山とスキーとローゼンメイデン

登山、スキーについてのブログです。 また、ローゼンメイデンについての記事も書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『岳人』 8月号


第1特集は、「縦走 山に泊まる」。夏山シーズンを直前に控えての2~4泊程度の縦走記録を掲載。一般的なルートから外れていたり全泊で避難小屋を利用したり、またあえて登山的ではない服装で入山したりと、通常の縦走形態に一味加えたような山行記録になっている。
様々なメーカーのテントも、それぞれの製品の特徴とともに紹介されている。

「世界の流れ、登山教育の標準化を語る」という特集では、英国の登山家スティーブ・ロング氏が来日した際の講演内容を紹介している。氏は、登山における指導者の技量を一定水準に保つための手段として、登山教育の標準化という概念を挙げる。山岳遭難が急増する現在の日本では登山リーダーの養成が急務であり、UIAAの指導教程といった「標準化」の導入の必要性は各組織が一致して認めているようだ。あとは、各組織の協議や調整次第だという。

他、第2特集では沢登りの各ルートを紹介、概念図やアドバイスなどを記載している。「新説・独創的登山術」のトイレットペーパはいらないという記事も面白かった。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『岳人』 8月号

定価 800円 (762円+税)
発行 2010年7月15日 発売
出版社 東京新聞

今月号の満足度: ★★★★☆
(記事の内容が充実)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



『山と渓谷』 8月号


特集は「北アルプス最奥の秘境 雲ノ平と黒部源流」。雲ノ平の地質や台地が形成されるまでの過程の図示から始まり、コース紹介や群生する花の紹介、果ては山小屋の見取り図まで載せている。結構充実した内容だ。雲ノ平と黒部源流マップ(コースタイム、山小屋、アクセス情報掲載)が綴じ込み付録としてつく。

戸高雅史さんの「親子登山へのいざない、親子登山安全マニュアル」は、家族で登山をされる方にはオススメの記事だと思う。ただ、広告の柱に記事本文が来るという誌面構成になっていて、広告ページだと思って読み飛ばしてしまった人もいるかも(広告をとにかく目立たせる……このへんが実に山渓ぽい)。

「21世紀山道具」は、クールウェア特集。涼しいウェアリングの秘訣として、日光の遮断、通気性、点接触など7つを挙げる。





∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
『山と渓谷』 8月号

定価 1,000円 (952円+税)
発行 2010年7月15日 発売
出版社 山と渓谷社

今月号の満足度: ★★★☆☆
(雲ノ平の特集は良かったです)
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴



関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rozenyama.blog68.fc2.com/tb.php/93-5c38451a

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。