


そう言って、人形を持ってくる。
ジュンが返してもらった人形は、「代役」で舞台に上がった真紅ではなく、見たことのない人形だった。

ぜんまいをまかなかったジュンの世界は、ローゼンメイデンの痕跡だけを消し去り、うまく辻褄を合わせたのだ。
金糸雀の言葉どおり、まかなかったジュンが自分の世界に帰るのと同時に、ローゼンメイデンたちとまいたジュンもまた自分たちのまいた世界に戻ったことで、世界の歪みと矛盾は解消されたらしい。



■ 世界は僕に手を差しのべない、でも……

その後、ジュンは普段の生活を取り戻す。
代わり映えのしない樹林帯の中を、ただ整備された登山道に沿って歩くような日常だ。

それでも、ジュンは粘り強く歩き続ける。
足を丁寧に置いていき、確実に距離と標高を稼いでいく。


なにごとにも手を抜かずに、出来るだけのことをやってみよう、という選択をジュンはする。
そして側にいる斉藤さんや周りの人たちが、その選択と、それがもたらす結果を認めてくれる。


 「ぜんまいは、まだ僕の手の中にある」


  何もないと思った世界に
  可能性と分岐を失った世界に

  目をこらせば
  無限の選択肢が確かにあった

  手をのばしさえすれば



ジュンは、この世界も悪くないと思えるようになってきたようだ。




次回は29号(6/17発売)掲載予定


【 今回の概要 】
まかなかったジュンが元の世界に戻る。良い方へも悪い方へも傾かず、世界は相変わらず中立と沈黙を守っている。だが、日常生活に戻ったジュンは、以前と変わらないはずの世界に対し、自分が上手く関わり始めていることに気がつく。



【 今回の考察 】
今回の話は、なかなか勇気づけられるような話でした。
とりあえず、まかないジュンの話はこれで一旦、終わりのようです。

真紅の替わりに返してもらった人形は、どことなく雪華綺晶に似ている。
真紅が抜けた穴を間に合わせで埋めるものにしても、人形はどこからか持ってこなければならないはずだ。持ってこられた人形の元あった場所に、今度は穴が空いてしまう。だとしたら、この人形はローゼンメイデンのような、世界を超越したような存在である可能性は高い。
そして大学生のジュンは、自分の部屋に飾りこそしないだろうけど、押入れに大事にしまっておく気はする。のちのちの伏線になるのかも。

謎のアンティークドール
やはり洋服のデザインが雪華綺晶に似ている




ローゼンメイデンのコミックス第4巻

第4巻には、ほぼ間違いなくTALE20から今回のTALE25までが収録されると思います。
容量的にもぴったりだし、内容的にも区切りがいいし。

収録:6話
ページ数:155ページ

TALEページ数
2025
2125
2222
2325
2426
2532

参考)「第1巻」が156ページ(5話収録)、「第2巻」が158ページ(7話収録)


第4巻コミックス発売日予想2010年8月20日(金曜日) or 9月17日(金曜日)
今まで、収録される最後の話が掲載されてから3ヵ月後(1巻と3巻)乃至4ヶ月後(2巻)にコミックスは発売されているので、第4巻の発売は8月か9月だと思います。



<TALE 25>
掲載: 週刊ヤングジャンプ 2010年24号 / 5月13日(木)発売
ページ数: 32ページ
登場人物: まかなかったジュン、店長、斉藤さん、斉藤(兄)、座長、本社の部長さん

→ ヤングジャンプ 2010年 5/27号



[ 関連ページ ]
前回 ローゼンメイデン TALE 24
ローゼンメイデン原作の全話レビュー


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/78-6c6abb83

ローゼンメイデン TALE26 -まきました-
TALE26 / まきましたおかえりなさい ■ まいた世界 ピンポーン ドアのチャイムが鳴り、桜田のりはドアを開ける。 ひょっとすると、...

2010.10.16 22:10 | 山とスキーとローゼンメイデン

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。