山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 7月号


第1特集は、「山ごはん 夏の食糧計画」、山エサ特集です。大学山岳部の食事を例に、長期山行時の食料計画の立て方を提案しています。また、短期の山行時に出来るだけカロリー摂取を控えて、体内に蓄積されているエネルギーを使ってみるという試みも行っている。これは、長期山行でも食料が不足したときの参考になりそうだ。山本正嘉さんが監修。

第2特集は、「アルパインゲレンデで登山力アップ」、越沢バットレスのルート紹介がメインです。ゲレンデとはいえ高度感あったりしますね、ここ。Aクライミングやっている人なら一度は行ったことある場所であろうメジャーな場所ですが、意外とここの特集は組まれることが少ない気がします。

楽山道具図彙ではライト(ヘッドランプ)を扱っていますが、電池に関する記事が興味深かったです。ここ数年で電池事情も随分変わっています。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 7月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2010年6月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★★★☆
(特集も面白く参考になり、他の記事の内容も充実しています)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 7月号


特集は「北アルプス、憧れの岩稜ガイド」。今回の記事では後立山連峰の一般ルートを踏破、八峰キレットや不帰ノ劔などの岩場を紹介・報告している。その他、槍ヶ岳や剱岳、ジャンダルムなどの岩場を含むルートも紹介している。
だが、一般ルートの岩場では確保を行うことはあまりない。つまり、バランスを崩して墜落したら即アウトというかなりリスキーな場所でもある。そこで、山渓で特集が組まれたからと安易に考えて不慣れな人が行ってしまうことに警鐘を鳴らす意味もあってか、転落や落石による事故を紹介した「遭難マップ」も掲載。

付録のDVDには、本誌企画と連動して「岩場通過のためのテクニック」が収録されている。これがメイン。他には編集部のスタッフが撮影した鹿島槍から五竜岳までの縦走映像があり、残りの半分くらいには、山渓から発売しているDVDの宣伝とモンベルの広告を収録。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 7月号

定価 1,100円 (1,048円+税)
発行 2010年6月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★☆☆
(結構需要のありそうな特集、DVD(ただし広告ばっかり)もついてそれなりにお得な号です)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/84-5c0d7244

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。